au「無線LAN STICK KTD31」を徹底解説!スペックや料金、WiMAXとも比較しました

auの無線LAN STICK KTD31

2021年一発目のWi-Fiルーター新機種は、auから登場した「無線LAN STICK KTD31」。

STICKとあるように一般的なWi-Fiルーターとは違い、USB端子で接続する棒状の端末になっています。

そこでこの端末がどんなものか詳しく調べてみました。

スペックや用途、速度や利用料金などを解説していきます。

無線LAN STICK KTD31の契約はあり?なし?

無線LAN STICK KTD31はUSB接続型の端末

KTD31のデザイン

無線LAN STICK KTD31のデザイン

画像右側のキャップ部分を取るとUSB端子が出てくるので挿入すれば使えます。

※USBアダプターは別売です

 

KTD31のスペック

名称無線LAN STICK KTD31
メーカー不明
本体カラーホワイト
サイズW35×H103×D14.1mm
重さ約34g
利用回線au 4G LTE
電源AC100V
SIMサイズnanoSIM×1
対応バンド1/3/18/26
下り最大速度150Mbps
上り最大速度50Mbps
Wi-Fi規格IEEE802.11 b/g/n
(2.4GHz帯のみ)
同時接続台数10台
付属品USB延長ケーブル
接続確認済み端末・ Amazonデバイスの一部
・ au HOMEデバイスの一部

最大速度は現在いくつか発売されているSIMフリータイプのWi-Fiルーターと同じようなスペックです。

おおむね下り150Mbps、上り50Mbpsとなっています。

このコンパクトさなら十分と言えるでしょう。

ただしモバイルWi-Fiルーター型端末でも5台しか対応していないモデルもある中で、同時接続台数10台はかなり多いです。

製造メーカーは?

メーカーは不明ですが、候補としてはファーウェイ、ZTE、NECプラットフォームズ、シンセイコーポレーション、シャープくらいです。

ファーウェイは最近外されてきているのでおそらくないとして、過去にUSBタイプの端末を作っているZTEかシンセイコーポレーションが可能性としては高そうですね。

あってるかどうかはわかりませんが(汗)

au以外の回線は対応している?

対応バンドの1/3/18/26は全部auの主力バンドです。

さすがに本元のサービスだけあって充実してます。

対してドコモとソフトバンク回線は「1/3」の2つに対応しています。

使って使えないことはないと思いますが、快適性で一歩も2歩も劣ると言えるでしょう。

また現状ではわかりませんがSIMロックもかかっているかもしれません。

一応政府の意向でSIMロックは推奨されていないのでかかっていても解除可能だとは思われますが、そもそも対応バンドが少ないので結局au回線を使うSIMでないと厳しいですね。

 

スマホもOK?接続可能端末について

無線LAN STICK KTD31に接続できる端末

au公式サイトには対応端末として次の機器が掲載されています↓

Amazonデバイス
  •  Amazon Echo Show 5
  •  Amazon Echo Show 8
  •  Amazon Echo Show(第2世代)
  •  Amazon Echo Dot(第3世代)
  •  Amazon Echo(第2世代、第3世代)
au HOME デバイス
  •  無線通信アダプタ(A)
  •  赤外線リモコン02
  •  スマートプラグ03
  •  ネットワークカメラ03

以上の端末で接続確認が取れています。

あくまで記事投稿時点のものなので、今後さらに増えていくでしょう。

KTD31はこういった端末のネット接続用途を目的に生み出されたルーターのようですね。

そしてこんな注意書きが↓

スマホ・タブレット、およびPCなど当社指定の接続可能機器以外は本製品との接続によるインターネット通信はご利用になれません。

残念ながらWiMAXのようなモバイルWi-Fiルーターみたいな用途では使えないらしい。

これでは契約する意味がないですね(汗)

 

WiMAXとは別物?

auでは全種類ではないもののWiMAXルーターも契約可能です。

となるとWiMAXとは違うのか気になるところ。

またWiMAXルーター側もau 4G LTE回線は利用可能です。
(旧機種では非対応のものもあり)

そこで上のスペック表を見ると、対応バンドが1/3/18/26とあります。

WiMAX回線は「バンド41」なので対応していないですね。

というわけで、WiMAXの新機種ではなく、純粋なau限定モデルとなります。

 

対応エリアは?

