通信速度計測で使われてる指標「ping」って何?

2016年12月に「WX03」を契約し待望のWiMAX2+デビューを果たしました。それからライバル機種「W03」、据え置き型「novas Home+CA」も購入し、今まで何度も速度計測してきましたわけですが、計測結果にでてくる下り・上り回線速度のほか、「ping」なる指標があります。

「ping」?読みはピング?pの現在進行形?ピーしてます的な?

とりあえず何のための数値なのか考えもせず華麗にスルーしてきましたけど、今後もお付き合いすることになる指標に違いない。

そんなわけで「ping」がどんなものなのか調べてみました。

回線速度の指標「ping」とはなんぞや?

まずはグーグルさんに聞いてみるとこんな回答が得られました。

「ping」の読み方は?

「ぴん」もしくは「ぴんぐ」らしい。

「ping」の意味は?

検索結果には

  1. ピシッと音がする
  2. (車のエンジンが)ノッキングする
  3. おしっこをする
  4. ネットワーク接続を確認する
  5. ネットワーク接続試験用パケット
  6. (潜水艦の)ソナー音

などとあります。

1、2は回線速度に関係なさそうです。3は関係あっても困ります。英単語ってたまにこういうヘンテコな意味もってるヤツありますね(汗)。英語圏で「ぴん!ぴん!」言いまくってたらおしっこしたがってるように思われるかもしれません。

で、4番目からがそれっぽい感じですな。インターネットの通信状況を音で確認する的な意味合いに受け取れます。こっちから発した音がどれくらいで反射してくるか?ってことでしょう。

「ping」はどんな指標?

というわけで、「ping」はネットワークの応答速度を表す数値のようです。

で、回線速度測定サイトの検索結果には「50ms」とかって単位で表記されてます。この「ms」はマイクロ秒って単位。マイクロは1000分の1を意味するので、「50ms」は0.05秒ですね。よって秒間20回の反応があるレベルってことになります。

ということは、この数値が小さければ小さいほど応答速度が速いことになるわけですね。

100msなら0.1秒で応答あり
10msなら0.01秒で
1msなら0.001秒で

と、どんどん反応が速くなってるのがわかるかと思います。

以前WiMAX回線でネットゲームできるのか?について調べてみたとき、銃をバンバン打ち合うようなリアルタイム性を求めるゲームは厳しいようでした。あるブログによると、50ms以下ならなんとか、10ms以下なら快適にプレイ可能って記述も。

管理人がWiMAX回線を計測したときはだいたい50ms前後だったので、ちょっと厳しそうですね。

「ping」の応答速度と回線速度の違い

ちなみに応答速度「ping(ms)」は、下り440Mbpsなどの回線速度「Mbps」とは意味合いが違うようです。まぁ単位違うし当然ですけども(汗)。なので、応答速度が速い=回線速度が速いってわけじゃないらしい。

下り100Mbpsでpingが100msより
下り10Mbpsでpingが10ms

の方がネットゲームするにはいいってことになります。

例えば動画を見る場合、動画データをくれ!と1回依頼するだけでいいので(実際は知らんけど)、応答遅くても下り速度が速ければガーッとデータダウンロードできるわけです。

でも、リアルタイムなゲームなら、コントローラーの右押したら押してる間ずっとその情報どおりキャラ動かしてくれ!と依頼し続けることになります。ここで応答速度が10秒とかだったら、画面上の自分が操ってるキャラは10秒後に右に動くことに。とてもじゃないけど快適に遊べません。

というわけで、速度計測時に表示される謎指標「ping」について調べてみました。まぁたぶん合ってるでしょう(汗)


最新機種「WX03」を契約するならココ!

3万得するプロバイダ選び⇒「WX03」販売プロバイダ キャッシュバック比較
管理人はここにしました⇒ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

WiMAX2+プロバイダ比較 一番お得なのは?

安心して使いたい人向け⇒WiMAX2満足度ランキング ベスト5
とにかく安さ重視な人向け⇒WiMAX2料金比較 2年利用時の総額が一番安いプロバイダは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.