高額キャッシュバック&振込の早さで他社を圧倒!@nifty WiMAX

WiMAX2+で初らしいキャリアアグリゲーションって何?

WiMAX2+とキャリアインテグレーション

先日、WiMAX2+回線が使える機種としては今のところ一番新しい「Speed Wi-Fi NEXT W03」について調べてたら見かけたフレーズ「キャリアアグリゲーション」。

「Speed Wi-Fi NEXT W03」は下り最大370Mbpsっていうかなり速い回線速度がウリの機種。今までは220Mbpsが最速(のはず)みたいでしたけど、1.5倍以上速くなってます。それを実現させてるのが「キャリアアグリゲーション」らしい。UQコミュニケーションズ公式サイトではこう書かれてました。

UQ初となるWiMAX 2+とau 4G LTEとのキャリアアグリゲーションにより、下り最大370Mbpsの高速通信を実現

UQ初なんですね。初ものってなんかええわ~。だいぶこの機種に気持ちが傾きました。

そこで、キャリアアグリゲーションとはどんなものなのか調べてみました。

WiMAX2+で初となった「キャリアアグリゲーション」とはどんなもの?

「2つの違う周波数を足して最高速度を合計値にする技術」

とのこと。

ええっ?周波数ってそんな簡単に足したりできるの!?と思ったんですが、周波数って波ですもんね。津波が湾内に入ってきたらどんどん高さ増していく、みたいなものでしょうか。

関連記事:WiMAXの周波数って何?

「アグリゲーション」は集合って意味があります。そして周波数集めて足すのは機種側でやってるみたいですよ。ただ”力業”とも言われてるらしい。でもこんなことできるなら、使える周波数帯が増えればどんどん合体させればいいんじゃないの?と思っちゃうんですが、ドコモやソフトバンクなどの回線は使わせてもらえないでしょうね。ライバルだし。でも全部合体させられたら光回線より余裕で速そう。

で、WiMAX端末、というかW03でのキャリアアグリゲーションで合体させてる周波数は「WiMAX2+」と「au 4G LTE」の2つ。「WiMAX2+」だけが使える端末が下り最大220Mbpsってあるから、「au 4G LTE」は150Mbpsってことになるわけですね。
※WiMAX2+の220Mbpsってのも110Mbps×2のキャリアアグリゲーションしてるらしい。

ただWiMAX2+端末で「au 4G LTE」使おうと思ったら、月額約1000円のオプションつけないとダメなんですよね~。そうなると必要ないかな?って感じです。

どうせ370Mbpsとかでないでしょうし、最大220Mbpsで十分。って言っても220Mbpsもでないんだろうけど(汗)。


WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

携帯型「W04」⇒「W04」キャンペーン比較
設置型「L01」⇒「L01」キャンペーン比較
管理人愛用中⇒「WX03」キャンペーン比較


WiMAX2+プロバイダ 一番お得なのは?

安心して使いたい人向け⇒WiMAX2満足度ランキング ベスト5
安く使いたい人向け⇒WiMAXキャッシュバック比較 一番安くなるプロバイダは?
管理人はここにしました⇒ブロードワイマックスを選んだ3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.