3WiMAXのキャッシュバックキャンペーンや料金まとめ

2017年末から業界最安クラスにパワーアップしたWiMAXサービス提供会社「3WiMAX(スリーワイマックス)」。

WiMAXを運営するUQコミュニケーションズ公式サイトのサービス提供会社(以後プロバイダ)の一覧ページにこの名称は載っておらず。
(ここを運営する会社名は掲載されています)

また料金も飛び抜けて安くなかったためスルーしていたんですが、キャッシュバック額をアップしたことで一気に魅力的なプロバイダになりました。

そこで3WiMAXがどんなプロバイダなのか?について、アピールポイント、取り扱っている機種、料金プランなどを紹介しつつ、他社との料金比較もまとめました。

3WiMAX(スリーワイマックス)ってどうなの?

3WiMAXのおすすめポイント

一押しポイントは高額キャッシュバックにあり。

3WiMAXでは2017年11月までキャッシュバック28000円だったはず(しっかり確認していないのでわかりませんが)。

それが翌月から33000円に大幅アップ!

キャッシュバック額で業界最高額だったGMOとくとくBBを上回る金額を出してきたことにビックリしました。なかなかチャレンジ精神旺盛なプロバイダさんです。

GMOとくとくBBといったら私が契約しているBroadWiMAXが値下げしたら翌日すぐそれ以下の金額に値下げするなど対抗意識がかなり高いプロバイダ。

GMOにはキャッシュバックコースと月額割引コースがあり、11月まではどちらも業界トップクラスでしたが、新しく登場した「カシモWiMAX」に月額割引額で抜かれ、キャッシュバックでは3WiMAX以下に。業界のGMO包囲網が完成しつつある?

カシモについてはこちらで紹介してます
カシモWiMAX新登場!口コミ評判や料金まとめ

とはいえ消費者側からすればいい流れです。

GMOさんがまた対抗してくるかもしれませんが、3WiMAXさんにはこの調子で頑張ってもらいたいですね。

今月のキャッシュバック額は?
3WiMAX公式サイト

 

※2018年1月19日から「auスマートバリュー」プラン契約者限定でキャッシュバック30000円に変更されてしまいました

というわけで業界でのキャッシュバック額暫定1位はGMOとくとくBBです。

 

キャッシュバック特典で知っておきたいこと

契約理由の大きな割合を占めると思われるキャッシュバック特典。かなり魅力的ですが契約前に覚えておいて欲しいポイントがあるのでまとめておきます。

  • 現金がもらえるのは1年以上先
  • 受取り手続き必須
  • キャッシュバックキャンペーン期間は終了日未定

「きれいなものには毒がある」というように、高額キャッシュバックはおいしい特典ではあるものの契約すればノーリスクで自動的にもらえるものではありません。

ここでの契約を考えている人はキャッシュバック受取までの流れをきちんとチェックしておきましょう!

キャッシュバック受取までの流れ
    1. 公式サイトで申し込み
    2. 回線開通した月から13ヶ月後の15日に「キャッシュバックエントリーメール」送信
    3. 専用ページでキャッシュバック受取口座を指定
      (期限はメール送信月の翌月末まで)
    4. 15ヶ月後の末に振込

他社プロバイダに較べてキャッシュバック受取まで少し長いので忘れないように気をつけましょう。

その他注意点
  • 途中解約は適用外
  • 「キャッシュバックエントリーメール」送信前のコース変更もNG
  • メールが届かなかった場合も適用外
  • 2年プランの途中で解約した場合、返金が必要な可能性あり

けっこう厳し目な条件も見られますが、普通に契約期間の最後まで使い続ければ問題ありません。

メールアドレスだけは登録ミスしないこと、頻繁に確認するアドレスを設定することに注意したいですね。

キャッシュバックキャンペーンの期間

キャッシュバックキャンペーン期間は「2016年3月~終了未定」となっています。

突然終わらないとも限らないので「来月でいっか!」と思っていると後悔するかも?まぁキャッシュバックがなくなるとは思いませんが・・・。

 

3WiMAXで扱っている機種

扱っている機種代はすべて0円。

これはその他大勢のWiMAXプロバイダも一緒ですが、一部お金がかかるところもあるのでありがたい特典と言えます。

選べる機種は次のとおり。

  • Speed Wi-Fi NEXT W05
    (モバイル型)
  • Speed USB STICK U01
    (USB型)
  • Speed Wi-Fi HOME L01
    (ホームルーター型)

ニーズに応じて3パターンしっかりラインナップされています。

簡単にそれぞれの特徴を紹介していきます。

モバイルルーター型
Speed Wi-Fi NEXT W05

モバイルルーター業界でシェアトップを走るファーウェイ製端末。

WiMAX最速708Mbpsが期待できる機種(都市部限定)で、初期不良などもみられず他機種より安定感のあるモデル。

専用クレードル(別売)を使えばパソコンなどと有線で繋げることも可能。室外・室内両方で使えるイチオシ機種です。

 

