2018年7月 モバイル・ホームルーター売上ランキング 上位機種は前月順位をキープ

2018年7月度のモバイルルーターランキング トップ画像

2018年7月の月間モバイルルーター・ホームルーターの売上ランキングを紹介していきます。

Wi-Fiルーター購入前に要チェック!

この月の注目ポイント

  • 首位キープのAirターミナル3
  • モバイルルーター一番人気W05
  • 国内外で使えるモバイルルーター2機種

などを中心に注目機種を紹介していきます。

月間モバイルWi-Fiルーター売上ランキング

集計期間:2018年7月1日~31日(BCN調べ)

1~20位

順位機種名型番メーカー対応回線
1Airターミナル3Airターミナル3ソフトバンクソフトバンク
2W05HWD36ファーウェイau
WiMAX
3WX04NAD34NEC
プラットフォームズ
au
WiMAX
4L01sHWS32ファーウェイau
WiMAX
5603HW603HWファーウェイワイモバイル
6Mobile WiFiE5577ファーウェイフリー
7Aterm MP01LNPA-
MP01LN
NEC
プラットフォームズ
フリー
8W04HWD35ファーウェイau
WiMAX
9Aterm MR05LNPA-
MR05LN
NEC
プラットフォームズ
フリー
10Aterm HT100LNPA-
HT100LN
NEC
プラットフォームズ
フリー
11AC785AC785-
100JPS
NETGEARフリー
12601ZT601ZTZTEワイモバイル
13N-01JN-01JNEC
プラットフォームズ
ドコモ
14WX03NAD33NEC
プラットフォームズ
WiMAX
15Conte LTE対応
USBドングル
PIX-MT100ピクセラフリー
16freetel ARIA 2FTJ162A-
ARIA2
MAYA SYSTEMフリー
17L01HWS31ファーウェイau/WiMAX
18+F FS030WFS030WMB1富士ソフトフリー
19502HW502HWファーウェイワイモバイル
20W03HWD34ファーウェイau/WiMAX

注目の機種をピックアップ!

1位 Airターミナル3(SoftBank)

SoftBankAirのAirターミナル3画像

毎月この売上げランキングをまとめてるんですが、そろそろAirターミナル3を紹介するのも飽きてきた(汗)

2017年夏頃からほぼずっと1位キープしてます、この機種。

スペックはWiMAXのホームルーターに劣るものの、ダウンロード速度は最大350Mbpsと十分なレベル。

2018年内にSoftBank回線の最大速度が700Mbps以上にアップするらしいんですが、このスペックでは対応できないので意味なし。

今年の年末で丸2年新機種出してないので、最大速度に対応したニューモデル「Airターミナル4」を出してきそうな気もしますが果たして?!

発売されればWiMAXの強力なライバルになるので出さなくていいです(笑)

Airターミナル3を契約する人のほとんどは、SoftBankスマホとのセット割引に魅力を感じてるはず。

SoftBankとそのサブブランドY!mobileユーザーはいいんですが、それ以外はWiMAXホームルーター「L01s」をおすすめします。

 

2位 Speed Wi-Fi NEXT W05(WiMAX)

W05 ブラックライム、ホワイトシルバー

年間売上ナンバーワン間違いなしのWiMAX最新機種「W05」。

画像のとおりブラック×ライムとホワイト×シルバーの2色展開しています。

現在WiMAX最強機種がこれで、下り最大758Mbpsに対応と圧倒的。

上り回線速度も最大100Mbpsオーバーと他機種とは比較にならないスペックです。

2018年内にはauが900Mbps台に速度アップするらしいので、それに対応してくるのは間違いないでしょう。

あくまで理論上そこまでなら出せるよ?っていう非現実的な速度ですが、光回線に匹敵するレベルになるのはスゴイことです。

ほかにもW05専用クレードルにセットするだけで最大出力モードに切り替えてくれる新機能搭載など魅力もいっぱい。

我が家で全機種速度計測した結果も最速でしたし、いまからWiMAX契約するならW05をおすすめします。

スペック詳細、他機種との比較結果はこちらで書いてます。
W05を徹底調査!何がスゴイ?

