W04とWX03比較 どっちがいい?

WX03愛用中の身としては「WX03」がおすすめ!と言いたいんですが、「W04」も最新モデルだけあってスペック面は最強レベル。

どっちも甲乙つけがたいWiMAXルーターです。

そこでW04とWX03の2モデルをデザイン、スペック、端末価格、取り扱う会社で比較してみました。

最新WiMAXルーター「W04」と「WX03」を比較してみた

「W04」と「WX03」のデザインを比較

本体デザインを比較

左が「W04」、右が「WX03」です。

公式サイト画像を本体サイズ比に合わせて並べてみました。数ミリの誤差はあるかもしれませんが、サイズはほぼこの通りだと思ってください。

「W04」は口コミで「デカイ」「重い」って声があったのも納得のサイズ感。大きいです。

デザインは個人的に「W04」派ですけど、「WX03」もクセがなくてシンプル。

ディープブルーカッコイイですよ?とアピールしておきます。

外出先で使うことが多い人は「WX03」の方がコンパクトで軽い分負担が減ります。

クレードル装着時を比較

クレードルは「W04」がシンプルそのもの。

対して「WX03」のものはWiMAX電波の受信感度を上げてくれる拡張アンテナがついてるのでちょっとゴツ目のデザインです。

そしてアンテナついてる分数百円ほど割高。

ただ、自宅利用するなら「WX03」のクレードルのほうが安定性は高くなり速度もアップします。

「W04」と「WX03」のスペックを比較

用語解説は表の下にあり。

 W04WX03
本体色グリーン
ホワイト
ディープブルー
ホワイトゴールド
サイズ幅 130mm
高 53mm
厚 14.2mm
幅 99mm
高さ 62mm
厚さ 13.2mm
重量約140g約110g
充電時間約120分約160分/200分
バッテリ
容量
2750mAh2890mAh
連続
通信時間
【ハイスピードモード】
ハイパフォーマンスモード
約390分
ノーマルモード
約540分
バッテリーセーブモード
約630分

【ハイスピードプラスエリアモード】
ハイパフォーマンスモード
約260分
ノーマルモード
約390分
バッテリーセーブモード
約550分

【Wi-Fi接続時】
ハイパフォーマンスモード
約440分
ノーマルモード
約600分
エコモード
約740分

【Bluetooth接続時】
ハイパフォーマンスモード
約580分
ノーマルモード
約900分
エコモード
約990分

連続
待受時間
約850時間約1100時間
ディスプレイ約2.4インチ TFT LCD未記載
au
ICカード
au Micro IC Cardau Micro IC Card
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
最大
通信速度

(下り/
上り)
au 4G LTE&WiMAX2+(CA)
590Mbps
au 4G LTE(CA)
225Mbps
au 4G LTE
150Mbps/25Mbps
WiMAX2+(CA) 440Mbps/30Mbps
WiMAX2+
110Mbps/15Mbps
440Mbps/30Mbps
Blue
tooth
Ver 4.1Ver 4.0
Wi-Fi
規格
IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
インター
フェイス
micro USB Type CmicroUSB 2.0推奨
(microB-type)
最大
接続台数
Wi-Fi 10台
Bluetooth 3台
Wi-Fi 10台
USB 1台
Bluetooth 3台

※CA(キャリアアグリゲーション)=複数電波をくっつけて高速化する技術
※ハイスピードモード=WiMAX2+回線のみ利用
※ハイスピードプラスエリアモード=WiMAX2+&au 4G LTE回線を併用
※ハイパフォーマンスモード=最大440Mbpsで接続するモード
※ノーマルモード=最大220Mbpsで接続するモード

W04のスペック特徴
  • サイズ大きめ
  • au 4G LTE回線を併用するモードにすれば最大590Mbps
    (東名阪の一部だけ対応)
  • バッテリー容量は少なめ
  • USB端子が「USB Type C」
WX03のスペック特徴
  • かなりコンパクトサイズ
  • 専用クレードルで安定度&速度アップ
  • バッテリーの持ちが良い

それぞれの特徴について解説してきます。

W04の強み「au 4G LTE回線対応」ってどうなの?

