Wi-Fi子機を購入。デスクトップパソコンをWiMAX接続してみました

我が家のデスクトップパソコン氏は

「Wi-Fi?うぃーふぃー?うまいの?」

ってな感じで、そんな先端技術は搭載しておりません。昔ながらのLANケーブルによる物理接続でインターネットに繋がっております。

今どきのデスクトップパソコンはWi-Fi機能ついてたりするんですかね。よく知りませんが、そんなパソコンをお持ちの人も多いんじゃないでしょうか。

そんなわけで、ウチでWiMAXルーターを繋げるにはLANケーブルが挿し込めるクレードルを介してネット接続しております。

ただクレードルって3000円くらいするけっこう高い機器。ほぼ専用品なので使い回しが難しいのも微妙です。もっと安く!って人はほかにも繋ぐ方法あります。詳細については別記事で詳しく調べています。

関連記事
Wi-Fi機能なしパソコンとWiMAXを繋げる方法

で、上のリンク先記事でも取り上げていますが、Wi-Fi機能なしパソコンとWiMAXを繋げる方法の1つに

「Wi-Fi子機」

というものがあり、興味わいたので買ってみました。

そこで、今回購入したWi-Fi子機がどんなものなのか?について紹介していきます。

Wi-Fi子機ってどんなもの?

簡単に言うと、ちっちゃいアンテナをパソコンのUSB端子に差し込むだけでWi-Fi電波を送受信できるようにする機器。

ウィンドウズ95とか古すぎるOS使ってないなら問題なく使えるでしょう。

で、今回買ったのはこちらです↓

Wi-Fi子機 ANEWKODIを購入

Amazonランキングで1位だったやつ。価格が安く、Wi-Fi帯域5GHz帯にも対応してるのが人気らしい。普段Wi-Fi接続してないのでありがたみがさっぱりわからん(汗)。

Wi-Fi子機 ANEWKODIの最大速度とか

5GHz帯(5.8GHz)を最初に持ってきてアピールしてますね。下り最大速度は5GHz=433Mbps/2.4GHz=150Mbpsのようです。私の使ってるWiMAXルーター「WX03」は下り最大440Mbpsなので、知らない人が同い年だった!みたいな親近感を感じてみたり。

対応OSは

  • ウィンドウズ⇒10/8.1/8/7/VISTA/XP/2000
  • Mac OS⇒X10.4~10.12.1

Wi-Fi子機 ANEWKODIの中身チェック

メードインチャイナなので?英語メイン。メーカーさんの名刺らしきものも1枚。左上に思いっきりamazonロゴいれてますけど、勝手に使っていいものなのか?これって。規約知らないのでなんとも言えませんが・・・。

ちなみに、CDとかついてると設定メンドそうだなーってなります(汗)。でも設定はあっさりしたものでした。

次から設定方法についてもついでに解説しておきます。Wi-Fi帯域の速度比較はよ!って人は飛ばして下さい。

Wi-Fi子機 ANEWKODIの設定

手順は次の通りです。

  1. パソコンのUSB端子に挿入
  2. ネットワークを選択
  3. パスワードを入力

以上!超簡単ですわ、これ。説明書なんでついてるの?って感じ。

一応各項目の詳細も解説しておきます。

1.パソコンのSUB端子に挿入

我が家のデスクトップパソコンくんの全面にあるUSB端子にぶっ挿します。すると次のウィンドウが勝手に開いて設定完了!

次にネットワークを選びます。

2.ネットワークを選択

我が家のパソコンの場合(ウィンドウズ8.1)では次の手順でいけました。

  1. コントロールパネル
  2. ネットワークと共有センター
  3. 新しい接続またはネットワークのセットアップ
  4. ワイヤレスネットワークに手動で接続します
  5. ネットワーク名とパスワード入力

ですが、ぶっちゃけ面倒臭い(汗)

私の場合、とりあえずブラウザ立ち上げてネット接続→つながってないよー!ってページが表示され、そこにネットワーク一覧へのリンクがでていたのでクリックしたら下の項目が開きました(ウィンドウズ8.1利用)。こっちのが楽です。

パソコンのネットワーク一覧から、自分の端末のネットワークを選びます。私の場合は「WX03」のものを選択してます。たいてい端末名+英数字ですね。iPhoneでテザリング接続したときは「iPhone_xxxxx」でした。

該当ネットワーク名をクリック(タップ)するとチェック開始。

終わるとパスワード入力画面に移ります。

3.パスワードを入力

「WX03」の場合は本体メニュー「情報→Wi-Fi情報」でパスワードをチェック。それ以外は端末の裏側、付属品などに載ってるはず。

正しく入力すると接続済みとなり、広大なインターネット世界へ旅立つ準備はOK!

Wi-Fi子機 ANEWKODIのレビュー評価

設定は上で紹介したとおり簡単なもの。

で、肝心の速度面について休日夕方に計測してみたんですが、

  • (有線)WX03+クレードル・・・平均21Mbpsくらい
  • (無線)2.4GHz・・・平均9Mbpsくらい
  • (無線)5GHz・・・平均16Mbpsくらい

という結果に。

Wi-Fi2.4GHz帯では有線接続時の半分以下とけっこう厳しめ。

WiMAXはノーマルモードで計測したので最大110~220Mbps、Wi-Fi子機2.4GHz帯は最大150Mbpsまでですが、まったく届かず。まぁWiMAX電波が20Mbps程度しかでないのでしかたないですね。

また、周辺に2.4GHz帯電波を出してる家電が多かったのかもしれません。その結果、有線接続時の約43%という数値にとどまりました。

対してWi-Fi5GHz帯はかなり速め。17時~21時まで時間別に計測した平均結果は有線接続に届きませんでしたが、時間帯によって上回ることもありました。有線じゃなくてもいけそうです。

それにしても2.4GHz帯と5GHz帯ってこんなに違うものなんですねー。5GHz帯、めっちゃええ感じですわ。

計測データなどの詳細は後ほど記事にしたいと思います。

まとめ

Wi-Fi機能なしのパソコンをWi-Fi接続できるようにする子機「ANEWKODI」を買ったのでレビューしてみました。

設定もパソコンUSB端子に挿入してネットワーク設定するのみ、速度も申し分なし、と満足です。

WiMAXの場合、専用クレードルより1000円以上安く買えますし、パソコン周りのコード類もスッキリしていいんじゃないかと。

ちなみに「ANEWKODI」は親機としても使えるらしい。親機ってことはこれ挿入したパソコン経由でスマホやタブレットなどをインターネット接続可能です。

まぁWiMAX使ってるなら全部WiMAX経由にすればいいだけなんですけどね(汗)。

ただ、ブロードバンド回線契約してて、パソコンをLANケーブル接続してるって人には利用価値あります。

WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

管理人はここで契約しました(安心&安さ重視で)
BroadWiMAXを選んだ3つの理由

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 劣化イグニス より:

    私はUSB端子にWX03同梱のUSB電源?をWX03に刺して使ってますが、それでもネットは出来てます
    Windows7 コアi7 3770ですが問題ないです

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.