au版W04とW03比較 何が変わった?スペックやクレードルを比較してみました

一番売れてるファーウェイのWiMAX2+ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W03」の最新バージョン「W04」au版が2017年2月に登場!現在最速となる下り440Mbpsに対応し、au 4G LTE回線も使える最強WiMAXルーターとなってます。

そこで旧モデル「W03」とスペックなどを比較し違いを調べてみました。

au版 W04とW03を比較してみた

W04とW03のデザインを比較

ベースとなるデザインは似たようなものですけど、「W04」の方がモダンな感じ(モダンの意味知らんけど)。無駄なラインが減って洗練されたとでも言えばいいのか、とにかく「W04」の方がおしゃれに見えます。多分今までなかったスティックタイプ(縦)ってのも第一印象が新鮮でフィルターかかり気味なんでしょう。でもこれは欲しい。

そう言えば「W02」もグリーンがラインナップされてましたね。

同じ色なのかわかりませんが、なかなかフレッシュな感じで爽やかです。ちょうど新生活シーズンに発売されるし「これからやったるで~!」って気分にさせてくれそう。

 

デザイン面はこれくらいにして、次はスペックを比較してみます。

W04とW03のスペックを比較

 W04W03
本体カラーグリーン
ホワイト
オレンジ
ホワイト
サイズ幅 130mm
高 53mm
厚 14.2mm
幅 120mm
高 62mm
厚 11.4mm
重量約140g約127g
充電時間約120分約130分
バッテリー容量2750mAh3000mAh
連続通信時間約540分約610分
連続待受時間約850時間約1040時間
ディスプレイ約2.4インチ TFT LCD約2.4インチ TFT LCD
au ICカードau Micro IC Cardau Micro IC Card
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
最大通信速度(下り/上り)au 4G LTE&WiMAX2+(CA) 
370Mbps
au 4G LTE(CA)
225Mbps
au 4G LTE
150Mbps/25Mbps
WiMAX2+(CA)
440Mbps/30Mbps
WiMAX2+
110Mbps/15Mbps
※CA=キャリアアグリゲーション
au 4G LTE&WiMAX2+(CA)
370Mbps
au 4G LTE(CA)
225Mbps
au 4G LTE
150Mbps/25Mbps
WiMAX2+(CA)
220Mbps/未記載
WiMAX2+
110Mbps/15Mbps
※CA=キャリアアグリゲーション
au世界サービス○(LTE/UMTS)○(LTE/UMTS)
BluetoothVer 4.1
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
インターフェイスUSB 3.0(USB Type C)USB 2.0 High Speed
最大接続台数Wi-Fi 10台
Bluetooth 3台
Wi-Fi 10台
対応OSWindows Vista/7/8/8.1/10
Mac OS X v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12
Windows Vista/7/8/8.1/10
Mac OS X v10.5/v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12

「W04」は我が愛機「WX03」の下り最大440Mbpsに追いついてきました。まぁこの辺は当然でしょうね。またBluetooth接続にも対応してスキがなくなってます。バッテリー容量が減って持ち時間が「W03」に負けてますけど、NEC製「WX03」もBluetooth接続モードはWi-Fi接続より持ち時間長くなってたので、これも同じはず。たぶんBluetooth接続なら「W03」と同じか長くなるんじゃないかと思われます。

サイズは似たようなものですね。多少厚みが増してるのはBluetooth関係の機能を搭載したから?ほかもこまごまとパワーアップしてるので仕方ないところか。USB3.0のTypeCってのは最新版らしいしなんかスゴイんでしょう。車とかでも「Type○○」とかついてるほうがスペック高いですもんね。どうすごいのかは全く知らないので適当言ってますけど(汗)。

とりあえず現時点で発表されてるスペックデータではこんなところ。「おお~っ!スッゲー!!」とはなりませんが、正当な進化してますね。

W04とW03それぞれの専用クレードルを比較してみた

「W04」のクレードルは過去の「W」シリーズ用クレードルにあったサイドのクリアケース部分がなくなってます。これいいですね~。厚みは「W04」の方が分厚いってことは、それより薄い旧モデル全部マイクロUSBに挿すことができるわけです。安定感はなさそうですけど挿さりさえすれば充電できるし文句なし。

逆に旧モデルには端子部分入らなさそうですね。台座部分削る必要があるかも?

 

というわけで、ファーウェイの最新WiMAX2+ルーター「W04」と旧モデル「W03」を比較してみました。

au公式サイトでは予約できるっぽいですし、これからWiMAX契約する予定なら選択肢の1つとしてありでしょう。ただauだと料金高くなるので1日でも早く最新機種を使いたい人向けです。料金の安さ優先ならUQ版がでるまで待ってからキャンペーン特典が充実してるWiMAXプロバイダにしたほうがいいです。3万くらい得しますんで。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由