WiMAX ホームルーター比較 実際使ってみた結果良かったのはこのモデル!

契約者数が2500万件以上で、モバイルルーターシェア1位のWiMAX。

モバイルルーターのイメージが強い回線サービスですが、数は少ないながら自宅設置タイプのホームルーターも用意されています。

今までパッとしなかったWiMAXのホームルーターですが、2017年2月に「Speed Wi-Fi HOME L01」が発売され、過去のホームルーターとは比較にならないくらい売れ行き絶好調!契約件数アップに貢献しているのは間違いないです。

そこで、現在プロバイダで契約できるWiMAXホームルーターをピックアップ。メーカー別の最新ホームルーター2機種を、実際に使ってみた結果も踏まえ比較しました。

WiMAXホームルーターをとことん比較!

現在契約できるWiMAXホームルーター2種

  1. ファーウェイ製ホームルーター
    Speed Wi-Fi HOME L01
  2. シンセイコーポレーション製ホームルーター
    novas Home+CA

WiMAX運営元UQWiMAX公式サイトには、シンセイコーポレーション製ホームルーターの旧モデル「URoad-Home2+」も掲載されていますが、今ではほんの一部プロバイダでしか扱っていません。

またスペック的にもあえて古いホームルーターを選ぶメリットがないので今回は外しています。

WiMAXホームルーター2機種のデザインを比較

まずは見た目から比較。

Speed Wi-Fi HOME L01のデザイン

色はホワイト一色。円柱状で無駄のないシンプルなデザイン。

このホームルーターは見た目の評判がとにかくいい!空気清浄機を思い浮かべる人も多いようです。一目惚れして契約してる人もちらほら見かけます。

「アンテナが出てないから受信感度が心配」って声もありますが、使ってみた感じまったく問題ありませんでした。

novas Home+CAのデザイン

アンテナがピーンと2本立っていて、いかにもホームルーターって感じの見た目。これはこれで丸みを帯びたデザインが可愛らしく見えます。アンテナも角みたいで好きな人は好きそう。

デザイン面の比較結果は?

モバイル・ホームルーター売上ランキングをみるとハッキリしてますが、圧倒的に「L01」が売れてます。相手にならないレベル。

novasも格安SIM向けのSIMフリー版を発売し、木目やピンク色を用意したものの、残念ながら売れ行きはイマイチ・・・。

発売時期の違いやスペック的なものも当然あるんですが、ホームルーター2機種のネットの評判をみると、デザイン性が売上に大きく影響しているのは間違いないでしょう。

デザインは「Speed Wi-Fi HOME L01」の勝利!

WiMAXホームルーター2機種のスペックを比較

 Speed Wi-Fi HOME L01novas Home+CA
メーカーファーウェイシンセイ
コーポレーション
発売日2017/2/172016/10/7
本体カラーホワイトホワイト
サイズ幅 93mm
高さ 180mm
奥行 93mm
幅 130mm
高さ 162mm
奥行 69mm
重さ約493g約317g
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
電源AC100V-240VACアダプタ
最大消費電力24W11W
au ICカードau Micro IC CardMicroSIMスロット×1
最大通信速度
(下り/上り)
au 4G LTE
150Mbps/25Mbps
au 4G LTE(CA※)
225Mbps
WiMAX2+
110Mbps/15Mbps
WiMAX2+(CA※)
440Mbps/30Mbps
WiMAX2+
220Mbps/10Mbps
au世界
サービス
××
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11/a/b/g/n/ac
インター
フェイス
10Base-T
100Base-TX
1000Base-T
10Base-T
100Base-TX
1000Base-T
最大接続台数42台
2.4GHz×20台
5GHz×20台
有線LAN×2台
18台
有線LAN×2
無線LAN×16
対応OS

Windows Vista/7/8/8.1/10

Mac OS X
v10.5/v10.6/v10.7/
v10.8/v10.9/v10.10/
v10.11/v10.12

Windows 7/8/8.1/10
MAC 10.7以降
かんたん接続WPS/NFC/QRコードWPS その他不明

※CA=キャリアアグリゲーション(詳細⇒キャリアアグリゲーションとは?

スペック面の比較結果は?

発売日が4ヶ月違うのでスペックに差が出るのは仕方ないんですが、それにしても下り最大速度は倍になり、同時接続台数も倍以上に増えている「L01」が圧倒的。

本体サイズ、重さ、消費電力は「novas Home+CA」のほうが優れているものの、ホームルーターなので重さやサイズ感はそこまで気になりませんし、パッと見た感じ「L01」のほうがスラッとしていてコンパクトに見えます。

スペックも「Speed Wi-Fi HOME L01」の勝利!

ホームルーター2機種の速度を比較

ここでは、私が実際にホームルーター2機種の速度を計測してみた結果から比較しました。

【L01】
Speed Wi-Fi HOME L01の速度を計測
ハイスピードプラスエリアモードで計測した結果

【novas Home+CA】
novas Home+CAの実測値は?

この結果から平均速度を抜粋した結果は次のとおりです。

ホームルーター下り速度平均上り速度平均
L01
(WiMAX2+のみ)
21.37Mbps6.34Mbps
L01
(au 4G LTE回線利用)
23.38Mbps9.04Mbps
novas Home+CA4.43Mbps2.97Mbps

これは私が買った「novas Home+CA」がたまたま不良品だったのかもしれませんが、あまりに遅かったです。比較するのがかわいそうなくらい差が開いてしまいました。

L01のau 4G LTE回線を使ったモード(ハイスピードプラスエリアモード)は、WiMAX2+だけのモード(ハイスピードモード)と極端に速くなったわけじゃありませんが、時間帯によっては20Mbps以上速いこともあり。

また、WiMAX電波よりau 4G LTE電波のほうが対応エリアも広く地下や障害物にも強いため快適性が上がります。

速度も「Speed Wi-Fi HOME L01」の勝利!

ホームルーター2機種を比較した結果

以上、デザイン、スペック、速度の3項目で比較した結果、

「Speed Wi-Fi HOME L01」の圧勝!

でした。

ホームルーターとして、あらゆる面でL01が上回っています。

また、契約できるWiMAXプロバイダ数も「L01」のほうが多いです。

では結論。

WiMAXホームルーターを契約するなら「Speed Wi-Fi HOME L01」を選びましょう!

WiMAX新機種で3万得するプロバイダは?

BroadWiMAXを選んだ3つの理由

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加