【ここで契約しました!】BroadWiMAXを選んだ理由

WiMAX2+の「+(プラス)」はどんな意味があるの?

まだまだWiMAXについて調べ始めたばかりでよくわかってないことも多いんですけど、WiMAX1とWiMAX2+があることはわかりました。WiMAX1はデータダウンロード速度が最大40Mbpsで現状は13.3Mbpsに減らされてて2018年3月いっぱいでサービス終了予定、WiMAX2+は最大200Mbps以上でめっちゃ速くなってる、程度ですけどね(汗)

とまあここまではいいとして、WiMAX2になんで「+(プラス)」が付いてるのか。これ謎です。2と2+はなんか違うの?検索すると2+ばっか出てくるけど2はどこいった?

というわけで調べてみると全然出てこない・・・。

「WiMAX2+ +の意味」
「WiMAX2 WiMAX2+ 違い」

とかで検索しても全くヒットせず。

なにか根本的な認識違いがあるのか?そもそもWiMAX2がなくて最初からWiMAX2+だったりして?

とりあえず「WiMAX2+」とはこういうものらしい↓

「WiMAX 2+」とは標準化団体(WiMAXフォーラム)が決めている世界標準規格。「WiMAX」を拡張した「WiMAX Release 2.1」として2012年10月に公開、それを日本ではUQコミュニケーションズが2013年から「WiMAX 2+」という名称で展開。

WiMAX 2.0の仕様に加え、TD-LTEとの互換性を持たせた物はWiMAX Release 2.1(WiMAX 2.1)と呼ぶ。(TD-LTEの「TD」は上りと下りのデータ通信を同一の周波数を使用し、ミリ秒単位で上下を切り替える方式)

Release2.1の「.1」があやしげ。この「.1」はLTEと互換性がある=LTEも使えるってことですね。これを日本ではUQモバイルコミュニケーションズが「+」に置き換えて展開してるだけっぽい。なるほど。まぁ「WiMAX2.1」より「WiMAX2+」のほうがいいと思います。UQさんグッジョブ!

というわけで結論!

WiMAX2+の「+」の意味とは?

LTEにも対応してるよ!ってことですね。そして日本の会社UQモバイルコミュニケーションズが勝手に命名したものなので、あくまで日本だけで使われてるようです。

いや~すっきりした!モヤモヤ解消です。

もしこの記事が、私と同じように「+」の意味でモヤモヤしていた人のお役に立てたなら幸いです。

WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

携帯型「W04」⇒「W04」キャンペーン比較
設置型「L01」⇒「L01」キャンペーン比較
一番快適でした⇒「WX03」キャンペーン比較

WiMAX2+プロバイダ 一番お得なのは?

安心して使いたい人向け⇒WiMAX2満足度ランキング ベスト5
安く使いたい人向け⇒WiMAXキャッシュバック比較 一番安くなるプロバイダは?
管理人はここにしました⇒ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.