バックドアって何?WiMAXルーターは大丈夫?

毎日大手IT系ニュースサイトを見ていたら、いろんなところで取り上げられていたのが「ドコモのモバイルルーター「Wi-Fi STATION L-02F」にバックドアがあったぜ!」というニュース。

あーなるほどなるほど、バックドアね。知ってる知ってる。あのアレなやつね。と知ったかぶりしつつ頭の中ではドラえもんがどこでもドア出してる映像が思い浮かんだ昼下がり。それじゃただのドアやん。ただの、じゃないけど。バックはいずこへ・・・。

でもまぁなんとなくセキュリティ的な問題があったんだなってのは伝わってきます。セキュリティに穴がある、通り抜けられるドアがある、みたいな意味に違いない。きっと。

でもふわっとしたままでは気持ち悪かったりするんですよね。しっかりした知識にするにはアウトプットが大事です。

というわけで、バックドアがどんなものなのか?について調べ記事にアウトプットしてみました。

バックドアとは?

「バックドアって何?」とグーグルさんに聞いてみると、車のバックドア、裏口、などといった複数の意味がでてきますが、今回のモバイルルーターはコンピュータセキュリティに関するもの。こんな意味だそうです。

ウィキペディア

コンピュータセキュリティ用語としてのいわゆるバックドアは、本来はIDやパスワードを使って使用権を確認するコンピュータの機能を無許可で利用するために、コンピュータ内に(他人に知られることなく)設けられた通信接続の機能を指す。

デジタル大辞泉

コンピューターネットワークやサーバーに設けられた不正アクセスのための出入り口。クラッカーの侵入やコンピューターウイルスにより、ネットワーク管理者に気づかれないよう作られる。

ASCIIデジタル大辞典

クラッカーやウイルスがホストに不正侵入をするために作る「裏口」のことを指す。

 

3サイトから引用してみました。

学校なら玄関口から入っていくのが正しい入り方ですが、1階男子トイレの窓だけ鍵を開けておき玄関しまった後でも入れるようにしておく、みたいな感じですかね。やけに具体的ですが経験あるわけじゃないのであしからず。最後に教員が戸締まりしてるはず。

 

今回のドコモモバイルルーターでは、用意されたバックドアによってインターネット上で端末を操作できてしまったらしい。そしてこれを起点に第三者へ攻撃したっぽいログもあったようです。今回はソフトウェアバージョンアップで改善されたようです。

でもこれってWiMAXルーターでも可能性十分ありますね。

「WiMAX バックドア」で検索してもそれらしき事例はでてこないので、過去なかったんだと思われますが、今後ないとも限りません。ソフトウェアバージョンアップで対応できるものならまだ問題ないとしても、ごく普通のユーザーさんがどうこうできるものでもないので、メーカーさんを信じるしかないですね。

最近でも、中国製スマホに勝手に通信状況を読み取る機能が組み込まれていた、みたいなニュースを見かけたので、WiMAXも大丈夫かいな?と心配になります。

WiMAX一番人気端末を製造しているファーウェイさんなら大丈夫!と信じたい。

でもこういうニュースで中国製どうこうって言われると、日本製に安心感を感じてしまうのは仕方ないですね。

ちなみに、「バックドア」で検索すると「バックドア 中国製」ってキーワードもでてきました。最近の日本メーカーは負け負けですが、信頼性についてはまだまだ上と言えそうです。

 

日本製のWiMAXルーターは?

ちなみにWiMAX2+ルーターの日本メーカー製品は

  • NECプラットフォームズ WX03/WX02/WX01/NAD11
  • シンセイコーポレーション novas Home+CA/URoad-Stick
    (前から新しい順)

などがあります。

気にする人はこちらを選びましょう。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由