au データMAX5G ALLSTARパック+テザリングはWiMAXよりお得?

auデータMAX5G ALLSTARパックとWiMAX比較

auが5G向けプラン「データMAX5G オールスターパック」の提供を開始。

データ使い放題とのことなのでテザリングを使えばWiMAXがいらなくなるかもしれません。

そこでauの「データMAX5G ALLSTARパック+テザリング」と「WiMAX」を比較し、どっちがお得か調べました。

auのデータMAX5G ALLSTARパック+テザリングとWiMAXを徹底比較!

2020年にauと同じくKDDIのグループ会社になったWiMAXのUQコミュニケーションズ。

auスマホでもWiMAX回線を使いますし、WiMAX側もau回線を使えます。

ただ通信サービス・プランは全然違います。

そこでまず2サービスのそれぞれについて簡単に解説しておきます↓

auのデータMAX5G ALLSTARパックはどんなプラン?

auのデータMAX5G ALLSTARパックプラン
  • auの5Gスマホ専用プラン
  • データ使い放題
  • サブスクサービス利用し放題
  • 2年縛り

5G対応スマホしか契約できません。

この中で一番魅力的に感じるのが「データ使い放題」じゃないでしょうか。

動画や音楽のサブスクサービスも見放題・聞き放題になりますからね。

ただしテザリングでノートパソコンなどをネット接続したときも使い放題と思いがちですが、注意点があります↓

テザリング利用時は上限80GBまで!

これだけ使えたら十分って人も多いと思いますが、中には使い放題なら300GBでも1000GBでも使えると思う人だっていることでしょう。

さすがにそこまで柔軟なサービスにはなっていないので気を付けてください。

WiMAXにはどんなプランがある?

UQWiMAX公式ページ
  • ギガ放題(無制限)/通常プラン(月7GB)の2種類が基本
  • 契約できる業者が30社ほどあり料金もさまざま
  • 業者によって期限なし~3年縛りプランがある
  • 携帯型・据置型の2種類の端末から選べる

すでにたくさんのユーザーがいるサービスだけに利用者も多く、それに応じて提供業者数も多いです。

となると競争原理が働いて特典が充実し料金が安くなっているところもたくさんあります。

またWi-Fiルーター専用サービスなので、光回線など有線接続するインターネット回線サービスの代わりとしても使えます。

 

つづいて2つのサービスの速度や料金など詳細情報を比べていきます↓

 

2つのサービスの違いを比較

速度制限・通信量を比較

データMAX5G ALLSTARパック

「データMAX5G ALLSTARパック」プランを普通に使うなら使い放題ですが、テザリングで使うと80GB/月までの制限があります。

これを超えると128kbpsまで通信速度が落ちます。

WiMAX

対してWiMAXはギガ放題プランなら無制限ですが、以下3パターンで速度制限あり↓

  1. 3日10GBオーバー⇒翌日18時~2時まで約1Mbpsに制限
  2. ハイスピードプラスエリアモードで月7GBオーバー⇒128kbps制限
  3. 通常プランで月7GBオーバー⇒128kbps制限

3日10GB制限があるため、ギガ放題プランを契約しても完全な使い放題ではありません。

実質1日3.333・・・GB×30日≒100GBで制限されるのと一緒です。
(一応2時~18時までは完全に使い放題ですがほとんどの人は帰宅する夜間に使えないと意味がないでしょう)

どっちがいい?

短時間に10GB以上使う、など単発で大量にデータ通信したい人は「データMAX5G ALLSTARパック」のテザリング利用がおすすめ。

高速な5G回線対応エリアなら1時間で80GB使うこともできるでしょうし、この容量未満なら快適な速度で使えるはずです。

1日3GBくらいで十分、主に朝昼夕に利用する、そんな人ならWiMAXがおすすめです。

 

対応エリア・利用回線の違い

データMAX5G ALLSTARパック

  • au 5G回線
  • au 4G回線
  • WiMAX回線

スマホ端末の対応状況によりますが、2020年からサービス開始した次世代通信規格「5G」が使える分有利です。

WiMAX

  • au 5G回線(法人のみ)
  • au 4G回線
  • WiMAX回線

同じく5G対応モデルは発売されていますが、記事投稿時点で法人向けモデルしかリリースされていません。

一般ユーザーからすればここは劣ります。

またWiMAX回線より対応エリアが広いau 4G回線はギガ放題プランを契約しても月7GBまでしか快適に使えません。
(超えると128kbps制限)

