どんなときもWiFiってどうなの?徹底調査しました!

どんなときもWiFi トップ画像

ここのところ新しいレンタルWi-Fiサービスがバンバン立ち上がってますが、また新しいサービスが登場しました。

その名もどんなときもWiFi】。

自然にマッキーこと槇原敬之のヒットソングが頭の中を流れるネーミングでつかみはオッケーじゃないかと。

最初にこの名称をネットで知ってからCM観たんですが、まんま歌が使われてますね。

ですよねーって感じ。おもろいのでユーチューブで「どんなときもWiFi」と検索してみてください。

メイキングビデオが見つかるはずです。

ただ肝心なのはどんなときもWiFiのサービス内容。

最初からテレビCMをガンガン流して気合入りまくりですが、レンタルWiFiを名前だけで選んだらえらいこっちゃになります。

見るべきポイント「料金は安いか」「速度制限はないか」「使い放題プランはあるか」の3つはカバーしていてほしいところです。

で、サラッとどんなときもWiFi公式ページを見てみると、こんな魅力的なフレーズが並んでます。

  1. 容量無制限でネット使い放題
  2. 月7GBや3日10GBなどの通信制限なし
  3. ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応
  4. これ1台で海外でも使える

いままでのWiFiルーターへの不満をぜんぶクリアーしてる感じ。

料金面も当サイトでおすすめしているWiMAXのほとんどの業者より安いレベル。

容量無制限もOK、速度制限もなし、そしてさらに海外でも使えてしまう万能WiFiと言えそうですね。

これだけみると、とりあえず非の打ち所がなさそうなWi-Fiレンタルサービスです。

でも携帯やネット回線の契約って、ページの隅っこに小さく注意書きしてあることが多いので、まだ100%信じるのは危険だったりするんですよね。

そこで「どんなときもWiFi」のアピールポイントが本当かどうか?をチェックしつつ、サービス内容や料金・レンタルできる端末情報など詳しく調べてみました。

どんなときもWiFiってどうなの?

どんなときもWiFiを契約しても後悔しないかどうか、まずは上で紹介した魅力的な4つのポイントを1つ1つ見ていきます。

どんなときもWiFiのウリをチェック!

【1】容量無制限でネット使い放題

どんなときもWiFiは容量無制限

まぁこれは問題ないでしょう。

とはいえWiMAXやワイモバイルも容量無制限プランはあるのでとくにスゴいってわけでもありません。

ただちゃっかり※印がついてるので調べてみるとこんなことが書かれてます。

著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。

 

アホほど使いまくると他のユーザーさんに迷惑かかるから制限しますねってことですね。

他社さんも混雑すれば制限するベストエフォート方式なので似たようなもの。

著しくネットワークを占有」がどの程度なのかはわかりませんが、ユーチューブ動画をずっと観ているくらいなら「著しく」には該当しないでしょう。
(著しい=はっきりわかるほど目立つさま/goo辞書より)

また速度制限時の384Kbpsもほかより多少ゆるめです。

WiMAXやワイモバイルは月7GBプラン契約時にオーバーすると128Kbpsに制限されるので、3倍速いどんなときもWiFiはいい感じ。

それでも動画視聴は最低1Mbps(1000Kbps)欲しいので厳しいんですが、毎日10GBとか使わなければ制限されないだろうと思われます。

あと、不正利用してしまったら制限されるのは当然ですね。

【2】月7GBや3日10GBなどの通信制限なし

どんなときもWiFiは速度制限なし

ここ気にする人って多いと思います。

どれだけ使っても通信制限なし」なんてレンタルWiFiルーターはほとんどありません。

WiMAXやワイモバイルはユーザー数が段違いに多いせいもありますが、使いまくりたい人にとって天敵となる「3日10GB制限」なるものがあります。

これについては注意書きもなく、どんなときもWiFi公式ページに正々堂々「通信制限一切なし!」といい切っているので確かでしょう。

【3】ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応

どんなときもWiFiはクラウドSIMで3キャリア全部に対応

過去にも3キャリア対応を謳って結局ダメだったフリーテル製「ARIA2」っていうモデルがあったんですが、「どんなときもWiFi」は問題なさそう。

クラウドSIMという仕組みで、運営会社側が管理するサーバーで最適なキャリア回線を選び切り替えてくれるため、ドコモ、au、ソフトバンクの中から空いてるところを勝手に選んでくれます。

これはいいですねー!

対応エリアも3つのキャリアがカバーしている地域ならOKってことですね。

ちなみに回線は3キャリアとも現在スマホのメイン回線である4G回線を使うとのこと。

速度面も十分期待できます。

ここは他社サービスにない魅力的なポイントといえます。

【4】これ1台で海外でも使える

どんなときもWiFiは1台で海外も国内もOK

どんなときもWiFiさえ持っていれば、日本国内だけでなく、海外107カ国でもネットに繋げられます。

通常なら空港などでWiFiルーターをレンタルしたり、現地SIMを買う、キャリアの国際ローミングを使うといった手間がかかるんですが、どんなときもWiFiなら電源ONでどこでも使える便利さは魅力的。

ただこれはすでに似たようなWiFiルーターがいくつかあるので、特別スゴいわけではありません。

ちなみに海外利用時は別途データ容量を買うことになります。

 

というわけで、ここまでチェックした限りでは国内利用時の「速度制限なし」「3キャリア回線に対応」が大きなポイントと言えそうです。

つづいて、どんなときもWiFiで借りられるWi-Fiルーターについてみていきます。

 

