2019年9月の月間Wi-Fiルーター売上ランキング WiMAX旧モデルW05が2位にランクイン!

2019/9Wi-Fiルーターランキング トップ画像

BCNが後悔している2019年9月の月間Wi-Fiルーターの販売台数データをもとにランキングを作りました。

どれにするか決めかねている方は参考にしてください。

月間モバイルWi-Fiルーター売上ランキング

集計期間:2019年9月(BCN調べ)

 順位機種名メーカー対応回線
1Airターミナル4ソフトバンクソフトバンク
2W05ファーウェイau/WiMAX
3W06ファーウェイau/WiMAX
4WX05NECプラットフォームズau/WiMAX
5WiMAX HOME 01NECプラットフォームズau/WiMAX
6L02ファーウェイau/WiMAX
7Aterm HT100LNNECプラットフォームズフリー
8AC785NETGEARフリー
9801HWファーウェイワイモバイル
10E5577ファーウェイフリー
11603HWファーウェイワイモバイル
12Aterm MP01LNNECプラットフォームズフリー
13PIX-MT100ピクセラフリー
14L01sファーウェイau/WiMAX
15WX04NECプラットフォームズau/WiMAX
16Aterm MR05LNNECプラットフォームズフリー
17WiMAX HOME 01NECプラットフォームズau/WiMAX
18FS030W富士ソフトフリー
19601ZTZTEワイモバイル
20803ZTZTEワイモバイル

今買うならこのモデル!

注目機種をピックアップして紹介!

注目モデル

1位 Airターミナル4(ソフトバンクホームルーター)

ソフトバンク Airターミナル4

発売翌月から首位独走中のAirターミナル4が安定の1位キープ。

ソフトバンクかワイモバイル(同じ回線を使ってる)の携帯電話ユーザーが、自宅用のインターネット回線を考えているならこれにしておきましょう。

同じ電波を使ってるので繋がるかどうかは保証されているようなもの。

またセット契約なら割引もあるので。

料金の安さも選ぶ時の大事な要素ですし、これよりもっと安く使えるものもありますが、光回線(約5000円)より安い料金で使えるなら及第点です。

2019年10月からスマホは解約しやすくなってきましたが、ネット回線はまだまだ高額な違約金が請求される業界。

安さで選んで激遅回線では後悔しか生まれません。

ってことでソフトバンク・ワイモバイルユーザーならAirターミナル4を選びましょう。

ちなみに、Airターミナル4のスペックは業界トップではない物のトップに近い性能なので問題ありません。

最大速度はほぼ1Gbpsで、同時接続台数も60台くらいまでOKです。

 

2位 W05(WiMAXモバイルルーター)

2019/9 W05+クレードル

9月度は旧機種のW05が2位にランクインしてきました。

これはおそらく、一番人気があるGMOとくとくBBというプロバイダでクレードルセットでキャッシュバック32050円になっていたからだと思われます。

いままでは本体だけとクレードルセットのキャッシュバック金額が別設定で、セットは3000円ほど少なくなっていたんですよね。

そして10月もセットでさらに銀額アップしています。

9月よりお得度がアップしているので、10月度も2位にランクインする可能性が高そう。

いま狙い目モデルはこれです。
(GMOとくとくBBで契約する場合のみ)

キャッシュバック金額はこちらでご確認ください
⇒GMOとくとくBB

なお一世代前モデルながら、スペック面は下り最大758Mbps、連続接続時間約9時間などモバイルルーターでも上位に入る性能があります。

 

3位 W06(WiMAXモバイルルーター)

WiMAX W06の本体カラー2色

現在のWiMAX最速モデルが3位にランクイン。

W05のお得度に負けたようです。

GMOとくとくBBでは9月のW06キャッシュバック額がW05+クレードルと一緒だったため、だいぶ流れたんだと予想されます。

個人的にデザインはW05のほうがオシャレでカッコいいと思います。

またW06ga最速モデルといえど、最速に対応するエリアが少ないのでその恩恵を受けられる人は半分以下でしょう。
(私もそうです)

その人たちはW06を選んでもW05とほぼ同じ環境、速度でしか使えないので、こちらをを選ぶメリットがなかったりします。

よって最大速度対応エリア「東京・埼玉・宮城・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡の一部」在住の人はこれで、そうじゃないならW05でも問題ありません。

見た目の好みで選んでしまいましょう。

 

4位 WX05(WiMAXモバイルルーター)

2019/9 WX05+クレードル

前月もその前も4位だったWiMAXルーター「WX05」が9月も同順位をキープ。

購入してから半年ほど我が家ではレギュラー機として活躍してくれました。
(いまはバッテリーを休ませるためHOME01を使用中)

1つ前のWX04は初期不良などでネット上での評判はかなり悪かったのですが、WX05は安定して使えています。

メーカーさんもしっかり対応してくれたようです。

スペック的には後発の3位「W06」に負けていますが、WiMAXハイパワー機能搭載で電波の安定性ではこちらが有利。

WiMAXはワイヤレス回線でもともと安定感にかけるため、個人的にはWX05をおすすめします。

インターネットを快適に使うためには安定感こそ大事です。

なお、専用の台座(クレードル)は契約時にセット購入してください。

電波受信力を強化する機能がついているため、より安定性がアップします。

 

5位 WiMAX HOME 01(WiMAXホームルーター)

2019/9 HOME01

安定感重視のホームルーター「WiMAX HOME 01」が初の5位にランクイン!

