インターネット普及状況 2015年末まで

インターネット普及状況 2015末まで

インターネットが普及し始めたのって確かWindows95が登場してISDN(64kbps)回線が始まった頃だった印象があるんですが、異論は喜んで認めます。年がバレそう(汗)

で、総務省が少し前に2015年までの日本国内インターネット普及状況についてのデータを発表してました。

そのデータの一部をここに転載しておきます。

インターネットに繋がる端末の普及状況、普及率

端末種類2015年2014年
携帯・PHS95.8%94.6%
スマートフォン72.0%64.2%
パソコン76.8%78.0%
タブレット33.3%26.3%
ウェアラブル端末0.9%0.5%
ゲーム機33.7%33.0%
携帯音楽プレイヤー17.3%18.4%
その他家電など8.1%7.6%

WiMAXやその他Wi-Fiルーターどうこうってデータがなかったのは残念すぎる。総務省さんはその辺も調査してもらいたい。まぁWiMAXはUQコミュニケーションズ公式サイトに約2000万回線とあったので利用者は多いんでしょう。

一日数時間は動画視聴する、とかヘビーな使い方しないなら光回線より安いWiMAXルーターとかのほうがいいと思いますし、そういったWi-Fiルーターを介してスマホやタブレット繋いでネットサーフィン(古い?)するほうが良さそうです。

で、普及状況について。

ネットに繋がる端末の普及率を見ると、スマートフォンが大きく伸びてます。今はスマホで通販する人のほうが多いって話も聞きました。大画面化してるし、前ほど不自由しなくなってますもんね。まぁ聞いただけなんでホントかどうかは知らんけど(汗)

対してパソコンは微減。今後も減っていきそうです。この先どんどん減っていってパソコン使えない層が増えてきたら仕事で有利になるかもしれない。

そしてタブレット端末が2014年に比べ7%アップ。自宅でネットするのはパソコンからタブレットになってきてるのかもしれませんね。そういえばウチの親もiPadでネットしてるわ。私なんかはキーボードついてないと検索とかしたくないんだけど、タブレットってキーボードつけられるタイプもありますもんね。

なんにしても、インターネット利用はこの先スマホ、タブレットメインになっていきそうです。また音声入力や音声案内がもっと発展したらウェアラブルに移り変わっていきそう。


WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

携帯型「W04」⇒「W04」キャンペーン比較
設置型「L01」⇒「L01」キャンペーン比較
管理人愛用中⇒「WX03」キャンペーン比較

管理人はここにしました⇒ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

WiMAX2+プロバイダ比較 一番お得なのは?

安心して使いたい人向け⇒WiMAX2満足度ランキング ベスト5
安く使いたい人向け⇒WiMAXキャッシュバック比較 一番安くなるプロバイダは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.