UQWiMAX 新潟県糸魚川市の大規模火災被災者への支援を発表

2016年に発生した新潟県糸魚川市の火災被害について、被災者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

そしてこの災害発生に対し、UQWiMAXを運営するUQコミュニケーションズが支援措置を発表しました。格安SIMサービス「UQmobile」も同様に適用されます。

今回発表されたUQWiMAXの支援措置について

火災被害にあわれた方で災害救助法が適用された地域のユーザーを対象に、

  • 利用料金の支払期限延長
  • 通信料金などの支援

を発表しました。

UQWiMAX、UQmobile契約者は2016年12月の支払い(11月利用分)期限が2017年1月31日まで延期されるようです。
※自動引落は対象外

通信関連企業の被災地への対応は早いですね。いいことです。まぁ支払期限延長や通信料支援は助かると思いますけど、被災者がこれからいろいろお金がかかること考えたら、1ヶ月分くらい無料にしちゃってもいいんじゃないかな?とは思います。

でも一度前例作っちゃうと、もしもっと大規模な災害が発生したら同じ対応することになるでしょうし、それは避けたいのかもしれません。世知辛い。

あと、詳細は書かれてなかったのでわかりませんが、端末なくなったら解約金免除、使い続けるなら端末無償提供くらいはしてくれるんでしょう、きっと。

最初この発表記事見た時、支払期限延長しか目につかず「全然支援してないやん」って思ったらその下に通信料等の支援って書いてありました(汗)。もっとそこ目立つようにかきましょうよ・・・。まぁスピーディーな対応は素晴らしいと思いますけど。

ちなみに、UQコミュニケーションズ以外のキャリア各社も支援措置を発表してます。ソフトバンクとワイモバイルは現時点でなにも発表されてませんけど。

キャリア各社の支援措置

ドコモの支援措置

  • 付属品無料提供(電池パック/アダプタ/ポケットチャージャー等)
  • 携帯電話購入時の割引
  • 携帯修理料金の減額
  • 通常データ復旧成功時の料金を無料に
  • 一部手数料無料(登録等手数料/契約事務手数料等)
  • 本人確認書類に不足があって後確認することを条件に受付可能に
  • 請求書支払いの契約者は支払期限を2016/12/31→2017/1/31に延長
  • 申請することでドコモ光利用料を無料に
  • 被災者が借りていたレンタル機器を無償交換

auの支援措置

  • au Wi-Fiの開放
  • 充電サービスの提供
  • 申請することで通信サービスが使えなかった期間の料金を減額
  • 請求書支払いの契約者は支払期限を2016/12/31→2017/1/31に延長
  • 手数料免除(契約事務手数料/機種変更・端末増設手数料/au ICカード再発行手数料)
  • auひかり引越し先の工事費などを減額または還元
  • 本人確認書類に不足があっても受付可能(一部例外あり)
  • 火災が原因の携帯電話修理料金を減額
  • 公共機関からの要請があれば携帯機器を無料貸出

かなり手厚いですね。UQWiMAXさんもこれくらい詳細に書いてほしかったかな。

ちなみに今回の大火災被害、もうウィキペディアに掲載されてますね。それによると現時点で負傷者8名とのこと。これ以上増えないことを祈ります。


WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

携帯型「W04」⇒「W04」キャンペーン比較
設置型「L01」⇒「L01」キャンペーン比較
管理人愛用中⇒「WX03」キャンペーン比較

管理人はここにしました⇒ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

WiMAX2+プロバイダ比較 一番お得なのは?

安心して使いたい人向け⇒WiMAX2満足度ランキング ベスト5
安く使いたい人向け⇒WiMAXキャッシュバック比較 一番安くなるプロバイダは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.