WiMAX2はお試しかレンタルしてから契約しよう!

先日、WiMAX2+エリアのサービス対応エリアが更新されました(過去記事⇒UQコミュニケーションズ、WiMAX2+対応エリア更新を発表)。

都市部に住んでる人はほとんど影響ない更新でしたけど、一部地方ではぐぐっとカバーエリアが増えてるところもあります。

WiMAX2+を運営している本家「UQコミュニケーションズ」サイトでは、今買えるWiMAXルーターで対応している回線「WiMAX(無印)」「WiMAX2+」「au 4G LTE」の対応エリアが調べられます。

公式サイト:UQwimax

WiMAX、WiMAX2+、au 4G LTE回線の対応エリア(関東一帯)

WiMAXルーター対応エリア関東一帯

一応載せてますが、WiMAX(無印)は2018年3月にサービス終了するので無視してOK。「WiMAX2+」と「au 4G LTE」はチェック必須です。

そして、これチェックしたら「余裕でカバーしてるし契約しよ!」となるわけですが、これはあくまで目安でしかありません。

WiMAX2+回線はコンクリの壁など障害物に弱いのでピンク色のカバー範囲内ど真ん中に住んでてもつながらない可能性はあります。また「au 4G LTE」でカバーされてても、使うには月額料金が1000円ほど高くなるがネック。できれば「WiMAX2+」だけで使えるのが理想です。

となると実際にレンタルなどして確認しておかないと、解約するにも違約金がめっちゃかかるなど大変なことになります。

というわけで、無料お試しできる「トライワイマックス(TryWiMAX)」を利用しておきましょう。

期限内にきちんと返せば送料もかからない完全無料のお試しサービスです。トライワイマックスに関しては私が借りてみたときの記事をご覧ください(過去記事⇒トライワイマックスを借りてみた)。

借りたとき最新機種はなかったんですけど、繋がるかどうかならどの端末でもチェックできます。自宅なら窓際に置くなどいろいろ試してみてください。それでダメなら、ワイモバイルかdocomoのWi-Fiルーターを検討してみるべし!

関連記事:ワイモバイルのポケットWi-Fiルーターを調べてみた

関連記事:docomo Wi-Fi station比較


WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

携帯型「W04」⇒「W04」キャンペーン比較
設置型「L01」⇒「L01」キャンペーン比較
一番快適でした⇒「WX03」キャンペーン比較

WiMAX2+プロバイダ 一番お得なのは?

安心して使いたい人向け⇒WiMAX2満足度ランキング ベスト5
安く使いたい人向け⇒WiMAXキャッシュバック比較 一番安くなるプロバイダは?
管理人はここにしました⇒ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.