Wi-Fi 5GHzと2.4GHz帯で速度比較(WiMAX使用) どれくらい違う?

最近のWi-Fiルーターは、Wi-Fi電波の帯域「5GHz」対応のものがほとんどです。

これはWiMAXルーターも一緒で、最新端末「W04」「WX03」「L01」はしっかり対応しています。

以前から使われている帯域「2.4GHz帯」は家電やBluetoothなどで使われているため、Wi-Fiルーターの電波と被ってデータ送受信の邪魔になりやすい帯域。そのせいでデータがうまく送受信できない→再送信を繰り返せば速度は遅くなってしまいます。

これに対して「5GHz帯」はまだ被る可能性が低いので速い、と。

そこで、我が家のデスクトップパソコンとWiMAXルーターをWi-Fi接続し、2.4GHz帯/5GHz帯それぞれの速度を計測、比較してみました。

Wi-Fi電波 2.4GHz帯/5GHz帯 の速度比較

結果発表の前に、計測条件について。

  • デスクトップパソコン(ウィンドウズ8.1)
  • Wi-Fi子機で接続
    Wi-Fi子機を購入しました
  • WiMAXルーター「WX03」を利用
  • 「WX03」ノーマルモードで計測
  • 7/9(日)の17時~21時で5回計測
  • 以下4つの速度計測サイトを利用
    1.Broadband speedtest
    2.RBB SPEED TEST
    3.Radish
    4.Rapidnet

2.4GHz/5GHz帯のほか、クレードルを介した有線接続時の速度も比較しています。

結果は次のとおりです。

2.4GHz/5GHz帯と有線接続時の速度比較

【下り/ダウンロード】の平均速度(Mbps)

測定時間2.4GHz5GHz有線接続
17:008.9820.8315.89
18:007.9920.3320.18
19:007.7518.1821.35
20:009.4819.3826.62
21:009.3614.5021.92
平均8.71Mbps18.64Mbps22.42Mbps

ここまで差が開くと思っていませんでした。計測環境で電波発してるような機器は周囲に置いてませんし。

2.4GHz/5GHz帯で倍以上も速度が違います。

さすがに有線接続には及びませんけど、大差ないので十分快適に使えます。室内利用なら断然5GHz帯ですね。

【上り/アップロード】の平均速度(Mbps)

測定時間2.4GHz5GHz有線接続
17:003.133.833.53
18:003.023.053.73
19:003.681.874.08
20:004.213.244.26
21:000.733.133.52
平均3.03Mbps3.02Mbps3.82Mbps

上り速度は大差なし。それでも有線接続は一段上。一番快適です。

2.4GHz/5GHz帯/有線接続それぞれに詳細データも一応掲載しておきます。

2.4GHz帯の計測結果

測定時間1
Broad
Band
2
RBB
3
Radish
4
Rapid
4サイト
平均速度
17:008.978.48.5510.08.98Mbps
18:009.48.75.448.47.99Mbps
19:005.58.29.717.67.75Mbps
20:0010.4411.36.279.99.48Mbps
21:0010.5411.19.186.69.36Mbps
平均8.979.547.838.58.71Mbps

18時~19時台で多少遅くなる程度でした。

5GHz帯の計測結果

測定時間1
Broad
Band
2
RBB
3
Radish
4
Rapid
4サイト
平均速度
17:0021.4824.619.017.620.83Mbps
18:0020.4324.118.8216.920.33Mbps
19:0018.9620.414.4817.418.18Mbps
20:0018.6525.117.4716.019.38Mbps
21:0020.3216.911.0511.414.50Mbps
平均20.3222.2216.1615.8618.64Mbps

21時台でかなり遅くなっています。

有線接続時の計測結果

測定時間1
Broad
Band
2
RBB
3
Radish
4
Rapid
4サイト
平均速度
17:0029.714.614.0222.420.18Mbps
18:0025.0822.220.3920.422.02Mbps
19:0021.4828.317.418.221.35Mbps
20:0031.7830.518.525.726.62Mbps
21:0023.0528.718.1217.821.92Mbps
平均26.2224.8617.6920.922.42Mbps

さすがに安定してます。一番動画視聴者が多そうな20時台に最速を記録。

とりあえず下り速度だけ掲載しました。上りは個人的に必要性ないためスルーします。

その他いろいろ

Wi-Fi接続中、途中でクレードルにぶっ挿して有線接続にしてみたら有線接続が優先されました。物理最強ってことですね。

WiMAXルーターをデスクトップパソコン横に置いて計測したので、電磁波が影響した可能性も?Wi-Fi子機とWiMAX端末が近ければWi-Fi電波をスムーズにやり取りできて速そうに思えたんですが、逆効果だったかもしれません。

ちなみに、2.4GHz/5GHz帯の速度は、対応するWi-Fi規格も影響しています。

Wi-Fi規格別、2.4GHz/5GHz帯の最大速度

最近知ったんですが、Wi-Fi規格(11ac/n/a/g/b)によって最大速度が違うようです。スペック表なんてあまり見ない(見てもサイズとかバッテリー容量くらい?)かもしれませんし、Wi-Fi規格なんて特に意味不明な文字列なのでスルーする人がほとんどだと思います。私もそうでした(汗)

で、Wi-Fiルーターメーカーで有名なI.Oデータ公式サイトに掲載されていた情報によると、次のとおりです。

Wi-Fi規格最大速度帯域
IEEE802.11ac6.9Gbps5GHz帯
IEEE802.11n300Mbps2.4G帯
5GHz帯
IEEE802.11a54Mbps5GHz帯
IEEE802.11g54Mbps2.4GHz帯
IEEE802.11b11Mbps2.4GHz帯

xxxx.11のあとに「a」が入っているものが5GHz帯のもの。表のとおり、5GHz帯対応のもののほうが最大速度速いですね。

「ac」だと6.9Gbpsで、現在のWiMAX最速590Mbpsの10倍以上でめっちゃ速い。

ちなみに、WiMAX2+ルーターの古めなモデル「W01」「WX01」も対応してました。ので、今後発売される機種は全部対応してるでしょう。

このように、Wi-Fi規格からも5GHz帯の方が速いと言えます。

まとめ

Wi-Fiの電波帯域、2.4GHz帯と5GHz帯で速度比較してみた結果、5GHz帯の方がかなり速いことがわかりました。

もちろん利用環境によって違うと思いますが、2.4GHz帯の方が速くなるってことはまずないでしょうね。

5GHz帯は国のレーダー波などで利用されているため、室内でしか使えない制限こそありますが、そんな制限をものともしない快適さは手に入ると思います。

WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

管理人はここで契約しました(安心&安さ重視で)
BroadWiMAXを選んだ3つの理由

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.