auのWiMAX2+オプションはWiMAX端末を契約するよりお得?

auのWiMAX2+オプションはWiMAX端末を契約するよりお得?

WiMAX回線を運営管理しているUQコミュニケーションズの親会社au(KDDI)に「WiMAX2+オプション」なるものがあるんですね。

いちauユーザーですけど、そんなのあるなんて全然知らんかったわ(汗)

オプションっていうくらいだから、WiMAX2+回線が使えるようになるものなんでしょう。

そこでau契約で付けられるオプション「WiMAX2+オプション」がどんなものなのか?普通にWiMAX2+端末を契約するよりお得なのか?について調べてみました。

auのWiMAX2+オプションってどんなもの?

auスマホでWiMAX2+回線が使えるサービスです。

 

オプション利用料金と申し込み条件

オプションそのものは無料ですが、LTENET契約必須なので実質300円/月ですね。

ただauスマホ契約するならみんなLTENETを契約することになるので問題ないでしょう。なのでタダと言ってよさそう。

今auガラケ-使ってるんですが、3GガラケープランではLTENET契約がないので無理でした(汗)。

4Gガラホ用プランならLTENETあるのでイケかも?と思ったら対応端末になし。残念です。

 

オプションに対応している機種

メーカー機種
アップルiPhone SE/6s/6s Plus/6/6 Plus
iPad Pro/9.7インチ/12.9インチ
iPad mini 4
iPad Air 2
auオリジナルQua tab PZQua phone PXQua tab PXQua tab 02Qua phoneQua tab 01
HTCHTC 10 HTV32
HTC J butterfly HTV31/HTL23
iidaINFOBAR A03
京セラURBANO V03/V02/V01/L03
DIGNO(R) rafre KYV36
TORQUE G02
BASIO
LG Electronicsisai Beat LGV34
isai vivid LGV32
isai VL LGV31
isai FL LGL24
サムスンGalaxy S7 edge SCV33
Galaxy S6 edge SCV31
Galaxy A8 SCV32
GALAXY Tab S SCT21
GALAXY Note Edge SCL24
GALAXY S5 SCL23
シャープAQUOS U SHV37/SHV35
BASIO2
AQUOS SERIE SHV34/SHV32/SHL25
AQUOS SERIE mini SHV33/SHV31
ソニーXperia XZ SOV34
Xperia X Performance SOV33
Xperia Z5 SOV32/Z4 SOV31/Z3 SOL26
Xperia Z4 Tablet SOT31
Xperia Z2 Tablet SOT21

 

これはひょっとしてWiMAX2+ルーター契約するより、このオプションに対応してるauスマホに機種変更してWiMAX2+へ接続したほうがお得なのかもしれない。ってなわけで比較してみました。

携帯電話+WiMAXルーター2台持ち vs WiMAX対応スマホ1台

私の今の契約状況+WiMAX2+の料金

ガラケー料金 約1500円
格安スマホ料金 約900円
WiMAX2+料金 約4000円
=合計6400円

auスマホに機種変更したときの料金

WiMAX2+対応のauスマホへの機種変更料金=一番安いのは込み込み6332円

あれ?そんな変わらない?ってか安い?

まぁWiMAX2+回線をそんなに使わないならアリですね。でも、WiMAX2+電波の受信感度や安定性は専用ルーターに分があるでしょう。いろいろ詰め込んだスマホ端末ではそれ系のパーツに力入れられませんからね。ネットをがっつり使うならやはり専用ルーターを買うべきだと思います。

 

au WiMAX2+オプションのメリット・デメリットは?

インターネットに接続する通信手段には、モバイル回線や光回線・ADSLなどの固定回線などさまざまな種類があります。

このうち今大注目を集めている通信手段の1つに「WiMAX」があります。

広告やCMでその名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

そんなWiMAXの現在の主流は、WiMAXをより高速化した「WiMAX 2+」シリーズで、その何よりの魅力は月額使用料の安さにあります。

特にauのスマホや携帯のユーザーであればWiMAX 2+とセットで契約すると毎月支払う料金に割引が適用されるため、興味を持たれている方も多いと思います。

そんなWiMAX 2+導入時気を付けたいのがどのWiMAX2+オプションをつけるかです。

当たり前ではありますが、オプションを省けばそれだけ月額使用料を抑えることができるのが1番のメリットです。

一方でWiMAX2+に使われる電波はその特性上直進性が強く障害物に遮蔽されやすいデメリットが知られています。

そのため、建物の影や屋上、地下などで通信しにくくなる傾向にあります。

いくら安くても快適に使うことができなければ意味がありません。

ただし、使用する環境によっては全く問題がない場合もあります。

そのため、機器を使う環境に合わせて必要な方は適宜WiMAXの電波より周波数が低く障害物に対して回り込みやすい特性をもつau 4G LTEを使える有料オプションをつけるのがおすすめです。

 

auのWiMAX2+オプション契約と普通にWiMAXを契約するならどっちがいい?

WiMAX回線を運営管理しているUQコミュニケーションズの親会社であるauでは、「WiMAX2+オプション」というauスマートフォンでWiMAX2+回線が使えるサービスを提供しています。

実際にauの回線を契約している方にとって、WiMAX2+オプションを利用する方法と、通常のWiMAX端末を契約するのは速度や料金はどっちがお得なのかいまいち判断することができないと悩んでしまっている方は少なくありません。

まずWiMAX2+オプションの特徴としては、オプション料金そのものは無料となっていますが、LTENET契約必須なので実質300円が毎月かかる特徴があります。

一般的にスマートフォン契約をする方が全員がLTENET契約を行うため、特に余計なお金がかかるという心配はないです。

このオプションを利用するメリットは、新規格であるWiMAX2+は混雑回避のための速度制限が設けられている特徴があり、日中については特に規制されることはなくスムーズに通信を利用することが可能です。

そのためこのオプションが適応しているスマートフォンに切り替えることで、普通にWiMAXルーターを契約するよりも毎月の料金を抑えることが出来るメリットがあります。

ただここで注意をしなくてはいけないことが、auのWiMAX2+オプションを契約できるのは一部のスマートフォンに限られていることです。

機種はアップルからauオリジナル、HTCやiida、京セラやLGElectronics、サムスンやシャープ、ソニーの中でも限られた機種となっているので、少しでも費用を抑えて契約を行いたいなら機種の金額や、種類などをきちんと把握した上で行う必要があります。

ただ他のモバイル機種を利用している場合や、がっつりインターネットを利用したいという場合は専用のWiMAXルーターを利用したほうが、通信量を気にせずに利用することが出来る場合もあるので注意が必要です。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由