novas HOME+CA FREE のスペック、価格、WiMAX版との比較まとめ

WiMAX端末メーカーの1つ、シンセイコーポレーションが発売する最新モデル「novas HOME+CA(ノバホームプラスシーエー」にSIMフリーバージョンが登場しました!

その名も「novas HOME+CA FREE」!

シンセイコーポレーションさんってばWiMAXのホームルーター市場では独占状態だったんですが、2017年2月にファーウェイがホームルータータイプ「L01」を発売してからと言うもの、売上げランキングでもどんどん順位落ちてっちゃってますからね・・・。

ちなみにファーウェイ「L01」と「novas HOME+CA」を比較したこともあります。
L01とnovas HOME+CAを比較してみた結果

売上減をカバーするため、もとい、積極的に事業拡大するために「novas HOME+CA」のSIMフリーバージョンも投入するようです。ここでファーウェイもSIMフリーモデル投入してきたらえらいこっちゃ!になりますが、今のところその気配は・・・ないと思われる。知らんけど(汗)

ま、そんなことはいいとして、新登場のSIMフリーホームルーター「novas HOME+CA FREE」のスペックや価格をWiMAXバージョンの「novas HOME+CA」と比較してみました。

SIMフリーホームルーター「novas HOME+CA FREE」ってどうなの?

novas HOME+CA FREEの特徴

  • docomo・au・SoftBankのLTE回線に対応
  • 下り最大300Mbpsのホームルーター
  • 5Ghz/2.4Ghz同時利用可能
  • 高速無線LAN「11ac」対応
  • 2本の外付けアンテナで受信感度のいい位置にセット可能
  • ハイパワーなWi-Fiで家の隅々まで安定した通信環境

基本的にWiMAX版と同じです。SIMフリーのホームルーターってあまりない(というか見たことない)ので、売れるといいですね。そしてWiMAX端末開発費に回してもらえたら言うことなし!

novas HOME+CA FREEのデザインを比較

左がSIMフリー版、右がWiMAX版です。

デザインはまったく同じ。スイッチ・ボタン類も同じです。見た目的にはカラーが違うだけですね。格安SIMブランド「IIJmio」だけ限定カラーピンクが用意されています。

WiMAX版のホワイトだといかにもルーターです!って感じしますが、木目やピンクなら通信機器感とでも言えばいいのか、そういった無骨な男臭い雰囲気が和らぎますね。

novas HOME+CA FREEの端末価格を比較

SIMフリー版は、シンセイコーポレーションオンラインショップにもなし。Amazonでも見かけず。価格が掲載されしだい更新予定です。

WiMAX版の価格はAmazonで1万円前後。私もAmazonで購入しました↓

WiMAX版の新品はWiMAX回線と同時契約でしか買えません。新品で売ってたらそれは新古品なのであしからず。

販売店は、

  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • コジマ
  • ヨドバシカメラ
  • IIJmio(MVNO)

で今後増加予定とのこと。

WiMAX版とのスペックを比較

 SIMフリー版WiMAX版
本体カラーナチュラルウッド
ピンク(IIJmio限定)
ホワイト
型番不明IML-C2300W
サイズ約130×69×162mm約130×69×162mm
重さ約317g約317g
通信規格LTEWiMAX2+
対応バンドB1/B19B41
下り最大速度300Mbps
(規格上は262.5Mbps)
220Mbps
Wi-Fi 5GHzIEEE802.11a/n/acIEEE802.11a/n/ac
Wi-Fi 2.4GHzIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
セキュリティWPA
WPA2
WPS
SSIDステルス
WPA
WPA2-Mixed PSK(AES/TKIP)
WPA-PSK(AES/TKIP)
WPA2-PSK(AES/TKIP)
WPS
SSIDステルス
接続台数18台
(SSID×2×8台
有線×2台)
2.4/5GHz同時OK
18台
(SSID×2×8台
有線×2台)
2.4/5GHz同時OK
有線LAN規格1000Base-T
100Base-TX
10Base-T
1000Base-T
100Base-TX
10Base-T
インター
フェース
電源ポート×1
RJ-45×2
microSIMスロット×1
電源ポート×1
RJ-45×2
microSIMスロット×1
ボタン
スイッチ
電源スイッチ
WPSボタン
リセットボタン
Wi-Fiスイッチ
アップデートボタン
電源スイッチ
WPSボタン
リセットボタン
Wi-Fiスイッチ
アップデートボタン
機能WEB設定画面
MACアドレスフィルタリング
ダイナミックDNS
APN選択/編集
など
WEB設定画面
MACアドレスフィルタリング
ダイナミックDNS
WEB設定画面
対応ブラウザ
Windows(7/8/8.1/10)
MAC(10.7~)
消費電力最大通信時約11W最大通信時約11W
動作環境温度:0℃~+35℃
湿度:20~85%
温度:0℃~+35℃
湿度:20~85%

対応回線の違いによるスペックの違いこそありますが、基本的にほぼ一緒ですね。

ただ、SIMフリー版なのにau向けバンドメインなのが微妙かも。ドコモ・ソフトバンクはバンド1だけなのでちょっと厳しい感じです。WiMAXもKDDI系サービスですし、何かに規約的なものに縛られてるんですかね(汗)

au回線の対応バンドも1と18だけじゃなく11も対応してほしかったところ。格安SIMで使うつもりならUQmobileか、IIJmio・mineoのAプランあたりになりそうです。

▼novas HOME+CA FREE本体のスイッチ類

まとめ

WiMAX業界では端末の製造販売会社として知られるシンセイコーポレーションが発売するSIMフリーホームルーター「novas HOME+CA FREE」情報を紹介しました。

比較した結果、WiMAXとほぼ同じみためとスペックです。パワーアップとかは特になさそうですが、格安SIMがほぼau回線だけなのは残念ですねー。格安SIMも各キャリアのが出ているものの9割方ドコモ向けですからね。そこは頑張ってほしかったかなと思います。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダは?

BroadWiMAXを選んだ3つの理由

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加