地球WiFiの契約はあり?料金プランや端末、解約違約金まとめ

地球WiFi

世界中で使えるモバイルWi-Fiルーターサービスが毎年いくつも誕生しています。

そんな中でまた1つ新しく始まったのが「地球WiFi」。

地球とあるだけに世界中で使えるWiFiサービスです。

ただライバル多数のため、あえて「地球WiFi」を選ぶメリットはあるのか?が気になるところ。

そこで「地球WiFi」の強みを紹介しつつ、利用料金や端末、他社と比較し選んでも後悔しないか調べてみました。

地球WiFiってどうなの?あり?なし?

ここがいい!地球WiFiの魅力

  1. 安心のずっと定額料金
  2. 月間100GBの大容量
  3. 容量オーバーしても速度制限は384kbps
  4. 3キャリア回線に対応
  5. 世界135カ国で通信できる

安心のずっと定額料金

当サイトでおすすめしているWiMAXルーターを例に挙げると、初期2~3ヶ月だけ低料金でそれ以降高くなる仕組みを採用している業者もあります。
(最近は減りましたが)

この場合ユーザーによっては「騙された!」と感じてしまう人もいると思います。

でも地球WiFiは最初から解約するまでずっと同じ利用料。

国内利用は定額3980円(税別)です。
(海外料金も定額ですが詳細はページ下の方で解説しています)

わかりやすい料金設定は魅力ですね。

月間100GBの大容量

月間100GBまでなら快適な速度で使えます。
(例外もありますが)

1日あたり3.3GBまであれば十分じゃないでしょうか。

WiMAXやワイモバイルのWiFiルーターのように3日10GBの速度制限もなく、週末だけ1日10GB使っても制限に引っかかりません。

容量オーバーしても速度制限は384kbps

100GBを超えると速度制限対象となります。

が、同業他社のほとんどが128kbpsまで落とされるのに対し、地球WiFiはその3倍の384kbps制限。

もちろん遅くはありますし動画視聴は厳しいのですが、ネットサーフィンくらいなら十分可能です。

3キャリア回線に対応

ドコモ・au・ソフトバンクの主要3キャリア回線に対応しています。

同業他社にはソフトバンクだけのところも見られますが、地球WiFiは3キャリア対応なので多少繋がりやすくなるでしょう。

使う場所によるため具体的にどうこうとは言えませんが、日本全国に設置されている基地局数が単純に3倍になると考えたら有利になると言えます。

世界135カ国で通信できる

日本を含め地球上の135か国に対応しています↓

地球WiFiの対応国

一般の観光客がいかないような特殊な国、通信環境が整っていない国は無理ですが、海外旅行先としていける国はたいてい対応しています。

WiFiルーター一台で国内外対応するため、利便性は高いですね。

 

ここまでいいところを紹介してきましたが、惜しいところもあるため公平に解説していきます。

 

ここが惜しい・・・地球WiFiの残念なところ

  1. 3年縛り契約で自動更新
  2. 月の途中契約でも日割りなし満額請求
  3. 支払いはクレジットカードのみ
  4. 快適に使えるのは最大でも月間100GBまで
  5. 端末補償オプションは申し込み時しか加入できない