無線LAN STICK KTD31の対応エリア

au 4G LTE回線を使うため、auスマホと同じ対応エリアになります。

5Gこそ対応していませんが、au回線は全国人口カバー率99%など山間部や海上でもない限りたいていの場所で繋がるはず。

 

速度制限はある?

WiMAXの3日10GBや月間7GBのようなハッキリした速度制限はありませんが、定番のベストエフォート方式ではあります。

au公式サイトより引用↓

通信速度はいずれもベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。お客さまのご利用環境、回線の状況などにより大幅に低下する場合があります。

回線が混雑すれば遅くなるやつですね。

 

月間通信量に制限はある?

とくに記載がないため通信量に制限はなさそうですが、他社も含めて快適な速度での完全無制限のサービスがない以上この端末も同様だと考えられます。

もしそうなら大量にデータ通信したいユーザーの申込者が殺到するはず。

となるとauスマホ回線まで圧迫され品質に問題が出てしまうため、まずないでしょう。

また、たとえ無制限と謳っていても実は月間100GBや300GBを超えると制限されることはざらにありますからね。

そこはau側のさじ加減次第でしょう。

ただし、接続可能な端末ラインナップを見る限り動画再生するような使い方ではありませんし、WiMAXなどで適用される速度制限128kbpsレベルでも通信可能だと思われます。

というわけで、実質通信量に制限はないと言えそうですね。

 

KTD31の利用料金は?

  • 無線LAN STICKプラン ds・・・500円/月(税別)

の1プランのみのようです。

このプランはauスマホの通信容量をシェアする形のため、当然auスマホユーザーであることが条件になります。

専用プランというかスマホ契約のオプション的な感じもしますね。

無線LAN STICKおトク割で割引あり

「無線LAN STICKおトク割」が適用されるため3年間は月額250円で利用可能となっています。

スマホ代+250円なら負担も少なくて助かります。

ただし、光回線を契約しているならそちらとWi-Fi接続すればいいだけですし、ニーズは少なそうです。

 

無線LAN STICK KTD31はどこで買える?

auショップになりそうです。

auオンラインショップでの扱いは現時点で不明ですね。

auでは現状もこういったWi-Fiルーターをネット購入できないため、おそらくauショップでの購入になるのでは?と思われます。

端末だけでも買える?

買えません。

auで回線契約とセットのみとなります。

いずれメルカリなどで中古として出品されることはあるかもしれませんが、当分先の話でしょうね。

しばらく待つことになりそうです。

また格安SIMが使えるのかも現時点では不明なので、端末だけ買っても使えるか?はわかりません。

 

まとめ

auから登場した「無線LAN STICK KTD31」を紹介しました。

スマホやタブレット、ノートPCのネット接続用途として期待していた人には残念ですが、超小型のモバイルWi-Fiルーターとしては使えないようです。

対応端末一覧を見てのとおり、スマートスピーカーなどをネット接続することを目的としているようで、ターゲットをかなり絞っている感じを受けます。

auは過去にもこういったUSB型モデルを発売していますが、基本的に法人向け限定でした。

今回は個人向けということで、ここ数年auが生活ジャンルでの収益拡大を進めていることも関係ありそうですね。

WiMAXを扱うUQコミュニケーションズも同じグループ企業になったことですし、ぜひWiMAX回線にも対応したUSB型モデルを発売してもらいたいと思います。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【最新5G対応】Galaxy G5(モバイルルーター型)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの料金比較

【最新5G対応】5G L11(ホームルーター型)
Speed Wi-Fi HOME 5G L11の料金比較

WX06(モバイルルーター型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

WiMAX HOME 02(ホームルーター型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(モバイルルーター型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【端末選びに迷ったなら】
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー!



※ホームルーターL02は在庫切れ