WiMAX関連用語の「4×4MIMO」って何?読み方は?

ちょうどNECのWiMAXルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX02」について調べてた時(関連記事:Speed Wi-Fi NEXT WX02について調べたこと)にでてきた意味不明な用語「4×4MIMO」。4輪駆動的な意味ですかね?

UQコミュニケーションズ本家サイトにもしっかり記載されてます。

4×4MIMO

なにかの技術らしい・・・。一番最初にでーん!と書かれてるってことはスゴイ技術なんでしょう、きっと。素人からすると意味不明な専門用語が書かれてるだけで「なんかスゴそうだ!」と受け取ってしまいがち。相手に踊らされないよう意味はきちんと知っておくべし。

「4×4MIMO」の読み方って何?

とその前に、読み方が全然わかりません(汗)。「よんよんみも」「ししみーも」じゃないかと予想してみたら、かすりもぜず。

正式には「フォーバイフォー・マイモ」らしいですよ。

で、「MIMO=multiple-input and multiple-output」とウィキペディアに書いてありました。

んん、マイモはまぁわかる。でも「×」がバイって何やねん!ぜったい呼ばんやろ!わかるかボケェ!!!あ、でもバツのバだけあってるか・・・、と納得しておくことにします。

しょーもない話でちょっと脱線したので本題へ復帰。

「4×4MIMO」ってどんな技術?

グーグルさんに聞いてみた結果。

データの送信側(基地局)と受信側(ルーター)のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、WiMAX 2+エリアでの通信時に、複数のデータを同時に送受信することで、下り最大220Mbpsの超高速通信を実現する技術。
(UQWiMAX公式より)

4×4MIMO解説図

基地局はいいとして、小さなWiMAXルーター端末にもアンテナが4本備わってるようです。へ~。アンテナ増やすと速度も速くなるもんなんですね。並列処理的なもの?それならなんで4倍にならないの?という疑問も浮かびます。

これはですね、「4×4MIMO」登場前は「2×2MIMO」が普通だったらしい。で、「2×2MIMO」が2セット=2倍になってるから速度も倍って計算です。技術的にできるか知らんけど、「6×6MIMO」ってのがあったら3倍になるわけですね。

あと、電波を4つのアンテナでバラバラに送信、受け取った側でくっつける作業をやってるんですが、4つとも同時受信できるわけじゃないらしく1つでも遅れれば遅くなってしまうようです。また、でっかいビルみたな障害物があると遅くなっちゃうんだろうな、と思ったら逆に建物などへの反射を利用した技術らしい。その辺はさっぱりわからなかったのでスルーします(汗)

WiMAX関連用語の「4×4MIMO」って何?読み方は? まとめ

読み方は「フォーバイフォーマイモ」。そしてアンテナを基地局とルーターそれぞれ4本使ってるデータ通信してる技術、という結論になりました。

なんか速くなる技術って覚えておけば無問題。

あたらしい謎もでてきましたけど、WiMAX2+ルーター契約には何の関係もないのでいずれ興味がわいたら調べてみたいと思います。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

WX03(携帯型)
WX03キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断

 
管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由