3年縛り契約で自動更新

縛り契約あり、です。

しかも3年と同業他社より長めなのはマイナスポイント。

途中解約なら違約金9500円(税別)が発生してしまいます。

さらに端末代は3年分割払い(450円×36ヶ月)のため、その時点の残金も発生すると考えておきましょう。

これがWiMAXなら毎年ニューモデルが発売され性能もぐんぐん上がっていきますし、5G対応モデルも登場しています。

が、地球WiFiの端末はモバイルWiFiルーターの中では低スペック。

さらに3年後ともなるとかなり古い機種になってしまいます。

国内利用メインのユーザーにとっては厳しいかもしれません。

月の途中契約でも日割りなし満額請求

ずっと定額料金なのはわかりやすくていいのですが、契約・解約した月の分まで定額となります。

もし月末日に契約したら1日で一か月分の料金を取られてしまいます。

地球WiFiを契約するなら月初に、解約するなら月の後半にしておきたいですね。

支払いはクレジットカードのみ

決済手段はクレジットカードのみです。

もっていない人、作れない人はそもそも契約できません。

口座振替対応のWiFiサービスを選びましょう。

快適に使えるのは最大でも月間100GBまで

上でメリットとしても取り上げましたが、月間100GBでは少ない人にとっては物足りない容量です。

そもそも月間100GBなら3日10GB制限のあるWiMAXでも実質おなじくらい使えます。

さらにWiMAXで制限されるのは18~翌2時頃までなので、それ以外なら使い放題です。

また同業他社には月間300GBまでOKなところも。

それら業者と比較すると見劣りしてしまいます。

端末補償オプションは申し込み時しか加入できない

縛り期間が長く、海外旅行時にも持って行くことを考えると、端末が壊れる可能性は高いと言えます。

これがWiMAXやワイモバイルなら中古で同じモデルを買えばそのまま使えますが、地球WiFiの端末は市場に出ている頭数が少ないモデル。

中古で安く手に入れるのは難しくなりますし、地球WiFi側に依頼すると端末代まるまるとられてしまいます。

もし頻繁に持ち運ぶなど故障しやすい使い方をするなら月額400円(税別)の保証オプションも検討したいところです。

ただこのオプションは契約時にしか申し込めないもの。

途中で追加できないため、つけるなら月額料金プラス400円と考えておいた方がいいですね。

ただそうなると月額料金はかなり割高になってしまいます。

 

料金プラン

地球WiFiの国内月額利用料

国内利用料はずっと3980円(税別)

  • 1~36か月目まで・・・基本料5980円+端末代450円-3年割2050-記念割400円=3980円(税別)
  • 37か月目~・・・基本料5980円-3年割1600-記念割400円=3980円(税別)

縛り契約による割引で端末代が相殺される感じですね。

スマホ契約と似たような仕組みです。

ややこしく見えますが、結局のところ定額3980円(税別)なのでわかりやすさが魅力です。

海外利用料は2パターン

  • 500MB/日・・・900円(非課税)
  • 1GB/日・・・1200円(非課税)

海外料金もわかりやすい定額になっています。

同業他社サービスでは国別に細かく分かれているところが多いので、地球WiFiならどこにいっても同じ料金で使えるのは大きな魅力ですね。

 

提供されるWiFiルーター

「U3」というクラウドSIMを採用したモバイルWiFiルーターです。

U3のデザイン

地球WiFiの端末U3

シンプルイズベスト!な見た目です。

ディスプレイなどなにもなく、使うときは電源ボタンを押すだけの簡単に使えるWiFiですね。

極力無駄を省き、老若男女問わず戸惑うことなく使えることでしょう。

U3のスペック

サイズ122×66×10 mm
重さ約125g
WiFiプロトコル2.4GHz IEEE802.11b/g/n
インターフェイスType-C
連続通信時間約12時間
バッテリー容量3000mAh
最大通信速度下り150Mbps/上り50Mbps
SIMカードスロットnanoSIM

スペックはそれほど高くありませんが、不自由なく使える性能は備えています。

モバイルWiFiルーターとして約12時間使えるなら長く使えるほうですね。

自分の持っているSIMカードを使うこともできるようですが、保証対象外になるので気を付けてください。

なおWiFi電波は2.4GHzのみ対応。

室内限定ですがより快適に使える5GHzには対応していないようです。

 

地球WiFiがおすすめの人

  • 月間100GBで十分
  • 料金設定はわかりやすいほうがいい
  • 国内外を一台で済ませたい
  • 3年縛りでもいい

といった条件にマッチしている方にはおすすめできます。

海外で使う予定がない人は、高速な回線が特徴のWiMAXをおすすめします。

参考記事
WiMAXキャンペーン特典比較 安いのはここ!

 

まとめ

日本でも海外でも一台で済ませられるモバイルWiFiルーターサービス「地球WiFi」を紹介しました。

すでに多くある似たようなWiFiサービスの同業他社より後出しだけに、どういった違いがあるのか期待していましたが、あまり尖った魅力は感じられませんでした。

でもずっと定額で使える安心感、速度制限適用後も他社より多少高速な通信環境で使える、といった地球WiFiならではの強みもあります。

ここで紹介した条件にあっている人は地球WiFiという選択肢もありと言えるでしょう。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

いま選ぶべきモデル&最安プロバイダがわかります
WiMAXプロバイダ比較