この点でもWiMAXが不利ですね。

どっちがいい?

auのプランは一般ユーザーでも5G回線を使えることが最大のメリットです。

ただし対応エリアはまだまだ一部エリアに限定されるため、ほとんどの人が使えないため意味がありません。

ですので、利用回線と対応エリアに差はないと言えます。

 

料金を比較

データMAX5G ALLSTARパックの料金

2年縛り契約時の基本料金は「10980円」ですが、全員に適用されるキャンペーンを差し引くと次のようになります。

  • 1~6か月目 8480円
  • 7~24か月目 9980円
    ※通話料金やオプションは含まず
    ※月間データ通信量が2GB以下の場合の1480円割引は考慮せず

縛り期間のないプランもありますが、こちらは月額11150円とかなり割高です。

ただし

  • ネットフリックス・・・800円/月
  • アップルミュージック・・・980円/月
  • ユーチューブプレミアム・・・1180円/月
  • TELASA・・・562円/月

の4サービスが使い放題です。

au公式ページには「5460円~」ってあるけど違うの?

公式ページには「5460円~」とあります。

これは家族4人以上加入、スマートバリュー適用時のもの。

万人向けではないのであくまでも最安料金ってだけです。

WiMAXの料金

  • 2年縛り 月額3880円
  • 縛りなし 月額4050円

WiMAX運営元でもあるUQWiMAXの基本料金です。

この料金で月間最大100GBほど使えることを考えると、「データMAX5G ALLSTARパック」プランよりかなりお得です。

ほぼ半額、契約状況によってはそれ以下ですからね。

そしてさらにWiMAXはUQ以外の代理店のほうが安く契約できます。

お得なのは「GMOとくとくBB WiMAX2+」

いまWiMAX業界のイチオシ業者は「GMOとくとくBB WiMAX2+」。

キャッシュバック特典で3万円前後出しているため、実質月額が3500円ほどまで下がります。

30社ほどあるWiMAX業者を比較した中でもここが安いですね。

もしWiMAXを選ぶのであれば「GMOとくとくBB」にしておきましょう。

今月のキャッシュバック額をチェック
GMOとくとくBB WiMAX2+公式

 

どっちを選ぶべき?

データMAX5G ALLSTARパック+テザリングがいい人

  • 最新技術を使ってみたい
  • auスマホユーザーで5Gスマホがある、もしくは購入予定
  • 自分しか使わない
  • 月間80GBで十分
  • 2020年内くらいまでなら5Gを自慢できる(かも)

5Gという新技術は魅力的ですし、テザリング利用ならスマホとノートPCやタブレットの2点だけなので荷物も減らせます。

WiMAXだとここにルーターが加わりますからね。

料金の高さ、スマホバッテリー消耗の激しさ、80GB制限に目をつむれる人ならこちらをおすすめします。

WiMAXがいい人

  • 通信料金を抑えたい
  • 自宅のインターネット回線として使いたい
  • 家族みんなで使いたい
  • 複数台を同時に接続したい

何よりも安く使えることが最大のメリットです。

auスマホなら3000円ほど、格安スマホにすれば最安1000円程度でもOKなので、2台持ちしても5000円/月ほどに抑えられます。

5G回線が現状法人向け端末しか対応していないのが残念ですが、すぐに一般ユーザー向けモデルも発売されると思います。

また自分なら携帯型モデル、自宅用なら設置型モデルなど選択肢があるのもメリット。

お得度、環境への適応性を考えるとWiMAXがおすすめです。

 

まとめ

auの5Gスマホ専用プラン「データMAX5G ALLSTARパック」をテザリング利用したときとWiMAXを比較しました。

5G専用プランということでかなり料金は高め。

WiMAXならスマホとの2台持ちになるため多少かさばりますが、安さや環境への柔軟性を考えるとWiMAXがおすすめです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました