WiMAXでビームフォーミング対応端末はあるの?

ビーム、

いいですね。かっこいい。ロマンを感じます。

死ぬまで少年!を自負する私としてはビームってだけでそわそわ、わくわくしてきます。

で、「突然なに言うてんねん?頭沸いとんちゃうか?」って感じですが、先日どっかのニュースサイトでWi-Fi速度を上げる「ビームフォーミング」なるフレーズを目にしました。

ビーム?!

ビームをフォーミングすんの?!

なんか知らんけどかっけぇ~!!

ってなわけで、調べてみました。ビームフォーミングなるものを。

まずは単語の意味から。

ビームとは?

まんま和製英語でもビームです。ほか、光線、光、輝き、信号電波、梁(建物支柱の上に水平に載ってて屋根を支えるやつ)などの意味のあり。

フォーミングとは?

英単語では「forming」。形、形状、外観という意味があり。泡を意味する「foaming」とは違います。

というわけで、ビームフォーミングとは直訳するとビームの形。なんのことだかさっぱりわからん(汗)

でも、電波の形って言うとなんとなくイメージ湧きます。Wi-Fi電波をなんか加工するのかな?ってイメージ。

まぁあれです、とっとと「ビームフォーミングとは」とかで検索すればあっさり答えわかるんでしょうけど、ゴールにたどり着くまでの過程も楽しみの1つなのでご了承下さい(汗)

はい、では本題の「ビームフォーミング」とは何なのか?をグーグルさんに聞いてみました。

ビームフォーミングとはどんなもの?

Wi-Fiルーターは基本全方位に電波を飛ばしてますが、電波受信する端末側からすれば無駄なことこの上ないやり方です。山田たかし君(仮)にマイナンバーカードを渡すため、日本人全員に同じものを送りつける、みたいな感じ?

そこで、この無駄を無くすため、相手側端末の位置を推測しそこへ電波が向かうように飛ばす方式をビームフォーミングと言うらしい。

流れはこんな感じ↓

  1. Wi-Fiルーターが電波を飛ばす
  2. 端末からの応答によってだいたいの位置を把握
  3. 2種類の電波を飛ばし、対象端末の位置で重なるように調整する

以後常に1~3を繰り返すことで対象端末が移動しても対応可能となっています。

全方位へのビームから収束されたぶっといビームを端末に向かって飛ばすわけではなさそうですね。ちょっと想像してたのと違いました(汗)。単に対象端末の位置に重なるように電波を飛ばしてるだけっぽい。

で、これやることで、無駄が減ってWi-Fiルーターと端末間のやりとりがスムーズになり速度も上がるってワケです。

早速アマゾンで「ビームフォーミング」を検索してみると、対応ルーターが結構ヒットします。我が家ではauがくれたキューブとかいうWi-Fiルーター使ってるんですが、「ビームフォーミング」対応ルーターにすればもっと速くなりそう。

ただこれ、Wi-Fiルーターがビームフォーミング対応してるのはもちろん、受け取る側の端末も対応してないとダメみたいです。スマホだとiPhone6sや7などが対応してるんですけど、まだまだ少ないらしい。一部Wi-Fiルーターはどんな端末でも使えるものもありますが、そんなに多くないようです。

で、肝心のWiMAXルーターでビームフォーミング対応端末はないのか?についても調査。

ビームフォーミング対応WiMAXルーターはあるの?

ありません。

UQWiMAXのよくある質問ページにこんな回答が↓

残念ながらダメなようです。

けっこう最近の質問ですね。んで、端末を指定した質問じゃなく、WiMAX全体を対象にした質問なので完全にダメ。

まぁモバイルルータータイプのWiMAXルーターなら繋げる端末の近くで利用することがほとんどだと思うので必要なさそうですけどね。

でもホームルータータイプにはぜひ搭載して欲しい。ビームフォーミング対応ってアピールすれば「ビーム出せるの?!絶対買うわ!」ってなる私みたいな人もいるんじゃないかと。

WiMAXのホームルーターメーカー「シンセイコーポレーション」あたりが次のニューモデルで導入してくれることを祈ってます。

WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

管理人はここで契約しました(安心&安さ重視で)
BroadWiMAXを選んだ3つの理由

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.