アサヒ飲料のフリーWi-Fi搭載自動販売機を設置できたらネット環境構築もOK?!

アサヒ飲料がフリーWi-Fi搭載自動販売機を設置できたらネット環境構築もOK?!

「アサヒ飲料がフリーWi-Fi搭載の自動販売機を設置!」

ってニュースを見かけましてね、まだWiMAX持ってない身としては「おお~、ええやん!たまにはカルピス買うたるわ!」と思ったんですけど、調べてみると2012年からとっくに始まってるサービスだったんですね・・・。

というわけで、いろいろ調べてみました。

アサヒ飲料のフリーWi-Fi搭載自販機について

歴史を振り返る

  • 2011年12月27日 フリーWi-Fi自販機展開を発表
  • 2012年 第1号を設置
  • 2016年7月 17言語対応バージョンモデルの投入スタート
  • 2016年11月 約500台設置済み
  • 2020年 2000台を目指してペースアップ中!

かなり大雑把ですがこんな過程を経て現在に至ります。

発表当時はこんなこと書いてありました↓

屋内外問わず、公共施設、商店街、交通拠点など多くの利用客が見込めるロケーションを中心に展開を予定しています。展開エリアは、仙台、首都圏、中部、近畿、福岡の5エリアを中心に、順次全国に拡大していく予定です。 初年度は、1,000台の設置を目標に展開、5年以内に10,000台超への規模拡大を目指します。

2012年内に1000台、5年以内(2016年までに)1万台設置するぞ!とのこと。進行状況は芳しくないらしい。

こんなことわざわざ書いてると「あっれぇ~?2016年までに1万台目指すって言ってたよねぇ?あれあれ?でも今たしか500台だっけ?(笑)」と煽ってるように思われるかもしれませんが、そんなことはありませんのであしからず。ビジネスに100%はありませんからね。オリンピックに向けて、まずは現在の目標2000台を達成してほしいと願っています。とりあえず今は観光地メインに設置を進めているそうですよ。

自販機のフリーWi-Fi利用条件について

  • 自販機から半径約50m範囲内のWi-Fi対応端末で利用可能
    ※コンクリの壁などによって変わります
  • セキュリティは「WPA2-PSK」で暗号化
  • (1)登録手続きがいらない「FREEMOBILE」
    (2)メール認証が必要な「FREEMOBILE_SECURE」
    の2パターンから接続方法を選択可能
  • 「FREEMOBILE_SECURE」は一回30分まで、切れたら再接続可能
  • 同時接続台数は数十台程度まで

回線は「フリーモバイル」のWi-Fiサービスを使って見るみたいですが、回線速度はわからず。

アサヒ飲料のフリーWi-Fi搭載自販機でネット環境構築できるかも?

ところで、これを自宅前に設置したらWiMAXいらなくなるかもしれない。最大50mほどは電波届くみたいですし、セキュリティもクリアーできそう。

とりあえず設置場所さえあれば、自販機設置に必要な料金は電気代だけ。ドリンクの売上が入ってくるならWiMAX契約しても代金分ペイできるかも?!あとセキュリティ必要なさそうなど~でもいいデータのやりとりならフリーWi-Fiで済ませればいいので、WiMAXは7GBプランでいけるかも?!

あとは電気代がどれくらいになるかと一般家庭でWi-Fiモデルが借りられるのか次第。電気代は自販機の電気代を公開してるサイトによると、1000~3000円くらいっぽい。

ちなみに、アサヒ自販機設置の料金関係はこんな感じ↓

  • フリーWi-Fi導入コスト、運営コストは無料
  • 初期設定、運用、保守はアサヒ飲料側がする
  • 自販機を買取る必要なしでレンタル代無料
  • 故障しても修理費負担なし
  • 空き缶専用のゴミ箱はアサヒ飲料で用意し、回収もする
  • 金額負担は自動販売機設置場所と電気代のみ

なんだかアサヒ飲料のステマしてるみたいになってきましたけど、ネット環境構築方法の1つとしてはアリな気がする。

ま、ウチはマンション住まいなので無理なんですけどね。

WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

安く使いたい人向け
WiMAXキャンペーン比較 一番安くなるプロバイダは?

安心して使いたい人向け(管理人はここにしました)
ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.