 

3位 Speed Wi-Fi NEXT WX04(WiMAX)

WX04 2色本体のみ画像

W05が出るまでは我が家でも最強機種でした。

W05の2ヶ月前に発売された機種なのでスペック的に劣るのは仕方ないんですが、下り最大440Mbpsまでしか出ないのは残念感あり。

性能で選ぶ人はW05が最適です。

ただWX04最大の魅力は専用クレードルの特殊機能にあります。

wx04クレードルの拡張アンテナ画像

この画像の緑丸部分についている拡張アンテナこそがWX04の強みです。

クレードルはコンセント直結じゃないと効果を発揮しないので外出先でってわけにはいきませんが、家で使うことが多い人はこれのためにWX04を選んでも後悔しないでしょう。

クレードルにセットすることのメリットは、WiMAX電波の受信能力アップ、Wi-Fi電波の効率的な送信にあり。

WiMAX電波の受信能力は、4位で取り上げているWiMAXホームルータータイプのL01sのほうが強力に思えるんですが、実際使ってみるとこちらのほうが上。

WiMAXプロバイダで自宅の対応状況をチェックした結果、「対応エリアギリギリ」「ちょっと難しいかも?」と感じてる人はWX04+クレードルセットをおすすめします。

なおクレードルは別売で3500円くらいするので注意してくださいね。

 

4位 Speed Wi-Fi HOME L01s(WiMAX)

Speed Wi-Fi HOME L01sの裏表デザイン

今年1月に発売されてから5月まで2位をキープし圧倒的人気だったWiMAXホームルーターがこれ。

ホームルーターが売れる新生活シーズンを過ぎモバイルルータータイプのW05やWX04に負けていますが、いまでも好調なセールスを記録しています。

下り最大速度は440Mbpsといまではパッとしない数字ながら、同時接続台数は最大42台と圧倒的。
(モバイルタイプは10台くらい)

クラスに一台設置してくれたらみんながスマホをネットに繋げられるレベルです。

といっても一般家庭でそんなに接続する機会はないんですけどね。

ただホームルーターの強みはもう1つあり、Wi-Fi出力が強いこと。

モバイルタイプのバッテリーによる電力供給に比べ、コンセントから直接電源を受けているだけに電波を強くできます。

マンションのワンフロアくらいなら、L01s一台でカバーできるはず。

光回線のように導入時の工事もありませんし、電源以外はコードなしなので部屋をスッキリさせることもできます。

WiMAX対応エリアにしっかり入っていることは前提ですが、一人暮らし、二人暮らしくらいならこれで十分と言えます。

 

8位 Speed Wi-Fi NEXT W04(WiMAX)

Speed Wi-Fi NEXT W04(HWD35) 本体画像

スマホみたいな縦型デザインが好きな人はこれになりますが、新機種「W05」が発売されているのであえてW04を選ぶ理由はありません。

ただ一世代前の機種ながら最大速度にも対応しているので、安く契約したいならこれがおすすめ。

なんですが、取り扱うWiMAXプロバイダもここ1・2ヶ月でガクッと減り、安いところを選びにくくなりました。

そんな中で注目プロバイダがあります。

8月はGMOとくとくBBが過去最高(たぶん)のキャッシュバック金額を出してきました。

在庫処分の意味合いもあるんですが、旧機種とはいえW05とスペックはほぼ一緒ですし、実際両方使い比べてみても差を感じられません。

大きな違いはSIMカードがmicroSIMサイズなことくらい。

中古で最新機種(nanoサイズのSIMカード)を買って使いまわすことができないので、買い替え時は中古のいち世代古い機種を買うか、乗り換え・機種変更契約することになります。

