端島(軍艦島)にフリーWi-Fi設置へ。WiMAX対応状況も調べてみた

軍艦島にフリーWi-Fi設置へ。WiMAX対応状況も調べてみた

長崎県にある炭鉱で一時期栄えた端島(はしま)、別名「軍艦島」。世界遺産としても有名です。

いいですね~、ザ、廃墟って感じが素敵です。初めて知ったのはこち亀だった気がするけどうろ覚え(汗)。まだ行ったことないので一度は行ってみたい場所ですな。いつ崩壊するかわかりませんからね。

で、今やすっかり観光スポットと化した軍艦島に、この度フリーWi-Fiが設置されたんだそうな。廃墟が近代化していく・・・。これも時代の流れってやつですね。

今回設置されたのはフルノシステムズという会社のアクセスポイント。ガリガリ君で有名な赤城乳業や福岡大学などへ無線LANシステムを導入してるところです。

選ばれるまでにロビー活動などいろいろ努力したんでしょうね、きっと。袖の下渡したりとかはないと思うけど(汗)。

そして、今回軍艦島に設置されたWi-Fiルーターは「ACERA810」という端末。

ACERA810本体

Amazonで探してみたら売ってました。

お値段は93200円。

軍艦島愛好家の方はぜひ自宅に設置してみてください。好きな芸能人が身につけてるのと同じものを身に着けたときの高揚感が味わえるかもしれません。

ただこれ、フルシステムズ公式サイトでは販売終了予定になってるんですよね(汗)。そんなん採用しちゃったの?大丈夫?と思わなくもない。まさか在庫処分的な品じゃないだろうね?

で、これの後継機は「ACERA1010」。

ACERA1010本体

こっちのがオシャレですね。

廃墟っぽい色に塗り替えれば目立つところにあっても違和感なさそう。ダンジョンに仕掛けられた、触ったらトラップが発動するボタンみたいな感じです。廃墟に相応しい。今からこっちに変えてほしいわ。

とまぁ、業務用の無線LANなんて一般人には関係ないのでこれくらいにして、WiMAXプログらしく「WiMAXが繋がるのかどうか?」を調べてみました。

軍艦島のWiMAX対応状況を調べてみた

対応エリアはこんな感じ。

端島(はしま)軍艦島WiMAX対応状況

このピンク色してる部分が対応エリア。この記事書いてる時点のもので、「2016年10月末時点のWiMAX2+サービスエリア」となってます。ツイッター見てみると、2013年の時点では隣の中ノ島しか使えないって人の声もあり。比較的最近対応したのかもしれませんね。

さすがに440Mbpsには対応してないみたいですけど下り最大220Mbpsには対応してます。グーグルマップで見た限り島の全長が350mくらいしかないので、廃墟建物の影に入らない限りどこにいても余裕で使えそうです。基地局近くならかなり高速に使えるかもしれませんね。

とりあえず人が行けるエリアはWiMAX電波届いてるっぽいんですが、島西側が一部非対応となってます。「昭和館」っていう元映画館があったあたりは届いてなさそう。

というわけで、端島もとい軍艦島へ行かれる方はWiMAXをお供に持っていくと快適なネット環境が使えるんじゃないかと思われます。


WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

携帯型「W04」⇒「W04」キャンペーン比較
設置型「L01」⇒「L01」キャンペーン比較
管理人愛用中⇒「WX03」キャンペーン比較

管理人はここにしました⇒ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

WiMAX2+プロバイダ比較 一番お得なのは?

安心して使いたい人向け⇒WiMAX2満足度ランキング ベスト5
安く使いたい人向け⇒WiMAXキャッシュバック比較 一番安くなるプロバイダは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.