いままでこの月6位のL02より上になったことはありませんでした、ついに順位が入れ替わりました。

とくにHOME01だけの割引特典を提供している業者もみつからなかったため、純粋にこちらを選ぶ人が多かったようです。

現在、我が家のレギュラー機として活躍してくれているモデルでもあります。

なんだか認められた感があって個人的にも嬉しいですね。

4位のWX05と同じNECプラットフォームズ製ルーターのため、安定感を向上させる「WiMAXハイパワー機能」をこちらも標準装備。

コンセントからの電源供給によるパワフルさによって、バッテリー駆動のWX05より安定感では上と言えます。

両方使ってみて体感的に大きな違いを感じませんでしたが、安定性を重視するならHOME01にしておきましょう。

なお、WiMAX運営元のUQ版と、auショップで契約できるau版が発売されていますが、端末に違いはありません。

auショップのほうが料金高めなので、UQ版を契約しましょう。

auスマホユーザーだとショップ契約ならセット割引あってお得に感じるかもしれませんが、どちらで契約しても「auスマートバリューmine」という割引プランがちゃんとあります。

 

6位 L02(WiMAXホームルーター)

2019/9 Speed Wi-Fi HOME L02

ずっと5位をキープしてきたL02が初めて6位に転落しました。

WiMAX以外のホームルーターを含め、現行モデルで最強スペック(下り最大1Gbps)ですが、本体性能が高くても基地局側が対応していなければ使えません。

最大速度に対応しているエリアが、東京・愛知・大阪など主要都市部8地域だけなのがマイナスポイント。

大都市エリアに住んでいる人以外はHOME01をおすすめします。

ただ対応エリア内だったとしても、その中でさらに一部エリアに限定されるため、私としてはどこに住んでいてもHOME01を推します。

 

7位 Aterm HT100LN(SIMフリーホームルーター)

Aterm HT100LN本体デザイン

前月も7位で順位キープしたNECプラットフォームズ製SIMフリーホームルーター「HT100LN」。

格安SIM利用で安く自宅にWi-Fi環境を手に入れるならこのモデルがおすすめです。

格安SIM業者(MVNO)でセット販売していることも多く、契約しやすいのもメリット。

電気屋や通販で端末を買うと1万円以上するので、MVNOなら分割払い購入できること、最初から設定が済んでいることを考えるとセット購入がお手軽です。

スペック詳細やおすすめMVNOについてはこちらの記事で解説しています
HT100LNの詳細まとめ

 

 

 

9位 801HW(Y!mobileモバイルルーター)

ワイモバイル Pocket WiFi 801HW

ワイモバイル最速モデル「803ZT」が20位と振るわないのに対し、ほぼ同性能の801HWが9位にランクインしました。

前月8位からワンランクダウンしたものの、好調な売れ行きを見せています。

個人的に見た目も803ZTのほうがいいと思いますが、こちらは端末代が2万円ほどかかってしまうのが大きなデメリット。

対して801HWは端末代0円。

それなら当然801HWを選ぶでしょう。

ワイモバイルとソフトバンクは同じ回線を使い型番が違うだけの同じ端末を扱っていますが、801HWはワイモバイルだけのモデルです。

またソフトバンクのモバイルルーターでは使い放題プランが選べないため、ワイモバイル・ソフトバンクスマホユーザーがモバイルルーターを契約するならこれがおすすめです。

 

ランキング下位の注目モデルをピックアップ!

27位 G3s(クラウドSIMモバイルルーター)

209/8 G3s本体

ここ2・3年で急増してきた海外対応Wi-Fiルーターの中で最上位にランクインしたのが「G3s」。

1台で国内外に対応するため、年に何度も海外へ行く人はこの端末はおすすめです。

年に1・2回くらいなら、グローバルWiFiやイモトとWiFiなど一時的にレンタルするサービスにしておきましょう。

国内メインで使うならWiMAXやワイモバイル端末のほうが快適です。

 

41位 801ZT(ソフトバンクモバイルルーター)

SoftBank ポケットWiFi 801ZT

ソフトバンクの現行機で最速モデル「801ZT」が41位でした。

ほぼ売れてないレベルですね(汗)

これを契約するなら、ワイモバイルから発売されている同じモデル「803ZT」にしておきましょう。

こんなに売れないモデルなら出さなくてもいいんじゃないの?と思いますが、ソフトバンクは個人より法人向けがメインみたいなので問題ないようです。

 

41位 Aterm MP02LN(SIMフリーモバイルルーター)

MP02LNシャンパンゴールド

次月10月に発売されるNECプラットフォームズ製のSIMフリー新機種「MP02LN」。

クレジットカードサイズで超コンパクトなモバイルルーター「MP01LN」の一部改良されたモデルです。

スペックはほぼ一緒なので、暖色系カラー好みならこちらを選ぶ人もいるかもしれません。

なおセット端末を扱うMVNOも多くなるはず。

旧機種は主要なMVNOで扱われているため、多くの業者で買えるようになるでしょう。

 

まとめ

2019年9月度のモバイル・ホームルーター売上ランキングを紹介しました。

ホームルーターは、ソフトバンク(ワイモバイル)ユーザーならAirターミナル4を、それ以外はWiMAXのHOME01をおすすめします。

モバイルルーターは、WiMAXの上位ランクインしているモデルから自分のお財布事情と相談しながら選びましょう。

おすすめはWX05+専用クレードルのセット購入です。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【安定重視】WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由