USB型
Speed USB STICK U01

U01本体は上にポコっと出ている黒い部分。下の機器は「Triprouter(トリプルーター)」といい、バッテリーとWiFiルーター機能が搭載されています。

U01だけならパソコンのUSB端子に直接挿し込むことで利用可能。TriprouterにセットすればW04と同じようにモバイルルーターとしても使えます。

最大速度は220MbpsとW04に比べるとかなり劣りますが、こういった特殊な機器にロマンを感じる男性諸君や、ノートパソコン用によりコンパクトなモデルを求める人はこれがおすすめ。

 

ホームルーター型
Speed Wi-Fi HOME L01s

家でしか使わないのであればこれがイチオシ。発売されてからずっと大人気の機種です。見た目もよく光回線などの固定回線代わりにこれを契約する人も多いようです。

バッテリーはなく電源をコンセントから直接とっていることもあり、Wi-Fi電波の出力は強め。本体の設置は窓際が理想的ですが、L01sとスマホやタブレットなどの端末とのやりとりは外で使えるタイプより快適に使えるでしょう。

 

3WiMAXで選べる料金プラン

 ギガ放題プランライトプラン
開通月3695
の日割り
3695
の日割り
1~2ヶ月目36953695
3~24ヶ月目43303695
25ヶ月目~43303695
2年合計10265088680
キャッシュバック込
2年合計
6965055680

2年プランも選べるんですが、キャッシュバック特典がないのは痛い・・・。

auスマホユーザーなら「auスマホ割プラン」を選べば3万円キャッシュバックですが万人向けではありません。

4年契約プランならそこそこ安く使えるんですが縛り期間が長すぎるのはネック。

毎年発売されるWiMAX魅力的なWiMAX新機種をずっと我慢し続けるのはツラいと思うのでおすすめしません。

 

ちなみに公式サイトには会員費用200円が含まれていない金額で表記されているので、サイトを見たときに「もっと安いじゃん!」と勘違いされないように。

その他料金
(違約金/初期費用など)

解約違約金
  • 0~12ヶ月目・・・19000円
  • 13~24ヶ月目・・・14000円
  • 25ヶ月目・・・0円(更新月)
  • 26ヶ月目以降・・・9500円
その他
  • 機種代・・・0円
  • 初期費用・・・0円
  • 事務手数料・・・3000円

3WiMAX公式サイトに初期費用0円とあるので、他社プロバイダにくらべお得感を感じる人もいるかもしれません。
(WiMAXプロバイダは全社初期費用3000円が相場)

なんですがそれはトラップ。結局事務手数料3000円と名目を変えてとられるので勘違いしないように!

 

他社と3WiMAXのキャッシュバック&料金比較

3WiMAXで契約すると得するのか?は一番大事なポイント。

そこでキャンペーン特典に力を入れている安い他社プロバイダと料金比較してみました。

2018/7更新キャッシュバックキャッシュバック込
2年総額
(3年総額)
基本月額
3WiMAX
W05/L01s/U01
30000
(auスマホ割プラン限定)
72650
(122030)
4330
GMOとくとくBB2年 33200
3年 40450
67804
(111710)
4263
BIGLOBE3000073750
(126310)
4380
※初期費用と契約月の料金含まず

USBタイプの「U01」はこの中で3WiMAXしか契約できないため選択肢はなし。

U01がいい人は3WiMAXで決まりです。

 

詳細・申し込みはこちらから
3WiMAX公式サイト

 

ただ他の機種がいいならGMOとくとくBBのほうがお得ですね。

公式サイトはこちら
GMOとくとくBB WiMAX2+

 

 

3WiMAXの対応エリア

WiMAXの対応エリアはプロバイダに関係なくどこで契約しても一緒。

3WiMAXだから繋がる、繋がらないということはありません。

人が住んでいる地域のカバー率は99%。山間部やかなり田舎に住んでいるのでないなら繋がるはずです。

使う電波はWiMAX2+とau 4G LTE回線の2つ。

WiMAX2+は都市部に強く、au 4G LTE回線は2+の弱点を補う特徴があり、ここで扱っている機種はすべてこの2つに対応しているので安心です。

注意したいポイント

3WiMAX公式サイトで対応エリアチェックできますが、エリア内・ピンポイント判定で○だったとしても一部繋がらない場所もあります。電波の特性上障害物に弱いため、地下や建物内部に入り込んた部屋・場所で快適に使えない可能性が高くなるので気をつけて下さい。

 

運営会社はどんなところ?

個人的に馴染みのない会社なので調べてみると、サービス提供元の「株式会社リンクライフ」さんは私が契約している「BroadWiMAX」を運営しているところでした。

関連記事
BroadWiMAXの口コミ評判と使ってみた感想

3WiMAXで契約したことはありませんが、Broadと同じ運営会社なら安心かなって感じです。サポートもしっかりしてたので。

というわけでキャッシュバックがほしいなら「3WiMAX」、毎月安いほうがいいならBroadWiMAXをおすすめします。

 

まとめ

高額キャッシュバックが特徴のプロバイダ「3WiMAX(スリーワイマックス)」について紹介しました。

キャッシュバックキャンペーンはずっと継続してしているのでプロバイダ事業を終了しない限り大丈夫だとは思いますが、現在の高額キャッシュバックがいつまで続くかはわからないのでお早めに。

auスマホユーザーなら3WiMAXは選択肢の1つとして魅力的です。

 

[記事下]