WiMAX2+が最大558Mbpsに!au回線併用で708Mbps!

WiMAX回線を運営・管理しているUQコミュニケーションズが2017年8月29日で10周年を迎えました。それに合わせてかどうかはわかりませんが、同年9月1日からWiMAX2+回線が速度アップ!

したので、その辺について思ったことをダラダラと書いていきます。

祝!WiMAXが業界最速に!

速度アップの仕組みは?

この図右の方に「256QAM」とあります。この新技術に対応することで今までより速くなったとのこと。

「256QAM」がなんなのかさっぱりわかりませんが、そのうち調べたいと思います(汗)。UQ公式にはこう書かれていました。

一度に送信できるデータ量を増加できる256QAM変調方式

うーん、わからん(汗)

WiMAX2+回線の最大速度は?

まずはWiMAX2+回線から。9月1日から

440Mbps⇒558Mbps

に速度アップしました!これはめでたい!

でも惜しい!

ライバル他社の最大速度は、docomoが682Mbps、Y!mobileが612Mbpsですもんね。ここには勝ってほしかった・・・。やっぱ業界ナンバーワン!って冠は欲しい。

まぁでも、これで今年年末に発売されるであろうNECプラットフォームズ製「WX04」は558Mbpsなのは間違いないでしょう。できれば1Gbps超えてほしんですけどね~。どうなのかな~その辺は?|д゚)チラッ

WiMAX2+&au 4G LTE回線の最大速度は?

いま発売中のファーウェイ製「W04」はau回線併用時のハイスピードプラスエリアモードで最大590Mbpsなわけですが、こっちもWiMAX2+側で増えた分「118Mbps」が加算されて

下り最大708Mbpsに!

W04に限ってはモバイルルーター業界最速の称号をゲットです。めでたい。

ちなみに今の私の主力はWiMAX2+回線のみ対応してる「WX03」なんですが、UQの端末一覧ページ見ても最大440Mbpsとしか書かれてませんね(2017年9月2日時点)。

6月1日から「W04」は590Mbpsに上がってるはずなのに未だに修正してない?と思ったら、「W04」商品ページの下の方に小さく対応してるよ!って載ってました。なぜ堂々と書かないのやら。まぁまだ対応エリアが狭いからクレームになるんでしょうね。

で、「W04」ページにはこんな注意書きが書かれてました。

下り最大708Mbpsはハイスピードプラスエリアモード時のみとなります。東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県の一部エリアで提供します。最新のソフトウェアにバージョンアップの上、ご利用ください。

おおっ!対応エリア東京・名古屋・大阪の一部だけじゃなく、神奈川と京都と兵庫の一部もOKなんですね。いつの間にか広がってますやん。これまためでたい。

・・・

と喜んでいたのもいい思い出。

私の愛機「WX03」ページにはこの注意書きがない!ない・・・なぃ・・・ってなんでやねん?

WX03はソフトウェアバージョンアップでは対応できませんってことですかね?根本的にそういう機能が搭載されてないってこと?

558Mbps対応エリアに行けば使えるぜ~ひゃっほーい!とかテンション爆上げだった私に謝ってくれ!

ついでに、「L01」のページにもそれらしき記載はなし。なぜ「W04」だけこうも優遇されているのか。「WX04」ではもっと優遇してくれていいのよ?もちろんWX03と同じく拡張アンテナ搭載の専用クレードルも用意してもらいたいと思います。

関連記事⇒WX03のクレードルがすごくいい!

まとめ

2017年9月1日からWiMAXが速度がさらにアップし、W04限定ですが業界最速となりました。まだ都市部の中でも一部のみの対応ではあるんですが、また新しい世界に一歩進んでくれたことはめでたい限りです。

何年か前にUQさんは2017年頃を目安に1Gbpsを達成どうこうって公式サイトにて書いていますが、正直それはちょっと難しいんじゃないの?と思っていましたが、「まだわからない!」そう思わせてくれました。

次のニューモデルはたぶん「WX04」になると思いますが、今から登場が楽しみです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダは?

BroadWiMAXを選んだ3つの理由

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加