W04とW03比較 何が変わった?スペックやクレードルを比較してみました

ファーウェイのWiMAX2+ルーター「Speed Wi-Fi NEXT W03」の次期モデル「W04」が2017年2月に発売されました。

下り440Mbpsに対応し、au 4G LTE回線も使えるWiMAXモバイルルーターとなってます。
※のちに708Mbpsへアップ

そこで旧モデル「W03」とスペックなどを比較し違いを調べてみました。

W04とW03を比較してみた

デザインを比較

ベースとなるデザインは似たようなものですけど、「W04」の方がモダンな感じ(モダンの意味知らんけど)。

無駄なラインが減って洗練されたとでも言えばいいのか、とにかく「W04」の方がおしゃれに見えます。

多分今までなかったスティックタイプ(縦)ってのも第一印象が新鮮でフィルターかかり気味なんでしょう。

でもこれはこれでいい感じ。

そう言えば「W02」もグリーンがラインナップされてました。

同じ色なのかわかりませんが、なかなかフレッシュな感じで爽やかです。

ちょうど新生活シーズンに発売されるし「これからやったるで~!」って気分にさせてくれそう。

 

デザイン面はこれくらいにして、次はスペックを比較してみます。

スペックを比較

 W04W03
本体カラーグリーン
ホワイト
オレンジ
ホワイト
サイズ幅 130mm
高 53mm
厚 14.2mm
幅 120mm
高 62mm
厚 11.4mm
重量約140g約127g
充電時間約120分約130分
バッテリー容量2750mAh3000mAh
連続通信時間約540分約610分
連続待受時間約850時間約1040時間
ディスプレイ約2.4インチ TFT LCD約2.4インチ TFT LCD
au ICカードau Micro IC Cardau Micro IC Card
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
最大通信速度(下り/上り)au 4G LTE&WiMAX2+(CA) 
370Mbps
au 4G LTE(CA)
225Mbps
au 4G LTE
150Mbps/25Mbps
WiMAX2+(CA)
440Mbps/30Mbps
WiMAX2+
110Mbps/15Mbps
※CA=キャリアアグリゲーション
au 4G LTE&WiMAX2+(CA)
370Mbps
au 4G LTE(CA)
225Mbps
au 4G LTE
150Mbps/25Mbps
WiMAX2+(CA)
220Mbps/未記載
WiMAX2+
110Mbps/15Mbps
※CA=キャリアアグリゲーション
au世界サービス○(LTE/UMTS)○(LTE/UMTS)
BluetoothVer 4.1
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
インターフェイスUSB 3.0(USB Type C)USB 2.0 High Speed
最大接続台数Wi-Fi 10台
Bluetooth 3台
Wi-Fi 10台
対応OSWindows Vista/7/8/8.1/10
Mac OS X v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12
Windows Vista/7/8/8.1/10
Mac OS X v10.5/v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12

「W04」はライバル機「WX03」の下り最大440Mbpsに追いついてきました。

まぁこの辺は当然でしょうね。

またBluetooth接続にも対応してスキがなくなってます。

バッテリー容量が減って持ち時間が「W03」に負けてますけど、NEC製「WX03」もBluetooth接続モードはWi-Fi接続より持ち時間長くなってたので、これも同じはず。

たぶんBluetooth接続なら「W03」と同じか長くなるんじゃないかと思われます。

サイズは似たようなものですね。

多少厚みが増してるのはBluetooth関係の機能を搭載したから?ほかもこまごまとパワーアップしてるので仕方ないところか。

USB3.0のTypeCってのは最新版らしいしなんかスゴイんでしょう。

車とかでも「Type○○」とかついてるほうがスペック高いですもんね。

どうすごいのかは全く知らないので適当言ってますけど(汗)

とりあえず現時点で発表されてるスペックデータではこんなところ。

「おお~っ!スッゲー!!」とはなりませんが、正当な進化してますね。

 

専用クレードルを比較

「W04」のクレードルは過去の「W」シリーズ用クレードルにあったサイドのクリアケース部分がなくなってます。

これいいですね~。

厚みは「W04」の方が分厚いってことは、それより薄い旧モデル全部マイクロUSBに挿すことができるわけです。

安定感はなさそうですけど挿さりさえすれば充電できるし文句なし。

逆に旧モデルには端子部分入らなさそうですね。

台座部分を削る必要があるかも?

 

WiMAX端末のau発売モデルとUQ発売モデルの違いはあるの?

WiMAXは高速データ通信をストレスなく行える接続回線として急速に人気が高まっています。

とくに最近では格安SIMなどの普及により通信回線に不満を持っている人も増えただけでなく、動画視聴サービスの利用者増などでデータ通信量も大きくなっている傾向です。

さらに格安SIMの場合には通信制限と言う大きな問題があり、利用料金を低く抑えようとすると一定の通信料を超えたところで通信速度を極端に下げられてしまいます。

これに代わるものとしてWiMAXを利用する人が増えているわけですね。

そしてWiMAX端末も数多くのメーカーから発表されていて、端末によってさまざまな機能が盛り込まれています。

中でもau 4G LTEを利用できるWiMAX端末はおすすめ。

auとついてるとau発売モデルだけとおもうかもしれませんが、まったく同じ端末を販売しているUQ発売モデルでも使えるのでどちらでもいいです。

完全に同じ端末で、au発売モデルとUQ発売モデルに違いはありません。

スペック以外の違いはあり

ここまで解説したとおり性能的に違いはないのですが、契約できるショップと機種本体のブランドロゴが違います。

au板はauショップで、UQ版は家電量販店やWEBサイトなどで契約し、auのロゴは「au」、UQのロゴは「UQ WiMAX」となっています。

また回線サービスの違いとして、au版は国際ローミングに対応しています。

海外出張時などでも別料金を払えば使える分、多少有利と言えるかもしれません。

 

まとめ

ファーウェイのWiMAX2+モバイルルーター「W04」と旧モデル「W03」を比較してみました。

すでに古いモデルなのでauショップやWiMAXプロバイダでは契約できません。

使いたい人は中古で購入しましょう。

古いモデルとはいってもスペックは十分すぎるレベルなので、まだまだ活躍してくれるはずです。

※追記

2019年10月からはWiMAXのSIMカード単体でもできるようになりました。

W04は中古で購入して使うにはピッタリのモデルです。

スペックも高く、中古価格も安いので、コスパが非常に高い端末ですね。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました