Wi-Fi電波は5GHzのほうが快適?その理由は?

新しめのWi-Fiルーターは、WiMAXを始めほとんどの端末で2.4GHzと5GHzの電波が使えるようになっています。

私の愛機「WiMAX WX03」だとこんな感じで選べます。

私は5GHzなんて使ったこともないですし2.4GHzで特にストレス感じていませんが、ネットを徘徊していると「5GHzのほうが快適」って声を見かけます。

なんでや?

ってことで調べた結果

「電波が被らないから」

が答えのようです。

2.4GHzの電波はWi-Fiルーターの他にもいろんな家電で使われていてけっこう被るらしい。電子レンジや電話機の子機とのやりとりなどで利用されてます。

そういった家電の影響で電波がごっちゃになれば、Wi-Fiルーターさんは「どれやねん!わからんわボケェ!」と返信→送信主さんは「すまんな」ともう一回データ再送信、という流れに。

これが続けば全然データを受け取れない=繋がらないってわけですね。

 

そこで、5GHzの電波です。

まだ使ってる機器が少ないので邪魔されにくく繋がりやすいんですね。

ただ2.4の倍以上もある周波数(空気中を伝わる波の数)の電波なので、波が細かい分障害物に弱いらしい。そうなる仕組みはよくわかりませんが、小さい波ほど平らにならされやすいってことなんじゃないかと思います。知らんけど(汗)

というわけで、この数字が高いほど弱くなっていきます。

 

そういえば最近docomo・au・SoftBankが5G回線の実験やってるニュースを見かけます。

これも5GHzの電波だったりして?そうだったらめっちゃ邪魔やん、と思ったら5GHzとは関係ありませんでした(汗)。5GHzの5Gじゃないのね・・・。

サラッと解説しておくと、

5G回線はまだあまり使われていない高い周波数帯の中で低いのと高いのを組み合わせた超高速な次世代通信網

とのこと。

なるほど、わからん!

一例として、3GHz帯と10GHz帯の電波を組み合わせる、といったやり方をしてるらしいんですが、この話は今回のお題とは関係なさそうなのでこの辺で。興味ある方は「5G実験」とかで検索しましょう。

 

最後に、5GHzの電波が被りにくいといってもあくまで被りにくいってだけ。一応使っている機器はあるようです。

5GHzの電波を使ってる機器は?

総務省が発表してる文書によると、次のような機器で使われているみたいです。

  • 5.03~5.091GHz 自動着陸誘導システム(MLS)
  • 5.25~5.372GHz 気象レーダー
  • 5.35~5.85GHz いろいろなレーダー
  • 5.725~5.875GHz 産業科学医療用(ISM)
  • 5.77~5.85GHz DSRCなど
  • 5.85~5.925GHz 放送事業

で使っているとのこと。

で、上に載せたWiMAXルーター「WX03」の設定画像をもう一度。

5GHz電波でもここにはW52とW56の2種類あります。

そしてW56の方は、気象レーダーなどのレーダーが発する電波を受信すると停止するように端末側で設定されているらしい。国が邪魔するなって義務付けてるので、この仕組みはどの機種にも搭載されているようです。

なるほど。レーダーのじゃまにならないように5GHz電波は屋内でしか使ったらアカンよ、となってるんですね。

この停止に関する実験結果を公開していたサイトによると、一度停止すると30分使えなくなるらしい。ヤフー知恵袋などで「突然Wi-Fiが使えなくなった」みたいな質問を見かけますけど、少なからずこのパターンにはまってる人がいるかもしれません。

さらに上の画像にあるページでW56に設定した場合、1分間レーダー関連の電波がないか調査するらしく、その間ネットに繋がらない時間ができてしまいます。いろいろ面倒ですねー。

 

ってなわけでW56だとWi-Fi電波が受信停止される可能性があり。ほかW53ってのもあり、これも同じく停止させられます。

ただW52はそういうのなし。使うならW52がベストです。

 

ちなみにWi-Fiルーターの5GHz電波は

  • 5.15~5.35GHz
  • 5.47~5.725GHz

を使っているようです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

WX03(携帯型)
WX03キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断

 
管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由