フリーWi-Fiの安全性ってどうなの?

フリーWi-Fiの安全性ってどうなの?

日本が国をあげての外国人観光客の誘致の取り組みが実を結び近年では毎年のように訪日外国人観光客のインバウンド数を更新し続けその勢いは留まることを知りません。その一方で食事やおもてなしの文化など日本国内の観光そのものには概ね満足した観光客が大勢を占める中で不満としてあげられたのが無料のwifiスポットの不足でした。

今や世界中のほぼ全ての人がスマートフォンを手にし外国へ観光に訪れた際にはアプリを使って観光ガイドを閲覧したりマップアプリで移動ルートを確認します。お腹が空いたり喉が渇けば近くのおいしいレストランやカフェを探したり旅先から家族や友人とのメッセージのやりとりもリアルタイムに行われるなど現在ではごく当たり前のスタイルとなっています。

しかしほぼすべての国ではモバイルデータ通信のネットワーク網が整備され国際ローミングを利用すれば国や場所を選ばず利用できるものの、その費用は莫大な金額となってしまいます。

そんな中で日本国内へのインバウンドの増加と同時に要望が高まり誕生したのが「japan connected free wifi」や「free wi-fi passport」、またそれらフリーWi-Fiを設置するお店や施設がどんどん増えてきました。大手コンビニ3社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)も設置してますし、カフェや公共施設、さらにはフリーWi-Fi搭載の自動販売機も徐々に普及しているようです。

関連記事⇒アサヒ飲料のWi-Fi搭載自販機

2020年の東京オリンピックに向けてこの先まだまだ増えていくでしょうね。利用する側にとってはありがたいことです。

ただフリーで使えるサービスとなると安全性について不安も感じます。日本では余り見かけませんが、海外ではフリーWi-Fiを利用した悪意ある使われ方のニュースもありますからね。どうにも安全性が高いとは思えなかったり・・・。もし人に見られたら死にたくなるようなデータをフリーWi-Fiスポット提供側が勝手に傍受してたらと思うと使えなくなってしまう人も多いのでは?そういうデータいじるときは自宅だけにしておきたいですね(汗)

で、安全性について。

ここではフリーWi-Fiの種類や総務省発表データによる利用者側の安全性への意識、また主なサービスをピックアップしその使い方と安全性についてまとめました。

フリーWi-Fiの安全性って大丈夫?

とりあえず大手企業がやってるWi-Fiサービスを利用すれば安全と言えるでしょう。人がやってる以上100%はないんですけどね。

でもここがフリーWi-Fiを利用する上で一番危険なポイントでもあります。スマホなどの端末はWi-Fi使えるアクセスポイントを勝手にリストアップしてくれますが、知らないアクセスポイントがあっても決して使わないように!何してるかわかりません。

なのでフリーWi-Fiスポットを利用するなら有名企業のものだけにしておいたほうが安全ですね。

ついでに有名どころのフリーWi-Fiアクセスポイント名称をピックアップしておきます。

フリーWi-Fiのアクセスポイント

フリーWi-Fi提供会社アクセスポイント
セブンイレブン7SPOT
ローソンLAWSON_Free_Wi-Fi
ファミリーマートFamima_Wi-Fi
スターバックスコーヒーat_STARBUCKS_Wi2
タリーズtullys_Wi-Fi
マツモトキヨシMatsukiyo_Free_Wi-Fi
マクドナルドマクドナルド FREE Wi-Fi
ドンキホーテDONKI_Free_Wi-Fi
JR東日本JR-EAST FREE Wi-Fi
JR西日本JR-WEST FREE Wi-Fi

など。まだまだありますけどこの辺で断念させていただきます(汗)

まぁないとは思いますけど、私なら「7SP0T」(アルファベットOを数字0に)とかやってセブンイレブン店舗近くにバレないように設置し「利用者の恥ずかし通信情報を傍受してやるぜ~ゲヘヘ」ってやるかな。できるのか知らんけど。一応断っておきますけど、やってませんよ?安心してセブンイレブンで恥ずかしいデータをやり取りしてください。

 

ほか、フリーWi-Fiについて総務省が調査データを発表してたので抜粋しておきます。

外国人観光客に調査した結果、「暗号化し安心して利用できるAPを増やす」を求めた人が50.6%、日本人の回答では56.5%でした。利便性も大事ですが、安全性も両立させて欲しいところですね。

各国の通信を傍受される危険性への認識

通信傍受の危険性認識レベル

日本は認識甘いですね~。データ盗み放題な感じ?世界的に見れば安全な国ですけど、ネット関係は安全と言えないですね。

Wi-Fi利用者の盗聴への認識度

Wi-Fi盗聴認識レベル

過半数がなんの対策もしていない日本。中国あたりに好き勝手データ収集されてそうです。と言ってる私もなんかしてるわけじゃないんですが(汗)

 

フリーWi-Fiを安全に使うための対策

  1. 有名どころ以外のWi-Fiアクセスポイントを使わない
  2. 端末OSは常に最新バージョンにしてセキュリティ対策
  3. 自動でWi-Fiにつながらないよう設定する

など。

まあでも一番安全性高いのはフリーWi-Fiを使わないこと。私もようやくWiMAX2+を契約したので、これからは外出先でも安心して恥ずかしいデータをやりとりできます。

 

メジャーなフリーWi-Fiサービスの安全性ってどうなの?

