WiMAX2+のキャリアアグリゲーションって何?

WiMAX2+とキャリアインテグレーション

上の画像が意味不明に思えるかもしれませんが、波です。わかっとるわ!とツッコまれそうですね。でも「キャリアアグリゲーション」には波が関係しているのでご了承下さい。

先日、WiMAX2+回線が使える機種の「Speed Wi-Fi NEXT W03」について調べていたら見かけたフレーズ「キャリアアグリゲーション」。

私くらいの年代だと「鈴木亜久里のキャリアがどうこう?」みたいなアホなイメージが思い浮かびましたが、当然本来の意味にはカスリもしていません。

話を戻して、「Speed Wi-Fi NEXT W03」は下り最大370Mbpsっていうかなり速い回線速度がウリの機種。今までは220Mbpsが最速だったんですけど、1.5倍以上速くなっています。それを実現させてるのが「キャリアアグリゲーション」らしい。UQコミュニケーションズ公式サイトではこう書かれてました。

UQ初となるWiMAX 2+とau 4G LTEとのキャリアアグリゲーションにより、下り最大370Mbpsの高速通信を実現

UQ初キャリアアグリゲーションなんですね。初ものってなんかええわ~。エロい意味でなく。

そこで、キャリアアグリゲーションとはどんなものなのか真摯な気持ちで調べてみました。

WiMAX2+「W03」で初対応の「キャリアアグリゲーション」とはどんなもの?

キャリアアグリゲーションとは

「2つの違う周波数を足して最高速度を合計値にする技術」

とのこと。

ええっ?周波数ってそんな簡単に足したりできるの!?と思ったんですが、周波数って波ですもんね。津波が湾内に入ってきたらどんどん高さ増していく、みたいなものでしょうか。

関連記事
WiMAXの周波数って何?

「アグリゲーション」は集合って意味があります。そして周波数集めて足すのは機種側でやってるみたいですよ。

ただ”力業”とも言われてるらしい。

でもこんなことできるなら、使える周波数帯が増えればどんどん合体させればいいんじゃないの?と思っちゃうんですが、ドコモやソフトバンクなどの回線は使わせてもらえないでしょうね。ライバルだし。でも全部合体させられたら光回線より余裕で速そう。

W03がキャリアアグリゲーションでくっつけている周波数

初搭載されたW03でのキャリアアグリゲーションで合体させてる周波数は「WiMAX2+」と「au 4G LTE」の回線2つ。

「WiMAX2+」だけが使える端末が下り最大220Mbpsってあるから、「au 4G LTE」は150Mbpsってことになるわけですね。
※WiMAX2+の220Mbpsってのも110Mbps×2のキャリアアグリゲーションしてるらしい。

ただWiMAX2+端末で「au 4G LTE」使おうと思ったら、月額約1000円のオプションつけないとダメなんですよね~。そうなると必要ないかな?って感じです。

まぁ私が住んでるところではどうせ370Mbpsとかでないでしょうし、最大220Mbpsで十分。って言っても220Mbpsもでないんだろうけど(汗)。

まとめ

WiMAXのキャリアアグリゲーションについて調べてみました。

キャリアアグリゲーションとは、2つ以上の回線・電波・周波数をくっつけて速くする技術ってことでした。大気中を飛び交っているWiMAXの電波は振動=波なので、合体させると元の情報がどうにかなりそうな気もするんですけどね。でもそうならないらしい。

この先さらにモバイル回線の速度は速くなっていくでしょうし、とりあえずキャリアアグリゲーションでくっつけられるだけくっつけて、あとはデータ送信技術面でどうにかやって更に速くしていくんでしょう。

はやく光回線超えしてくれないかと心待ちにしております。

WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダは?

BroadWiMAXを選んだ3つの理由

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加