AeroBile(エアロバイル)の見た目がかっこいい!価格や料金、特徴まとめ

めっちゃおしゃれでカッコイイモバイルWi-Fiルーター登場!

最近角が丸くなった端末ばかりになっているので、こういう角ばったデザインは新鮮に見えます。

ビビットカラーなオレンジもいい感じ。

オレンジのブラックのカラーリングも素敵です。

まぁ海外用みたいなので日本から出る気のない私みたいな人にはメリットなさそうなシロモノですが・・・。

国内で使えたら欲しいかも?ってことでどんなルーターなのか調べてみました。

海外で使えるWi-Fiルーター「AeroBile(エアロバイル)」ってどうなの?

株式会社MAYA SYSTEMが台湾企業のものを2017年4月10日に法人向けに発売したWi-Fiルーター。

個人向けバージョンは「グローバル フューチャー コミュニケーション」という会社が6月頃に取り扱いスタートするようです。

この会社はFREETEL(フリーテル)ブランドでスマホやSIMフリーモバイルルーターなんかを販売しているところ。

同社が発売しているモバイルルーター「ARIA2(アリア2)」なんかは低価格でコスパもよくなかなか良い端末です。

で、エアロバイルには次のような特徴があります。

AeroBile(エアロバイル)の特徴

  • SIMカードなしで利用可能
  • 世界90カ国以上で使える
  • 連続利用時間10時間

SIMカード無しでどうやってネット繋ぐの?って感じですが、こういうことらしい。

公式発表より↓

独自技術「クラウドSIMテクノロジー」を使用することにより、端末に内臓されているバーチャルSIMで、現地の最適な通信キャリアを検知し通信環境を整 えてくれます。

「クラウドSIMテクノロジー」「バーチャルSIM」とかなんかスゴそう感あふれるフレーズが並んでますね。

よーわからん(汗)

ってことで少し寄り道して「クラウドSIM」について調べてみました。

クラウドSIMとはどんな仕組み?

別名バーチャルSIM・eSIMとも呼ばれるもので、SIMカードを端末でなくクラウドサーバーで管理するもの。

横文字だらけで「うわっ(汗)」と思った方も頑張って読んでもらいたいんですが、今までのSIMは端末側でどこの回線を使うのか?を判断してたのが、クラウドSIMでは管理するサーバー側で判断してるってことですね。

なので海外へ行っても現地の回線を使うように指示を出せるので、わざわざSIMカードを交換する必要もありません。

わかりましたでしょうか?

まぁこういう小難しい文章は疲れるのでもっと簡単に言うと、

使う前に「AeroBile」サービスに登録すれば使える!

と理解しておけばいいかと思われます。

ちなみにAeroBile本体は買い切りタイプなので購入することになります。

 

エアロモバイルは日本でも使えるの?

肝心の日本で使えるのか?ですが、申し込めるjetfiってところでは「使えない」とあります。

jetfi AeroBile

残念ですね。

クラウドSIMの仕組み的に日本の回線を簡単に使えると思うんですが、サーバー側で停止しているんでしょう。

 

AeroBile(エアロバイル)の本体価格

価格は24800円(税別)

で、AeroBile公式サイト見ても英語や中国語なのでさっぱりわからず(汗)

わかる人は自分でチェックしてください、と丸投げしておきます。

公式サイトはこちら
http://www.aerobile.com/eshop/

ってことで、ケータイWatchさんの記事を参照させていただきました。

なお法人向けサービスは端末買ったらずっと使い放題ではなく、月額900円(税別)かかります。

 

WiMAXと比較してどっちがいい?

日本国内向けのWiMAX使い放題プランが、安いところだと月額約3500円。

ですが、海外利用時はauショップ契約してて国際ローミングを使う必要があり、かなり限定的です。

たとえば「Speed Wi-Fi NEXT W06」という端末を使った場合、約24.4MBまでなら1980円/日、それ以上は最大2980円となっています。

ここへさらに基本月額4380円上乗せです。

対して法人向けAeroBileは端末代込み2年合計額は46400円。

月額平均1933円(税別)で使える計算です。

圧倒的にAeroBileが安いですね。

月額と日額がほぼ一緒って(汗)

ただAeroBileを個人契約すると端末代24000円+月額900円+海外渡航先の利用料がかかるので、短期もう少し差が縮まります。

 

AeroBile(エアロバイル)のデザイン

サイズ126×68×16.5mm、重さ約183gで、iPhone5/SEくらいの大きさです。

画像だけ見るとクレジットカードサイズに感じますが、そこまでコンパクトではありません。

SIMカードなしってことなのでスロットはないはず。

バッテリーが5000mAhもあるので、減りを気にせず使えそうです。

ほかのモバイルルーターのデザインと比較

WiMAXもこういうの出して欲しいですね。

今後発売されるWiMAXルーターでは思い切ったデザイン変更をお願いしたい。

それにしてもモバイルWi-Fiルーターってデザインがいまいちなのばかりですからねー。

中国メーカー「ファーウェイ」さんが発売してるWiMAX端末「Speed Wi-Fi NEXT W04」はちょっと見た目にもこだわってますよ?感ありましたけど。

ただサイズが少々デカ目なのが残念。

個人的には「WXシリーズ」を推します。

最近はSIMフリールーターのほうがデザインこだわってるモデル多め。

SIMフリー AC758

SIMフリー MR05L

SIMフリー b-mobile4G WiFi3

 

でもやっぱ地味ですねー(汗)

センスを感じるか?っていうとこれまた微妙。

AeroBileの見た目とオレンジが余計に映えます。

 

まとめ

国外で使えるデザインがかっこいいモバイルWi-Fiルーター「AeroBile(エアロバイル)」がどんな端末か調べてみました。

もうデザインだけで欲しくなる素敵な端末だと思います。

海外へよく行く人にはおすすめです。

国内でも使えたらよかったんですけどね。

そこだけは残念です。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【安定重視】WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由