UQWiMAXのフェムトセルってどんなもの?

UQWiMAXのフェムトセルってどんなもの?

WiMAX繋がらん!
接続切れる!

っていう声をツイッターなどでけっこう見かけます。移動中の電車内とか地下とかはまだまだ苦手っぽいですね。WiMAXって。

でもまぁ外出先ならそんなこともあるでしょうし、一時的なものなので忍耐強い日本人ならガマンできるはず。

でもこれが自宅となるとシンドイでしょう。即解約レベルの事案です。受信感度を上げるため100均でステンレスボウル買って簡易アンテナ作る方法もありますけど、せいぜい風邪で40度の熱出てる状態が39度に下がる程度でしょう。健康体には程遠いです。

ここで元気になるための方法の1つに、UQWiMAXが無料貸出している「フェムトセル」ってものがあります。

「フェムトセル」、聞いたとことない人のほうが多いんじゃないかと思われます。以前通信環境改善について調べたときにザッとまとめてるんですが、もう一度触れておきます。

参考記事⇒家の中で電波が弱いときの改善方法は?

UQWiMAXが提供する「フェムトセル (femtocell) 」ってどんなもの?

こんなもの↓

wimax2UQフェムトセル設置方法

UQフェムトセルが液晶テレビの横に置いてあります。ってかいい家住んでますね、この男性。家も快適、WiMAX回線も快適とか充実してますな。

話を戻して、「フェムトセル」を簡単に言うと「WiMAX電波を送受信してる基地局の小型版」です。

普通の基地局だとだいたい1~3kmくらいをカバーしてるらしいんですが、小型基地局「フェムトセル」はウィキペディアによると数メートルから数十メートルの範囲をカバーしてるそうです。UQフェムトセルもきっと似たようなものでしょう。

ただ基地局設置となると「無線局免許」が必要で総務省へ届け出が必要らしい。この辺はUQが代行してくれるのでいいんですけどね。でもなんかオオゴトな感じします。

WiMAX電波は障害物に弱いので、「UQフェムトセル」設置したからってすべての部屋で快適になるとは限りませんけど、悪化することは100%ないでしょう。プラスにしかならないはずなので設置できるなら設置しておきたいものです。

ちなみに、2016年夏ころから受付スタートし、年末から徐々に設置対応していくようです。

「UQフェムトセル」を設置するには?

機器はレンタル、設置はタダで利用料も必要なしとデメリットを何も感じないんですが、au光回線を契約していないと設置してくれません。フレッツ光でも対応を検討中らしいけど、まだ実現されてません。

唯一デメリットらしく感じたのは、設置場所から移動してはダメ(ほんの少しならOK)、操作は契約者さんだけ、UQ指定の機器以外は接続不可など免許が必要な分制限も多くなるところですね。

それでも一戸建てが自宅の人なら設置する価値はあるんじゃないでしょうか。

興味沸いた方は公式サイトでご確認ください。

公式ページ⇒http://www.uqwimax.jp/area/femto/


WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

携帯型「W04」⇒「W04」キャンペーン比較
設置型「L01」⇒「L01」キャンペーン比較
管理人愛用中⇒「WX03」キャンペーン比較

管理人はここにしました⇒ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

WiMAX2+プロバイダ比較 一番お得なのは?

安心して使いたい人向け⇒WiMAX2満足度ランキング ベスト5
安く使いたい人向け⇒WiMAXキャッシュバック比較 一番安くなるプロバイダは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.