そんな程度なら目をつぶっても問題ないくらいキャッシュバック額が高いので、8月にW04契約はアリ!です。

高額キャッシュバックはこちら
GMOとくとくBB WiMAX2+

 

12位 601ZT(Y!mobile)

Pocket WiFi 601ZT本体カラー

Y!mobileで2番人気の機種がこれ。

スペックは5位にランクインした1番人気モデル「603HW」に劣りますが、可愛らしいデザインとコンパクトさが好評で12位にランクインしています。

この機種はスペックも必要最低限と低めですし、見た目で選ぶ人向けですね。

だからといって快適に使えないわけじゃないので、デザインが気に入ったならこれがおすすめ。

 

13位 N-01J(docomo)

Wi-Fi STATION N-01J本体画像

ドコモ最強機種&一番人気がこのN-01Jで、下り最大788Mbpsはモバイルルーターの中でも最高速を誇ります。

発売されてから1年半ほど経っているので、そろそろ新しい機種を発売しないのかな?と思いますが、それらしき動きは見られず。

ただ年内に下り最大900Mbps後半まで速度アップするらしいので、それに合わせてなにか投入してくれたらいいですね。

発売されなかったらN-01Jが最高速に対応してくるんでしょう。

ちなみに、これからモバイルルーターを契約しようとしているなら、たとえドコモユーザーでもドコモ機種はおすすめしません。

スマホの通信量制限に引っかかるから月間3GBくらい余分に使えればいいって人なら問題ありませんが、データ使い放題プランがないんですよね。

WiMAXやY!mobileはあるのに。
(スマモバっていうMVNOにはドコモ回線利用の無制限プランありますが、格安SIMなので速度は厳しいでしょう)

なのでドコモのモバイルルーターを選ぶなら他社を選びましょう。

 

21位以下の注目機種

21位 GWiFiルーター G3000(フリー)

gwifi-g3000本体

G3000は日本を含め世界100カ国ほどで使える旅行好きや海外出張が多いビジネスマンにピッタリのルーターです。

フリーといってもクラウドSIMという変わったタイプのモバイルルーターで、キャリアや格安SIMなどのSIMカードをゲットして挿入する必要がありません。

勝手に現地に適した回線を使えるように、管理業者側でコントロールしてくれます。

使うときにお金を払うタイプなので、機種本体を眠らせていても余計なコストもかかりません。

そのかわり本体代は2万くらいと結構高めなんですけどね。

一度ゲットしてしまえば維持管理は気楽ですし、使い勝手はいいのでは?と思います。

使ったことないので詳しくは知りませんが(汗)

 

28位 701UC(Y!mobile)

Pocket WiFi 701UC本体デザイン

Y!mobieから発売されている、21位ランクインしたG3000と似たようなサービスのモバイルルーターがこれ。

ただ701UCは毎月3980円~の月額料金がかかりますし、海外利用ではまた別にお金取られます。

国内利用時にY!mobile対応エリアで使えるのは快適かもしれませんが、海外メインで使いたい人はG3000がおすすめですね。

逆にたまに海外・ほとんど国内で使うって人はこれもあり。

とはいえスペックはかなり低めなので、国内利用メインなら順位がもっと上の機種から選んだほうがいいです。

こういう変わった機種、WiMAXでも出して欲しいものです。

 

まとめ

月間モバイル・ホームルーター売上ランキングの紹介と、注目機種をピックアップして特徴を解説しました。

人気上位をWiMAXが占めているのはいつものこと。

この中でモバイルWi-Fiルーターを契約するならWiMAXがイチ推しです。

ホームルーターを契約するならWiMAXかSoftBankの二択。

au・docomoスマホユーザーならWiMAXのL01s、SoftBank・Y!mobileスマホを使っているならホームルーター「Airターミナル3」がスマホ割引もあって魅力的です。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由