Aterm MR04LN NECのSIMフリーモバイルWi-Fiルーターの価格、口コミ評判、スペック情報まとめ

「Aterm MR04LN」 NECのSIMフリーモバイルWi-Fiルーターの価格、口コミ評判、スペック情報まとめ

SIMカードを2枚同時挿入できるSIMフリーモバイルWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」。今は新機種「Aterm MR05LN」が発売されたためそれに比べるとスペック的には劣っていますが、LTE回線では下り最大300Mbps、12時間連続使用できるなど性能は申し分なし。そして価格差は1万円くらいあるため十分魅力的な端末です。

国産メーカーのSIMフリーモバイルルーターとして、最も高い知名度と人気を誇っているのがNEC製Atermシリーズの端末。Atermシリーズは多くのMVNOが自社の格安SIMとセットで販売をしていますし、安心感があるだけでなく使い勝手も非常にいいのでシリーズ化するほどの製品となっています。

そこで、NECのSIMフリーWi-Fiルーター「Aterm MR04LN」の端末価格や口コミ評判情報、スペックについてまとめました。

「Aterm MR04LN」 NECのSIMフリーモバイルWi-Fiルーターの端末価格(2016年9月の価格)

【アマゾン価格】17000円~35006円

【楽天市場価格】16000円~26656円

【ヤフーショッピング価格】16980円~41437円

なぜか異様に高い価格で売ってるショップが何店かあり。ですが、とりあえず17000円程度で購入可能です。新モデル「Aterm MR05LN」は26000円前後なので約1万円は安く手には入ります。

「Aterm MR04LN」 NECのSIMフリーモバイルWi-Fiルーターの口コミ評判

ポジティブな口コミ評判

  • 安くて高性能
  • 型落ち品になったおかげで特選タイムセール14,200円とお買い得に
  • SIMフリーだから料金をコントロールできる
  • クレードルに有線LANを挿しておくと、家では光回線に接続された無線LAN Wi-Fi ルーターとして動作してくれる
  • auでも使えた
  • 国内と台湾と欧州では檄便利
  • SIM切り替えがストレスなく行えるようになったのは嬉しい
  • SIMフリーのLTEモバイルルーターとしては最強のモデル

ネガティブな口コミ評判

  • 米のLTEに対応してない
  • 5GHz屋外モードで使っているといつの間にか2.4GHzになっている
  • クレードルに乗せてブリッジにしてるけど、なんか不安定

口コミ評判まとめ

ネガティブな声がほとんどみつからず。アメリカで使えないってのはほとんどの人に関係ないでしょう。

この端末、新機種でるまでは最強のSIMフリーWi-Fiルーターと言われていた機種らしい。性能は今でもいいくらいだし、新機種より安いのでこっち買うのもありですね。

型落ちになった夏にセール価格で売ってたらしい。約14000円はけっこう安いですね。またタイムセールしてくれるかはわからないけど、徐々に値下がりしていくんでしょうし「Aterm MR04LN」買っとけば問題ない気がする。

光回線あるなら無線LANルータとしても使えるのはいい感じ。個人的にはWiMAX派ですけど、これでもいいなって気になりました。

「Aterm MR04LN」 NECのSIMフリーモバイルWi-Fiルーターのスペック

Aterm MR04LN本体カラー

本体カラー: ブラック

サイズ: 約幅63×奥行111×高11mm
重さ: 約111g
SIM形状/スロット: microSIM×2
ディスプレイ: 2.4インチLCDタッチパネル 320×240ピクセル
バッテリー容量: 2300mAh
消費電力: 約7W(最大通信時)
充電時間: 約3.5時間
USBポート: microB USBコネクタ×1(USB2.0推奨)

連続使用時間:
LTE/3G
Wi-Fiテザリング 約12時間
Bluetoothテザリング 約24時間

連続待受時間:
休止状態 約250時間
休止状態(リモート起動未使用) 約1000時間
ウェイティング 約30時間

対応周波数/バンド/速度:
【LTE】
対応周波数     2000/1700/1500/800MHz
対応バンド 1/3/8/11/17/18/19/21
LTE 下り最大150Mbps/上り最大50Mbps
LTE-Advanced 下り最大300Mbps/上り最大50Mbps

【HSPA+】
対応周波数 2100/1700/900/800MHz
対応バンド 1/8/9
下り最大21Mbps/上り最大5.7Mbps

【HSPA】
対応周波数 2100/1700/900/800MHz
対応バンド 1/5/6/8/9/19
下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps

