エクストラオプションとは?申込み・解約方法や対応するWiMAXプロバイダを探してみた

WiMAXエクストラオプションについて トップ画像

WiMAXにはau 4G LTE回線を使う「ハイスピードプラスエリアモード」ってのがあるんですが、最近まで月7GBを超えたときの速度制限はどうにもならないものだと思ってました。

そんなとき「エクストラオプションってプランを選べば対処可能ですよー」とヤフー知恵袋に書いてあったんですよね。

けっこうWiMAXについて調べまくってきてるのにまだまだ知らないことがあるもんですねー。

 

で、早速エクストラオプションについて調べたことをザックリまとめてみました。

エクストラオプションってどんなもの?

エクストラオプションとは?

と、au公式サイトにあります。

が、エクストラオプションの詳細について触れる前に、まずWiMAXで使える回線種類についてザックリと。

WiMAXで使う回線の種類

WiMAXでは次の3種類の回線を使います。

  1. WiMAX(無印)
  2. WiMAX2+
  3. au 4G LTE

①WiMAX(無印)

この回線は一世代前のサービスで、対応している古い機種なら今でも使えます。

ただ2020年3月でサービス終了すると公式発表されました。

関連記事
WiMAX無印回線は2020年3月で終了に!

今後はWiMAX(無印)で使っていた周波数帯を、現行サービスのWiMAX2+で使うことでさらに高速化していくようです。

「周波数帯?なにそれうまいの?」って人は、今回のお題「エクストラオプション」とは関係ないのでスルーしてください。

②WiMAX2+

WiMAX2+は、今メインで使われているWiMAX回線です。

面倒くさいからか、ネット上ではWiMAX2+=WiMAXと書かれていることが多いので頭の中で自動変換しておきましょう。

現在下り最大440Mbpsですが、WiMAX(無印)との合体などで今後さらに速度アップしていくようです。

③au 4G LTE

これはauスマホのメイン回線。

WiMAX機種側の設定で「ハイスピードプラスエリアモード」を選択することで使えます。

WiMAXはauと兄弟のようなもの(親会社が同じKDDI)なので、au回線も使えるようにしてるわけですね。

ただあくまでおまけ的な回線なので、月間7GBまでしか快適な速度で使わせてくれません。

オーバーすると超激遅な128kbpsという速度制限をかけられ使い物にならなくなります。

パソコンを繋ぐことも多く通信量が多くなりがちなWiMAX側でau回線を使いすぎると、肝心のau側の通信品質が悪くなってしまうので仕方ないでしょう。

通話が途切れ途切れになんてなったら、auブランドが地に落ちるでしょうし。

 

そんなわけで、au 4G LTE回線を併用できるハイスピードプラスエリアモードを利用するときは気を使うんですよね・・・。

動画をよく見る、毎日インターネット数時間とか使う人だと月7GBなんてあっさり超えますし。

そして超えたら超えたで翌月になるまで制限されっぱなしで不自由極まりない(汗)

こんなイマイチなハイスピードプラスエリアモードで唯一制限解除可能なのが「エクストラオプション」です。

 

前振りが長くなりましたがようやく本題に入っていきます。

エクストラオプションとは?

エクストラオプションとは、ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えても、2GBあたり2500円課金することで制限解除できるサービスです。

唯一のサービスなので緊急時には助かるんですが、それを差し引いてもめっちゃ高い!

2GBで2500円て足元見過ぎじゃないですかね(汗)

ここ数年で普及してきた格安SIMだって月3GBで1000円以下ですよ?

auスマホのデータ容量を買う場合、データチャージサイトで1GB1000円(ってこれも高いけど)なので、単純に500円ボッタk・・上乗せされてます。

最安で契約できるWiMAXプロバイダなら月平均3000円切ることもあるんで、ほぼ一か月分ってことに。

個人的にはあまりおすすめできないオプションサービスです。

そもそもWiMAX2+回線だけで過ごせないなら、別のサービスを選んだほうがいいです。

ドコモ回線でデータ無制限の「スマモバ」や、ワイモバイルあたりを検討しましょう。

関連記事
スマモバってどうなの?

データチャージとは何が違う?

auのデータチャージとの違い

auではデータ容量を買う方法に「データチャージ」もあります。

自動購入さえるエクストラオプションと違い、データ容量は自分で買うことになります。
(予約すれば自動追加みたいなことも可能)

エクストラオプションとの併用はできません。

またWiMAX用のプランには対応していません。

 

エクストラオプションの利用料金

申し込み&月額費用は無料です。

7GBを超えると自動で2GB追加&2500円課金されていく仕組みなので、ハイスピードプラスエリアモードにしたまま忘れて使いまくるとえらいこっちゃ!な事態になりえます。

心臓にあまりよろしくないオプションプランなので気をつけましょう。

一応超えたときに通知が来るので大丈夫だとは思いますが・・・。

 

メール通知サービスについて

契約中プランの月間データ容量を超えたら、自動加算された翌日にSMS(Cメール)で通知されます。

データ通信端末やタブレットをご利用でSMS(Cメール)が使えない環境だったり、別のEメールを使いたい人は「My au」ページで通知設定を変更依頼しましょう。

 

適用可能なプラン

  • WiMAX 2+ フラット for DATA EX
  • WiMAX 2+ フラット for DATA
  • WiMAX 2+ フラット for HOME

auショップでWiMAX契約するときに選べるプランです。

「DATA EX」はデータ使い放題、「DATA」は月7GBまで、「HOME」はホームルーター専用プランでデータ使い放題になってます。

 

申込み方法

ネット上(My auページ)では加入も廃止もできないようです。

オプションサービス変更ページに項目がありませんでした。
(その他ページにもなし)

au公式サイト上にもないので、auショップでってことになりますね。

 

解約方法

申込みと同じです。

 

適用タイミング

  • 申込み時・・・申込んだ翌日から適用されます
  • 解約時・・・その月の月末まで適用されます

 

以上、エクストラオプションについて紹介してきましたが、auショップ以外でWiMAX契約しても適用できるのか?も調べてみました。

対応しているWiMAXプロバイダは?

他社プロバイダのエクストラオプション対応状況

auショップで契約する人は問題なく使えますが、ぶっちゃけauって高いんですよね。

ほかにキャッシュバックなど特典が魅力的なプロバイダはたくさんあるので、どうせならそっちで契約したいのが人情じゃないかと。

ってなわけで安さがウリのプロバイダを数社ピックアップして調べてみました。

  • UQ WiMAX・・・なし
  • GMOとくとくBB・・・なし
  • So-net・・・なし
  • BIGLOBE・・・なし
  • BroadWiMAX・・・なし

完全にau限定のオプションサービスです。

必要ないと言えば必要ないサービスですが、安さを捨ててでもエクストラオプションが欲しいならauショップで契約しましょう。

でもおすすめはしません。

もし2GB超~4GB使ったら5000円上乗せです。

となると、もう1回線契約して2台持ちにしたほうが合計14GBつかえるわけです。

さらに上でピックアップしたプロバイダは、ほとんどが月3500円程度なので料金も安くなります。

 

まとめ

auショップだけで申込める「エクストラオプション」についてまとめました。

とくに魅力を感じないオプションサービスでしたが、

  • au 4G LTE回線しか繋がらない場所
  • 月7GBでは足りない
  • 他社のネット回線が契約できない

というかなり特殊な条件にマッチする人ならアリかと。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由