「WiMAXがわかる」というWiMAX本を買いました

これの前に買ったWiMAX本(関連記事:WiMAX教科書って本を買ってみた)があまりにも睡眠へ誘う見た目、内容だったため見なかったことにして、新しく「WiMAXがわかる」という本を買ってみました。

「わかる」ってタイトルなんだから、今度こそ初心者にわかりやすいはず。

「WiMAXがわかる」の見た目

WiMAX本「WiMAXがわかる」

WiMAXを知らずして高速データ通信を語る資格はない!!

ときましたか。なかなか強気な姿勢。

パラパラっと見た感じ、モノクロじゃない(3色だけど)、用語別目次もあり、1ページ1項目になってて読みやすいなどわかりやすそうでホッとしました。

ラスト一個前のページ↓

wimaxがわかる発行日

初版本。約8年前の本なのでこれの前に買った本「WiMAX教科書」と同時期にでたものらしい。上の写真のWiMAXにもふりがなが振ってあるのがいかにも初心者向けって感じです。

日本でのWiMAXサービス開始は2009年~ってことなので、開始前に発売された本ですね。ちょっと古いけど基礎知るだけなら十分でしょう。ほかにWiMAX本ってないので、どっかが新しくまとめた本でも出してくれたらいいんだけどね~。こればっかりは仕方ない。

で、本で一番知りたかったのはMVNOがどんな感じで回線借りてるのか?なんですが、サービス開始前のものってことで書いてあるわけもなく(汗)。う~ん、これでは「GMOとくとくBB」とか「Broad WiMAX」とかのプロバイダ兼MVNOが本家UQとどれくらい違う環境なのか?がわからん。この辺ネットで調べても「これだっ!」って回答がないんですよね~。

この本に、

  • 顧客開拓のために「MVNOに向けオープンで公平な環境を提供」
  • 総務省はMVNO事業化ガイドラインなどを策定し、モバイルWiMAX事業者に対して、、オープンかつフェアなネットワーク接続をMVNO事業者に提供する義務を定めている

とは書いてあったんですが、これだけでは本家UQが使ってる回線全部をMVNOが使えるとは断定できません。

やっぱりスマホやケータイの格安SIMサービスを提供しているMVNOと同じく、キャリアが持ってる回線のうち一部だけを借りて使う方式なんじゃないかと思えます。ここさえハッキリできればUQ本家以外のプロバイダ兼MVNOで契約してもいいんですけどね~。


最新機種「WX03」を契約するならココ!

3万得するプロバイダ選び⇒「WX03」販売プロバイダ キャッシュバック比較
管理人はここにしました⇒ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

WiMAX2+プロバイダ比較 一番お得なのは?

安心して使いたい人向け⇒WiMAX2満足度ランキング ベスト5
とにかく安さ重視な人向け⇒WiMAX2料金比較 2年利用時の総額が一番安いプロバイダは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.