【WCDMA】
対応周波数 2100/1700/900/800MHz
対応バンド 1/5/6/8/9/19
下り最大384kbps/上り最大384kbps

【GPRS】
対応周波数 GSM850/EGSM900/DCS1800/PCS1900
最大通信速度 21.4kbps

【無線LAN】
IEEE 802.11ac/n/a/b/g
11~867Mbps

Aterm MR03LN→MR04LNの進化ポイント

Atermシリーズの中でも初期の頃に販売されていたのがMR03LN端末なのですが、現在ではその上のバージョンであるAterm MR04LNが主要商品として多くのMVNOで販売されています。Aterm MR03LNからAterm MR04LNへ具体的にはどのような進化を遂げているのでしょうか。

Aterm MR04LNでは旧モデルと比較して進化した点として真っ先に挙げられるのが、通信速度の高速化です。Aterm MR03LNはLTE通信を行う際の最大受信速度が150Mbpsだったのに対して、Aterm MR04LNでは最大受信速度が300Mbpsと倍の速度となっているのです。

またAterm MR04LNは同時に2枚のSIMカードをさしこんで利用できるデュアルSIMスロットを搭載していますし、LET国際ローミングに対応したため、海外での利用も可能となりました。国内では1つのSIMスロットにSIMカードさしこんで利用し、海外へ出かけたときにはもう一方のSIMカードスロットに現地で調達したSIMカードさしこんで利用できるようになったのです。

MR04LN用クレードルは必要?あると何ができる?

Aterm MR04LNはSIMロックフリーのモバイルルーターです。価格はオープンプライスですが現在の実売価格は1万円台前半から後半程度と比較的リーズナブルな価格となっています。

Aterm MR04LNを利用する最大のメリットはSIMロックフリーである事から、格安SIMをはじめとするさまざまな通信事業者が発行するSIMカードを自由に選んで利用できるところと、デュアルSIMスロットを搭載しているので2つのSIMカードを使い分ける事ができるところです。

利用シーンとしては仕事用とプライベート用で切り替えたり、海外へ旅行や出張に行く際に日本国内向けのSIMカードと現地で利用できる旅行者向けのSIMカードを利用エリアで切り替えるなどがあげられます。

そんなAterm MR04LNは別売りの実売価格3000円前後のクレードルを装着する事により機能を拡張できますが、本体の購入と同時に購入するべきなのか多くのユーザーが迷うところです。

クレードルに搭載されているのはギガビットに対応した有線LAN端子と外部機器を接続できるmicro USB端子に加えて、専用のACアダプタの接続ポートがあります。有線LAN端子と子機となる端末をLANケーブルで接続する事で無線LANと比較して遥かに回線損失の少ない伝送を実現し、契約しているモバイルデータ通信が持つ本来の速度を活かす事ができます。また、コンセントからの電源供給を行える専用のACアダプタを接続する事で、バッテリーの残量を気にせず利用する事ができます。

したがってクレードルが必要あるか否かは、屋内で据え置き型のルーターのように利用する必要性の有無が判断材料となります。

新機種Aterm MR05LNよりMR04LNを選ぶメリットは?

Aterm MR04LNは同メーカーのMR05LNに対して旧モデル扱いとなります。しかしこれをあえて採用することで得られるメリットもありますから、落ち着いて検討していくべきです。これらのモバイルルーターはインターネット利用における便利アイテムとして定着しています。それだけに自分が使いやすい機種を選ぶことが大切です。

旧機種であるAterm MR04LNは新モデルであるMR05LNよりも、多くの面でスペックが劣っています。しかしいくつかは勝っている部分もあり、これをメリットとして活かせるかがポイントです。

まず伝送速度ですが3G回線においてのみ最大値が上回っています。整備が進んでいるとはいえ、モバイルルーターは常にLTE圏内で使えるとは限りません。山間部や遠隔地では依然として3Gが活躍することも考えられます。Aterm MR04LNの最大値は21Mbpsですが、MR05LNだと14Mbpsと無視できない差です。環境によっては旧モデルのほうが有利になる場面もあることでしょう。

他のメリットとしては、無線LANの同時接続台数があげられます。モバイルルーターは複数のゲーム機へ回線を提供することもできますから、一緒に遊ぶ際にも欠かせません。Aterm MR04LNは最大で16台繋がりますがMR05LNだと10台が限界です。もし大人数でインターネット回線を利用したい際には、このメリットも考慮するべきでしょう。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由