WiMAXとLTEの違いは何?

このブログを開設してからの数日間、WiMAXについて多少調べてきたこともあり、WiMAXとLTEが違うんだなってことはわかります。ただみなさまにおかれましても、字が違うだけレベルから、仕事として関わっている技術者レベルまで様々だと思います。私さまの場合はまだ字が違うレベルを脱したあたり。たいしたことありません。みんなとおん~なじ!(by佐久間一行)

というわけで、WiMAXとLTEの違いについてきちんとまとめてみようと思います。それぞれについては過去記事で多少とりあげているのでご参照ください。

過去記事1→WiMAXとWi-Fiの違い

過去記事2→LTEについて

で、WiMAXとLTEの違いって何なのか?

ズバリ、音声通話に対応してるかしてないか、という結論になりました。

今はWiMAX2+ってのがあり、「+」はLTEにも対応してますよ~っていう意味の贅沢品なので置いときます。そして今の主流はWiMAXでなくWiMAX2。1は2018年サービス終了らしい。というわけで2とLTEを比較します。

で、WiMAX2とLTEの回線は同じようなものみたいです。3Gとか4G回線って聞いたことありますか?docomoなら「Xi(クロッシィ)」とか呼ばれる回線です。そして LTE=4G回線のこと。でもWiMAXも4G回線のようなので同じです。

ただ、WiMAX2の方が回線速度が速くなっています(今年夏にドコモが更に早い回線どうこうって言ってたので今はわかりませんが・・・)。その理由として、WiMAX2はデータ通信だけに特化してるから。対してLTEは音声通話も考慮した回線となっています。

両方同じような回線なのでWiMAX2だって音声通信できるはずですが、求められる品質の違いが理由のようです。

たとえばネットでウェブサイトみたりメール送受信するだけなら多少遅くなっても問題はないはず。ただ通話だと常に安定したデータ送受信してくれないと声がとぎれとぎれになったりしてしまいます。そんな状態ではとても通話できません。そういった面で品質を維持するためにLTEの方が低速になってしまうみたいです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダは?

BroadWiMAXを選んだ3つの理由

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加