WiMAX契約でクーリングオフは使える?初期契約解除制度って何?

 

WiMAX契約件数が3ヶ月スパンで約150万件づつ増えてます。

▼UQWiMAX発表データ

ひと月あたり50万件、1日あたりだいたい1.66666・・・万件ですね。

・・・って多っ!

1時間あたりだと約700件です。今この記事書いてる時点で1件、また1件と増えてるんでしょうね。良いことです。

ただ、2017年も春になるのに未だに2016年度第4四半期のデータを更新してくれんのはなんでやねん。はよして~って感じ。

 

で、これだけWiMAX契約者がいる(個人契約以外も含む)となると、無料お試しサービス「TryWiMAX」やレンタルしてちゃんと使えるか確認せず契約する人もきっと多いでしょう。

そしていざ使ってみたら全然使えん!みたいなトラブルもあるはず。

でもたぶん契約時の書面を隅々まで読まずに契約しちゃってるんでしょうし、契約した以上「やっぱやめます」では通らないはず。

でもWiMAXの解約金は利用期間1年未満だとほぼ19000円とられます。アホらしいですね(汗)

 

でも小学校か中学校の義務教育時代に習った消費者の味方「クーリングオフ制度」ならイケるかもしれません。

まずは復習を。クーリングオフ制度ってどんなもの?なのかについて。

クーリングオフ制度とは・・・

契約した後、頭を冷やして(Cooling Off)冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度のこと(国民生活センター公式サイトより抜粋)

普通は一回契約してしまえばお互いルールを守るのが原則ですが、クーリングオフ制度は例外で、8日か20日間以内なら契約を解約できます。

そこで「クーリングオフ制度」でなんの痛みも伴わずWiMAXを解約できるのか?について調べてみました。

 

WiMAX契約はクーリングオフできるの?

 

できません。

 

残念・・・。WiMAX契約はクーリングオフ対象外の契約形態のようです。

業界最高額のキャッシュバック出してるWiMAXプロバイダ「GMOとくとくBB」さんの公式サイト掲載文を載せておきます。

WiMAX本家運営のUQWiMAXさんはみつからず。まぁでも対象外の契約形態なので仕方ないですね。

ちなみにクーリングオフが使える契約形態はこんな感じ。

  • 訪問販売
  • 電話勧誘販売
  • 連鎖販売取引
  • 特定継続的役務提供
  • 業務提供誘引販売取引
  • 訪問購入

訪問されてないし、電話勧誘でも連鎖販売取引(ねずみ講)でもない。

「訪問購入」はこっちから店に訪問して購入してるなら適用される?と都合よく受け取ったんですが全然別物でした(汗)。業者が自宅にやってきて貴金属などを買取していくパターンのことです。

要は悪徳セールス的な契約方法の場合しかダメってことですね。

となると、自分の意志でWiMAX契約したんだから、更新月以外で解約したら違約金かかるのはしかたないでしょう。

家電量販店で店員の口車に載せられて契約してしまった場合できそうな気がしてしまいますけど、どのみち上の契約形態には入ってなさそうです。

 

やっぱダメなのね・・・

と思ってたんですが、「WiMAX クーリングオフ」と検索してみたらいろんなWiMAX関連ブログで”できる・できない”と紹介されてました。

「えっ、できるの?」って感じですわ。

ただ読ませてもらうとクーリングオフはやっぱ無理。なんですが、「初期契約解除制度」ってのが新しく始まっててそれなら解約できるらしい。

初期契約解除制度ってどんなもの?

一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度(総務省PDFより抜粋)

ケータイショップなどで不要なオプションを強引に付けさせる、など今でも耳にする悪質な契約方法がでてきたので登場した制度のようです。内容的に通信サービス版クーリングオフ制度って感じです。

でもこれ、WiMAXプロバイダの意志は無視してこっちの都合だけで解約できちゃうんですね(汗)。「WiMAXのちっちゃい”i”が気に入らん!」みたいな理由でも解約できるのでなかなかパワーのある制度です。

ちなみに初期契約解除制度でWiMAXを解約すると、違約金はかかりませんが端末などの送料や事務手数料がかかるようです。まぁでも違約金19000円取られるくらいなら安いもんでしょう。

 

初期契約解除制度を使うには、はがきや書面をWiMAXプロバイダ側へ送付するだけ。ただ届いてないとか言われたら面倒なので、簡易書留など追跡できる方法で送付しましょう。

 

ちなみにUQ本家には「初期契約解除制度」について掲載されていました。興味ある方はPDF資料を読んでみて下さい。

UQ公式⇒http://www.uqwimax.jp/signup/term/files/uqc_agreement.pdf

 

 

ほか、WiMAXプロバイダでは独自の無償解約制度を取り入れているところもあります。

WiMAXプロバイダの無償解約サービス

「GMOとくとくBB」だと、条件を満たしていれば20日以内なら違約金なしで解約できる制度があります。

「BroadWiMAX」は初期契約解除制度よりちょっと長めで12日以内の解約がOKです。

 

 

というわけで、WiMAX解約にクーリングオフ制度は使えませんが、代わりに初期契約解除制度っていうほぼ同じ内容の仕組みがありました。

WiMAX契約したはいいけど「全然繋がらない」「めっちゃ遅い」など使い物にならない場合、まず契約したWiMAXプロバイダのサポートセンターへ問い合わせてみて下さい。

問い合わせ先⇒WiMAXプロバイダの問い合わせ先一覧

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

WX03(携帯型)
WX03キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断

 
管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由