「W04」はau 4G LTE回線に対応している分、対応エリアは広くなります

そしてWiMAX電波よりau 4G LTE電波のほうが障害物に強く繋がりやすいです。

ただ対象プランを契約していないと月額1000円ほど余分にかかってしまうのはマイナス。

あと、au 4G LTE回線の場合、たとえデータ使い放題の「ギガ放題プラン」を契約していてもau回線使って月間7GBをオーバーすると128kbpsの速度制限がかかってしまいます。

けっこう諸刃の剣で使い勝手はイマイチ。

コストを気にしないなら「W04」が便利ですが、au 4G LTE回線の使い所に気をつけないとシンドイ目にあいます。

WiMAX2+回線が繋がりにくい地域へ旅行などで行ったときに使う、くらいにしておかないと大変です。

W04はUSB端子が「USB Type C」

「W04」のUSB端子は「micro USB Type C」なので過去のWiMAX端末用のものだと変換アダプタを利用しないと使えません。

また、1年くらい前までに買ったスマートフォン用のUSBケーブルも「USB Type C」じゃないものが多いので使えません。

「USB Type C」ケーブルは1本付属しているので問題ないんですが、一応知っておいたほうが安心です。

WX03の強み、専用クレードルってどうなの?

サイズ面では断然「WX03」がコンパクト

またパッテリー持ちも「WX03」が優れています

ほか、iPhone以外のスマホやガラケーを使っている人はmicroUSBアダプタやケーブルをそのまま使えたりします。

そして「WX03」最大のメリットは拡張アンテナ搭載の専用クレードル。家で使うことが多い人はこれだけのために「WX03」を選んでもいいです。

WX03のクレードルについてはこっちの記事で詳しくまとめています。

参考記事⇒WX03の専用クレードルってどうなの?

WX03のバッテリー持ちってどうなの?

コンパクトなサイズですが、バッテリー持ちはだいぶ良いWiMAXルーターです。

とくに、接続範囲が1mくらいのBluetoothモードなら「W04」より大幅に長持ちします。

節約モードと併用すればカタログ値ですが最大16時間半使えます。なので一日の内、起きてる時間帯はずっと電源オンしてても使えます。

比較した結果どちらがいい?

W04がおすすめの人

W04の強みはau 4G LTE回線が使えること。

au 4G LTE回線の利用は使い放題プランを契約したとしても月7GB制限があるので、

  1. 月間データ通信料が7GB未満
  2. au 4G LTE回線が無料で使えるプランを契約

この2点をクリアーしている人向けです。

WX03がおすすめの人

WX03の強みはサイズの小ささとバッテリー持ちの良さ、クレードルによる安定度アップにあるので、

  1. 外出先で長時間使いたい
  2. 自宅利用がメイン

の人向けです。

これでどっちがいいか?はたぶん決まったのではないかと思います。

次はどこで契約するのがいいのか?について解説していきます。

「W04」と「WX03」の端末価格&取り扱う会社(MVNO)を比較

WiMAX運営元UQ公式サイト掲載のプロバイダをチェックしたもの。

プロバイダW04WX03
UQWiMAX2800円2800円
GMOとくとくBB0円0円
BroadWiMAX0円0円
So-net0円0円
BIGLOBE0円0円
DTI WiMAX0円0円
@nifty1円1円
novas WiMAX0円0円
au0円×
AsahiNet×0円
J:COM×0円
DiS mobile0円0円
ワイヤレスゲート1円1円
YAMADA1円1円
BIC WiMAX1円1円
KT WiMAX1円1円
EDION1円1円
PCデポ××

