WiMAXの「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」って何?違いは?

WiMAXの「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」って何?違いは?

WiMAXプロバイダのサイトをみてると目につく2つの用語、

  • 「ハイスピードモード」
  • 「ハイスピードプラスエリアモード」

について、自分メモ用にきっちりまとめておくことにしました。

「ハイスピードモード」って何?

WiMAX機器が使う電波は「WiMAX」「WiMAX2+」「au 4G LTE」の3種類あって、そのうち「WiMAX」「WiMAX2+」の2種の電波を使うモードです。
※「WiMAX2+」だけでした(汗)。「WiMAX」は下で初回している「ノーリミットモード」です。

どっちの回線を使うか?は機器によります。中には「2+」しか使わないものもあるので両方使いたい人は注意が必要。

「ハイスピード」ってあるわりに昔の遅い回線を使うのはなんか違うんでない?と思わなくもない。ただ「WiMAX」回線は2018年3月にサービス終了するようなのでアテにしないほうがいいですね(関連記事:WiMAXは2018年3月にサービス終了)。

「ノーリミットモード」もあるらしい

「WiMAX」回線だけを使う「ノーリミットモード」もあるようです。ネーミングどおり完全にノーリミット=速度制限無しで使えるモード。「2+」「au 4G LTE」の3日3GB制限が嫌われてるのに対し、「WiMAX」はこれがあるため「昔は良かった・・・」と嘆く人が多いらしい。

「ハイスピードプラスエリアモード」って何?

「au 4G LTE」の電波を使うモードです。名前に「プラスエリア」とあるとおり、「au 4G LTE」電波がカバーしてるエリアもプラスして使えるってことですね。カバーしてる範囲についてはこちらの記事をご覧ください。
WiMAX2+のエリアについて

使えるエリア広くなるならこっちのがええやん!と思うんですが、オプションで月約1000円(税抜)高くなるのがネックだったり。月1000円って結構な値段。頑張れば3日はご飯食べられる金額です。高っ!ってなわけで、WiMAX契約するならこれ無しで繋がるかチェックしておきたいところ。

一応これ、月に一回も「au 4G LTE」回線使わなかったら払わなくていいんですが、一瞬でも使ったら1000円弱の支払い義務が発生するんですよね~。嫌すぎる。設定してるとき指滑らしたら一瞬で1000円溶けてなくなります。怖いわ~。

ちなみに優先して接続されるのは「WiMAX2+」回線のようです。

あと、「ギガ放題」っていう月間データ通信量無制限プランでも「au 4G LTE」回線使うと7GB制限が適用されるみたいです。

WiMAXの「ハイスピードモード」「ハイスピードプラスエリアモード」って何?違いは? まとめ

「ノーリミットモード」いいですね~。今のモード2つは縛りが多くて窮屈な感じ。昔「WiMAX」を使ってた時ストレスなく使えてたので、3日3GB制限やら「au 4G LTE」は7GBまでなんてあったらそりゃ「昔は良かった」ってなるでしょう。私もいずれそうなりそう(汗)

WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダは?

BroadWiMAXを選んだ3つの理由

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加