free wi-fi passport 安全性とサービス詳細

通常インターネットをするときは有料ですが、Wi-Fiを利用すると無料で使うことができます。このWi-Fiにはfree wi-fi passportと呼ばれるサービスがあるのを知っている人も多いのでは?これはソフトバンクが提供しているサービスで主に外国人観光客をターゲットにしているものです。

使い方は簡単。専用の電話番号への発信をするだけで登録することができ、専用のアプリケーションも一切必要なく2週間は無料でWi-Fiを使えるのが魅力となっています。

ただし基本的に外国人観光客専用の商品なので日本人の方は利用できないのが特徴です。

free wi-fi passportは、利用するにあたって音声ガイダンスが2カ国語用意されています。1つは英語で2つめは中国語、3つめは韓国語によりガイダンスです。利用条件は海外の通信事業者と契約している携帯電話なので、日本の通信事業者と契約している携帯電話は対象外となっています。

利用方法は電話をしてパスワードを聞く英語だと*8180に中国語は*8181韓国語は*8182の設定です。利用料金無料だけでなく利用制限もないので2週間の間は自由に使い放題なのも良心的と言えるでしょう。

使うにあたって気になるにはセキュリティ部分です。IDやパスワードといった重要な情報は完全に保護されているので安全性は高といえます。
重要情報を送信する時は利用中の通信機器から通信相手先のサーバを確保する時、SSLやインターネットVPNを使うのが良いです。SSLやVPNは無線区間でもセキュリティが確保されるので通信内容の保護ができます。暗号化された情報を送信するので情報漏えいの心配をしなくて良いサービスです。またソフトバンクでは安全に通信できるように推奨アプリケーションを提供しています。

使用する時は専用のSSIDを使い2つのサービスを利用可能です。1つは.FREE_Wi-Fi_PASSPORTでこちらは登録方法が音声通話のみ対応するサービスとなっています。通信事業者は一部対応していないものもあるので、ソフトバンクのホームページでチェックしておくといいでしょう。また外国人向けに内容を紹介している動画も用意されているため、わかりやすい説明を見たいなら必見です。

日本語ナレーションがメインですが、海外の通信事業者のページでは外国人向けのナレーションで紹介されています。もう1つは.FREE_Wi-Fi_PASSPORT_Jで、こちらは音声と携帯メールアドレスで登録する事が可能です。

japan connected free wifiの安全性とサービス詳細

外国人観光客誘致に積極的な政府の影響もあって、日本国内へのインバウンドの増加と同時に要望が高まり誕生したのが「japan connected free wifi」です。

誕生の経緯から原則として訪日外国人向けのサービスですが、free wi-fi passport」とは違い日本に在住しているユーザーも利用することができます。

iOSはApp StoreからAndroidはGoogle Playからそれぞれ無料でダウンロードできます。

使い方は簡単でjapan connected free wifiのアプリを起動し利用登録を済ませた後で画面中央に表示される「Connect」を選択すれば付近のwifiスポットに接続が行われます。

ここで気になるのが安全性の問題ですが提供事業者により全く暗号化がされていない状態で簡単にオートコネクトで接続されるサービスやSSIDとパスワードの入力をすることでWPAなどの暗号化通信で接続されるサービスなど対応にバラつきがあります。しかしjapan connected free wifiのアプリからはそれらの情報が分からない仕様になっています。

安全性を重視するならば事前に同サービスの公式ホームページの利用可能エリアに掲載されている提供事業者を個別に調べて接続方式に暗号化通信を提供しているサービスを選ぶ必要があります。どうしても暗号化していない接続で利用せざるを得ない場合は個人情報やIDパスワードなどの入力が伴わない範囲でセキュアなウェブの閲覧程度に留めたり別途VPNやセキュリティアプリを導入するなど留意する必要があります。

 

今後はフリーWi-Fiサービスをやめるカフェが増えていく?

フリーWi-Fiサービスをやめるカフェが増えていく?

日本では2020年のオリンピックに向けて、全国の観光地を中心にフリーWi-Fiスポットの設置が進んでいます。セブンイレブン、ローソン、ファミマなどのコンビニや、スタバなどのカフェ、はたまた自動販売機に至るまで、いろいろな店・ものがフリーWi-Fiに対応してきました。

そんな中、日本じゃないんですが、イギリスはロンドンにあるカフェでフリーWi-Fiをなくす動きがあるらしい(BIGLOBEニュースより)。スタバなどのチェーン店ではなく、個人経営の小さなカフェで徐々に増加中とのこと。

やめる理由は安全性とかでなく儲けが減るから。

う~ん、まぁ大手カフェでもないなら客の回転率は死活問題。明日のご飯もままならなくなるかもしれません。そんなカフェオーナーにとって長い時間ノートパソコンで作業されるのは邪魔でしかないですもんね。お金落とさないお客に無料サービスは提供できないってのも頷けます。でも他所と同じことしてたら儲からないんで、どうにかアイデアを絞り出して儲けにつなげてもらいたい。他人事なんで簡単にいいますけど(汗)

とりあえず日本に飛び火はしないでもらいたいかなって感じです。外国人観光客増えまくりなんで当分大丈夫でしょうけど。日本のスタバはフリーWi-Fiの利用方法が簡単になって積極的にアピールしてる感じですし

関連記事
スターバックスのフリーWi-Fi「at_STARBUCKS_Wi2」が簡略化

でも、安全性やカフェで使えなくなることを心配するなら、WiMAXみたいなモバイルルーター契約しちゃうこと。これが一番だと思いますよ。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由