レンタルできるWiFiルーターはこれ

どんなときもWiFiでレンタルできるU2sルーター

どんなときもWiFiでレンタルできるのは「U2s」というモデル。

アマゾンにも18000円くらいで売ってます。

下り最大150Mbps、連続12時間稼働、5台まで同時接続OKなど十分なスペックで、サイズは4インチのiPhoneSE/5/5sくらい。

WiMAXやドコモのルーターには1000Mbps超えモデルもでてますが、実測値は10分の1くらいになるでしょうしビックリするほどの差は感じないんじゃないかと。

U2sならドコモ,au、ソフトバンクから空いてる回線を選んでくれるので、場合によってはこっちのほうが快適だったりするかもしれませんね。

 

レンタル料金

2年縛り契約になります。

  • 事務手数料 3000円
  • 端末レンタル料無料
  • 12ヶ月以内の解約違約金 19000円
  • 24ヶ月以内の解約違約金 14000円
  • 解約月 0円
  • 26ヶ月目以降の解約違約金 9500円

国内料金

  • 1~24ヶ月目 3480円
  • 25ヶ月目~ 3980円

どんなときもWiFi公式ページにはデデーンと「3280円」の文字が載ってます↓

どんなときもWiFiの利用料金について

が、これはキャンペーン適用時なので気をつけましょう。

なお口座振替で申し込むと、

  • 1~24ヶ月目 3980円
  • 25ヶ月目~ 4410円

とかなり高くなるのでおすすめしませんし、さらに口座振替手数料200円もかかってしまいます。

海外料金

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米(69カ国)
  • 1日 1280円
中東・南米・アフリカ(37カ国)
  • 1日 1880円

1日1GBオーバーで384kbps制限されますが、十分ですね。

そして他社サービスなら別料金の「盗難・紛失」保証もついてるのがスゴい。

 

料金も安くていいですねー。

これで利益出るのか心配になるレベル。

ユーザー側としてはありがたい。

 

キャンペーン特典

クレジットカード決済を選ぶと国内料金が2年間200円/月割引されます。

ってことで、今なら月3280円で使えます。

無制限、速度制限無し、海外もOKでこの料金はかなりお得。

我が家ではWiMAXが光回線より快適なので揺らぐことはないんですが、ちょっと使ってみたくなりました。

いろいろなところへ出かける人なら、3つのキャリア回線を使いわける「どんなときもWiFi」のほうが良さそうです。

公式サイトはこちら
どんなときもWiFi

 

どんなときもWiFi利用者の声

どんなときもWiFiユーザーの口コミ評判

申し込み者が殺到し、一時レンタル用端末が足りなくなる事態になるほどの人気だったどんなときもWiFi。

とまぁここまでは宣伝の仕方しだいでどうとでもなるものなので、実際使った人はどう感じたのか?を調べてみました。

好意的な口コミ

  • 想像以上にめっちゃ良い
  • 充電持ちも良くて1日は余裕で持ちます
  • 通勤中も気にせずyoutube見れる
  • 容量制限から解放され、今の所ストレスフリーで使えております
  • プレステ4でフォートナイトのプレイも全然OKでした

否定的な口コミ

  • 混んでる場所ではめちゃくちゃ遅くて使い物にならない
  • 繋がりは問題ないけど速度がいまいち

いやはや、評判いいですね!

想像以上の良いって口コミどおりの感想を私も抱きました。

否定的な口コミはどんなときもWiFiに限らずモバイルルーターを使っていればよくあること。

混んでいたらどのサービスでも遅くなるものです。

また速度がイマイチなのも場所によるのでしかたないですね。

ツイッターで「どんなときもWiFi」と検索するとユーザーのみなさんによるレビューがたくさんヒットします。

他社サービスでここまで数多くのツイートはヒットしないので、人気っぷりがわかります。

料金はWiMAXと同じくらいですが、海外でもOK、縛り期間も2年と少し短いなどどんなときもWiFiのほうが優れているポイントもいくつかあります。

十分おすすめできるレンタルWi-Fiサービスですね。

 

国内限定ならどんなときもWiFiより安いところがあります

海外もOKで国内利用料も安いのがどんなときもWiFiの魅力ですが「別に海外行かないし国内だけでいいからもっと安くして!」って人もいるのでは?

レンタルWiFiサービスにはほかにもいろんな業者があります。

その中で国内向けに絞ってみると、月額3000円を切っているところもあるんです。

それらを比較した結果、いまのところ安いのは「縛りなしWiFi」の「縛っちゃうプラン」が安くていい感じ。

縛っちゃうプランは月額2800円で使えます。

使い放題なのでだっぷりデータ通信したい人にもおすすめできるレンタルWiFiです。

縛りなしWiFiについてはこちらで詳しく調べているのでぜひ。

 

まとめ

新しくサービス開始したレンタルWiFi「どんなときもWiFi」について調べてみました。

CM効果もあってかなりの人気らしい。

「他社のいいところをとことん詰め込んでみました!」みたいなWiFiサービスを宣伝広告費かけてアピールすれば当然申込者が殺到するでしょうね。

どんなときもWiFiは他所より端末スペックが若干劣るくらいで、その他モバイルWiFiルーターへの不満点を改善した贅沢なサービスでした。

速度制限なし、海外もOKでこの料金なら満足度高いはず。

WiMAXやワイモバイル、ドコモのルーターを検討していた人にもおすすめできるレンタルWiFiです。

最近はWiMAXより低料金のサービスがたくさん登場していて、WiMAX推しブログとしては非常に悔しい・・・。

WiMAXプロバイダさんにも頑張ってもらいたい!

[記事下]