この中で、赤字にしてあるプロバイダならキャッシュバックや月額料金割引などキャンペーンが手厚く、黒文字のプロバイダより2~4万円くらい安くなります

そしてキャンペーンに強いところはすべて「W04」「WX03」ともに取扱いあり。

これらプロバイダはほぼネット受付のみとなっているので「その日から使えないと困る!」みたいな状況じゃないなら安上がりです。急ぎなら家電量販店へ行きましょう。

ただ、急いでる場合でも「UQWiMAX」「GMOとくとくBB」「BroadWiMAX」なら申し込んだ時間によって最短翌日に届きます。1日待って2~4万儲かると考えたら待ったほうがメリット大です。

3社の即日発送対応状況
  1. UQWiMAX・・・具体的な時間は公式サイトに記載なし
  2. GMOとくとくBB・・・平日17時まで、休日14時まで(W04/L01のみ)
  3. BroadWiMAX・・・平日16時まで、土曜12時まで

UQはWiMAX運営元がやってる信頼度トップのプロバイダ、キャッシュバックの業界最高額は「GMOとくとくBB」、月額割引なら「BroadWiMAX」がトップクラスに安いです。

上でたくさんプロバイダをリストアップしてますが、わざわざ比較する必要もありません。この中であなたにあったものを選べば後悔することはないでしょう。

この3社の特徴を簡単に比較していきます。

1.UQWiMAX

WiMAXの運営元がやっているプロバイダ。それだけにWiMAXプロバイダの信頼性ではトップ。また、商品券ですがキャッシュバックもやっています

なんですが、端末は0円じゃありませんし、料金も他より高いです。ここを選ぶ理由は全くありません。

2.GMOとくとくBB WiMAX2+

業界最高額のキャッシュバックを出しているプロバイダで、料金の安さでもトップクラス。キャッシュバック狙いならここですね。最新の「W04」「WX03」でも3万円以上出してます。

ネットで評判を調べるとキャッシュバックの受取り難易度の高さへの不満も出てますけど、しっかり待ち構えていれば問題なく受け取れます。

当日発送への対応も一番柔軟性があって、離島や北海道・九州など関東から遠すぎない地域に住んでいるなら翌日に端末が届くはず。

即日発送対応はW04とL01だけなので、W04を契約するつもりならおすすめです。

高額キャッシュバック受付専用ページ
GMOとくとくBB WiMAX2+

専用ページ以外だとキャッシュバック額は1000円ほど安くなるので注意!

3.BroadWiMAX

ここはキャッシュバックをやってない分を料金割引に充てていて、月額料金の安さは業界トップクラス

毎月の料金が安いほうがいい人、キャッシュバック受け取る手続きを面倒に思う人はこちらがベスト。私はここで契約しました。

ちなみに秋葉原に店舗があって、そこなら当日でも受け取れます。WX03を少しでも早く手元にほしいならこちら。

WEB申込みで初期費用18857円割引キャンペーン中!
BroadWiMAX

※追記 W04本体とクレードルを購入!WX03と実物サイズを比較してみました

▼W04とWX03の本体を比較

▼W04とWX03本体の厚みを比較

かなりサイズ差あります。W04の方が重め。どちらも金属フレームで高級感ありますが、裏側はつや消しプラスチック素材となってます。ディスプレイサイズは同じで、タッチパネルの反応はどっちも快適。

つづいてW04とWX03それぞれの専用クレードルにセットした状態を比較してみました。

▼クレードルセット時を正面から比較

▼裏側から比較

▼上から比較

▼サイドから比較

クレードルに関してデザイン面では「W04」のほうがシンプルで好きですが、「WX03」の拡張アンテナ付きクレードルなら受信感度&速度アップ効果があるので個人的にはこっち推し。

WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

管理人はここで契約しました(安心&安さ重視で)
BroadWiMAXを選んだ3つの理由

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. しん より:

    えっと、USB3.0ではなく、micro USB TYPE C ですね。
    コネクタはどのUSBでも合いますし、ケーブルには一般的には規格はありません。まあ、品質で通信速度や電流に差はありますけども・・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.