Wi-Fi完備の高速バス「ドリームスリーパーⅡ」がいい!料金や予約方法、運行区間は?

無料Wi-Fi完備で完全個室の超快適そうな「ドリームスリーパーⅡ(DREAM SLEEPERⅡ)」っていう高速バスが2017年1月18日からサービス開始してます。

Ⅱとあるとおり、ドリームスリーパーを上位版みたいな夜行バスサービスです。

で、ドリームなスリーパー?どんな意味やねん?ってことで直訳してみるとこんな感じ?

ドリーム=夢
スリーパー=寝る人

「いい夢見ろよ!」的な?

まぁだいぶ違うと思いますけど、なんとなく心意気は伝わってくるので良しとしましょう。

高速バス「ドリームスリーパーⅡ」ってどんなサービス?

Wi-Fi設備完備!

高速バス「ドリームスリーパーⅡ」はWi-Fi使い放題のほか、当然コンセントも完備されてます。

ネット環境整ってますね~。

普通のインターネットカフェ状態。

ここであえてWiMAXを使ってやりたい。

高速で動きながら快適なネット接続ってできるものなのか疑問ですが、そこがグダグダならこんなサービス始めてないはず。

きっと快適なんでしょう。

WiMAXと比較してやりたい。

 

完全個室空間が全部で11室あり

ドリームスリーパー2には扉付き完全個室が11室あり、人に見せられない・見られたくないような動画でも自由に観られます。

また、シートや音楽、照明、香りなどぐっすり眠るための設備が過剰すぎない?ってくらい整ってるようです。

でもこのサービス、運行ルートは今のところ「大阪⇔東京」間だけっぽい。

今後どうなるか?は利益しだいってところでしょう。

 

高速バス「ドリームスリーパーⅡ」の内装

通路も壁もがラグジュアリー

木目っぽい区切りとじゅうたんが敷き詰められた通路。

通路はさすがに狭く感じますけど、めっちゃ高級感あります。

もう個室じゃなくていいんで通路にごろんと寝転がりたい。

個室もラグジュアリー

普通のバスの2.5倍以上の広さらしい。

足伸ばして寝られそうですね。

またデスクやUSBポートもついてます。

 

バス内の設備

バス内にはトイレや化粧室もあり。

快眠のための設備をみるとほぼ寝るためのバスっぽいのでシャワールームもあったら完璧なんですけどね。

スラックスをパリッとアイロンがけしてくれるサービスも欲しいところ。

人の欲望はとどまるところを知りません。

 

高速バス「ドリームスリーパー2」の価格

片道20000円なり。

キャンペーンで安くなることもあり。

東京のJR池袋西口と大阪のなんばを結ぶ夜行バスで、運行時間は約9時間。

新幹線より高い料金設定ですね。

で、到着時間は4倍くらいかかるわけで。

快適性なら新幹線のいい席より上だと思いますが、この価格に満足できるのか?はドリームスリーパー2に乗ってみないとわかりませんね。

(人によりますが)寝る前提の夜行バスなので寝て起きたらほぼ到着してるわけです。

となるとせっかくのラグジュアリー空間を堪能しきれないかもしれない。

もったいないので起きてると疲れてしまうので難しい判断になりそう(笑)

これで朝食も出してくれたら完璧なんですけどね。

 

ドリームスリーパー2の予約は公式サイトから

公式サイト⇒http://dreamsleeper.jp/ds2/

1週間先まで空き状況しらべてみたら全然なし(汗)

ワンランク下のドリームスリーパーもけっこう埋まってます。

みんなお金持ってるんですね~。

 

まとめ

高級感ある夜行バス「ドリームスリーパー2」について取り上げてみました。

ブラックカード持ってたり馬主だったりする人には「こんなん当たり前でしょ?」なレベルかもしれませんが、私のようなド庶民には夢のような、いやドリームなバスですわ、これ。

これは乗ってみたい。

そして快適性を満喫するには安全性、安心感も大事です。

その点このバスなら運転手も疲れ切って事故起こすような劣悪な環境ではないはず。

ちょっとばかり高額かもしれませんけど、ドリームで終わるような値段でもないですし、十分魅力ある交通手段だと思います。

話のネタようにいつか使ってみようと思います。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【安定重視】WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由