WX03がWiMAX端末でイチオシ!その理由は?

WiMAXブログを開設してから、いろんなWiMAX機種を使ってきました。使ってみたのは次の5モデル。購入順です。

  1. WX03
  2. W03
  3. novas Home+CA
  4. W04
  5. Speed Wi-Fi HOME L01

とりあえず最新機種は全部試してきました。

で、この中で一番おすすめと言えるのが「WX03」。

なんでなのか?

それぞれのWiMAXルーターのレビューを紹介しつつ「WX03」の良さを語っていきたいと思います。

ちなみに私の環境、WiMAXプロバイダ、使い方はこんな感じ↓

  • WiMAX基地局からの距離は1kmほど
  • BroadWiMAXを契約中
  • 99%自宅で利用

自宅利用が多めな人には役立つんじゃないかと思います。

実際使ってみた最新WiMAX端末をレビュー

1.NECプラットフォームズ製「WX03」のレビュー

下り最大440Mbpsで現行モデル最速。でも最大速度なんて間違いなくでませんからね(汗)。あまり気にしてても仕方ないです。

そんなことより、「WX03」はWiMAX電波をしっかりキャッチしてくれる拡張アンテナ搭載の専用クレードルが目的で買いました。速度うんぬんよりまず電波掴んでくれないと話になりません。

で、その目的はしっかり達成できました。アンテナはほとんどフルで立ってます。

あと、サイズが今回紹介する中で一番小さくて軽いので、携帯性が最も高い端末。回線速度も携帯性も大満足。室内でも外でも最強だと思ってます。

2.ファーウェイ製「W03」のレビュー

下り最大370Mbpsの最新機種「W04」の一個前モデル。WiMAX2+回線とau 4G LTE回線が使えるので最悪WiMAXがダメでも使えるってのがメリット。

WiMAX2+だけの場合「WX03」の方が速かったです。au 4G LTE回線使うと「W03」が上。

でもau 4G LTE回線はタダで使えません(月1000円くらい上乗せ)。ほかに、せっかくデータ使い放題プランを契約しても、au 4G LTEは7GB以上使うと速度制限にひっかかってしまいます。使い放題がいいからWiMAXを契約してるので「ないわ~」って感じですね。

3.シンセイコーポレーション製「novas Home+CA」のレビュー

下り最大220Mbpsと他の機種に少し劣ってます。またホームルーターなので外出先では使えません。アダプタごと持ち運んでコンセントさえあれば使えるけど・・・。

で、家で使うための端末ってことでWiMAX電波受信能力を期待して買ったんですが、見事に裏切ってくれました(汗)。アンテナが2、3本しか立たず、速度も激遅っていう・・・。我が家では「WX03」が20Mbps以上&アンテナ5本なのに対し、「novas Home+CA」は10Mbps以下でした。こらこら、お前さんの存在価値ないやん?って感じですね。

ホームルーターがモバイルルーターに負けてるようではお話になりません。

4.ファーウェイ製「W04」のレビュー

下り最大440Mbpsで「WX03」と同じレベル。そして「W03」の最新バージョンなのでau 4G LTE回線も使えます。

一見すると最強端末。でもau 4G LTE回線は「W03」のレビューで書いたとおり、お金はかかるわ容量による速度制限はあるわで使い勝手はいまいちなんですよね(汗)。せめて7GB制限さえなければアリなんですが・・・。WiMAX2+回線だけなら「WX03」の方が上でした。

デザインおもろいなーってことでけっこう好きですけど、速度は「WX03」よりちょい遅めでしたし、本体サイズが大きくて重いのが残念ポイント。

「WX03」に比べると劣ってるかな、ってのが正直な感想です。結構期待してただけに残念でした。

モバイルWi-Fiルーターの週間売上ランキングでも「W03」のときほど売れてないんですよね・・・。これからのWiMAXプロバイダ側の売り込み方次第ですけど、最新機種にしては静かな売れ行きです。

※2017年6月から最大590Mbpsにアップしました。ただ東名阪の一部エリアだけ対応するのみ。ほとんどの人はその恩恵を受けられないでしょう。

5.ファーウェイ製「L01」のレビュー

見た目いいんですよねー、これ。一目惚れして購入。インテリアにこだわりある人はこれでいいと思います。数あるWi-Fiルーターの中で一番オシャレなんじゃないかと。

ホームルーターなので自宅専用ですが、下り最大速度は440Mbpsと「W04」「WX03」と同じ。同時に繋げる端末数も40台なので、たくさん繋ぐ人がいる状況でなら最強です。

そして「W04」と同じファーウェイ製なのでau 4G LTE回線にも対応。同じホームルーターの「novas Home+CA」の倍以上速かったので、家でしかインターネットしない人はこれもいいですね。

ただ私の環境下ではアンテナは2~4本だけだったので、「WX03」のほうが速度も速くて安定してます。

というわけで!

あくまで私の家で使ったときって前置きは付きますけど

イチオシは「WX03」

となります。専用クレードルは忘れず買うべし!

WiMAX新機種で3万得する最安プロバイダはココ!

W04(携帯用)
W04キャンペーン比較
WX03(携帯用)
WX03キャンペーン比較
L01(自宅用)
L01キャンペーン比較

管理人はここで契約しました(安心&安さ重視で)
BroadWiMAXを選んだ3つの理由

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 通りすがり より:

    誤解されているかもしれないので念のため

    >せっかくデータ使い放題プランを契約しても、au 4G LTEは7GBまでって
    >決まってるので結局速度制限にひっかかってしまいます。

    まず、au4GLTEは7GBまで。ではありません。HS+Aモードでの月間容量制限が7GBまでです。
    HuaweiのLTE搭載機は、LTE専用モードと言うものが存在しないため、HS+Aモードでしか利用できません。
    HS+Aモードは、WiMAX2+とau4GLTEの自動切り替えモードでWiMAX2+優先です。従って意図的にau4GLTEを選ぶことは出来ません。

    次に、速度制限の話になりますが、使い放題プランの場合で、HS+Aモードの月間容量制限値を超えた場合は、HSモードも巻き込んでの速度制限になりますが、
    逆に言うと、HS+Aモードで月間容量制限値を超えない場合は、HSモードは使い放題のままです。
    極論を言うと、HS+Aモードで6.99GBで止めて、以降一切HS+Aモードにせず、HSモードで月末まで使えば使い放題になります。

    「HS+Aモードを一度でも使って1パケットでも流すと1005円(税別)が請求」は正しいですが、
    「HS+Aモードを一度でも使って1パケットでも流すとHSモードを巻き込んで7GB制限」ではありません。

    この辺の事を誤解している人が非常に多いので念のため書かせて頂きました。

    ※au契約の場合、モバイルルーターの固定代替契約の場合は「12GB」、ホームルーターの固定代替契約でfor HOMEの場合は「30GB」と読み替えて下さい。

    • わ~いマックス より:

      >au 4G LTEは7GBまで
      思いっきり誤解を招く表記ですね(汗)
      早速修正しました。
      ご指摘ありがとうございます!

      >※au契約の場合、モバイルルーターの固定代替契約の場合は「12GB」、ホームルーターの固定代替契約でfor HOMEの場合は「30GB」と読み替えて下さい。
      固定代替契約なんてものがあるんですね。
      聞いたこともありませんでした。
      情報ありがとうございます!
      また調べてみます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.