W03(ハイスピード)の通信速度実測値 ノーマル・ハイパフォーマンス・バッテリーセーブの違いは?

今一番売れてるWiMAX2+ルーター「W03」には、

  • ハイスピードモード(WiMAX2+回線)
  • ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE回線)

の2つがあります。そしてさらに

  • ノーマルモード
  • ハイパフォーマンスモード
  • バッテリーセーブモード

の3モードが選べます。

そこで、今回はWiMAX2+回線を利用するハイスピードモードにて、ノーマル/ハイパフォーマンス/バッテリーセーブモード別に通信速度を計測し比較してみました。

測定では自宅のデスクトップパソコンへクレードルを介して有線接続し、次の4サイトを利用して実測値を計測しています。

  1. ブロードバンドスピードテスト
  2. RBB SPEED TEST
  3. ラピッドネット
  4. Radish Network Speed Testing

全部やり直しなし、恨みっこなしの一発計測のみ。また、天気は晴れ、風も強くない年末の平日昼~夕方にかけて測定しています。

果たしてネーミング通りの数値が出るのか?!

結果は次のとおりです。

W03(ハイスピード)でノーマル/ハイパフォーマンス/バッテリーセーブ別に通信速度を計測してみた

年末の忙しい時期に(私は忙しくない)昼間っからまったり計測。15:00はど忘れしました(汗)。まぁみんながおやつ食べるような時間なので回線が混雑することもないでしょう。

下り通信速度

12/29
測定時間
ノーマル ハイ
パフォーマンス
バッテリー
セーブ
14:00頃 19.4 21.5 8.98
16:00頃 25.95 20.47 10.23
17:00頃 22.13 20.62 10.29
18:00頃 29.44 26.72 9.66
平均 24.24Mbps 22.33Mbps 9.80Mbps

ノーマルがハイパフォーマンスを上回りました。ノーマル強し!まぁ普通が一番ってことですね。日本では目立ったり、抜きん出た存在になると叩かれるものです。WiMAXにおいても同じことが言えるんでしょう(適当)。

上り通信速度

12/29
測定時間
ノーマル ハイ
パフォーマンス
バッテリー
セーブ
14:00頃 3.15 2.76 1.47
16:00頃 4.13 3.0 1.96
17:00頃 3.57 3.64 2.15
18:00頃 4.05 3.99 1.01
平均 3.72Mbps 3.35Mbps 1.65Mbps

下りに続いて上り速度もノーマル強し!

ハイパフォーマンスモード意味ないですね(汗)。完敗です。普通・安定こそ正義!これが真実です。仕事なら公務員が一番ってのと同じですね。

ちなみにバッテリーセーブモードでもこれだけ速度出てれば動画視聴に問題ないですし、使ってて何のストレスも感じませんでした。外出先ならこれでも良さそう。

前にハイパフォーマンスモードで計測したときもいまいちな結果だったんですよね。速いときは速い。でも、どうやら安定性にかけるモードのようです。ハマったときはハイなパフォーマンス出してくれるんでしょうけど、トリッキーな動きされても困ります。

漫才動画見ててボケたところで動画止まったらシンドすぎですもんね。ボケ役の相方がつまらんヤツみたいに見えてしまいます。で、ツッコミは間が悪すぎ!みたいな。そんなん哀れすぎですわ。

というわけで、お笑い動画見るときにハイパフォーマンスモードはやめましょう!

そんな結論が出たところで締めとさせていただきます。


最新機種「WX03」を契約するならココ!

3万得するプロバイダ選び⇒「WX03」販売プロバイダ キャッシュバック比較
管理人はここにしました⇒ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

WiMAX2+プロバイダ比較 一番お得なのは?

安心して使いたい人向け⇒WiMAX2満足度ランキング ベスト5
とにかく安さ重視な人向け⇒WiMAX2料金比較 2年利用時の総額が一番安いプロバイダは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.