GMOとくとくBB WiMAX2+のキャッシュバック、キャンペーン、料金、口コミ評判は?

GMOとくとくBB WiMAX2+のキャッシュバック、キャンペーン、口コミ評判は?

「WiMAX2+どこで契約しよっかな~?」ってネット徘徊してると、

「GMOとくとくBBが一番!」
「GMOとくとくBBでは契約するな!」

のような真逆の話がたくさんでてきます。

他社より口コミの数が多く感じるのはそれだけ契約者が多いからでしょうね。

で、オススメ派はキャッシュバックなど含めて月額料金が一番安いからって理由が大半。

ダメって言ってる人は、キャッシュバックの受け取り難さと問い合わせしたときの対応に不満ありありのようです。

WiMAX2+の回線環境・速度はどこで契約しても一緒なので、安さ最優先なら「GMOとくとくBB」で決まりなんですが、キャッシュバックをもらえるのは約1年後の話。

そしてその時点でちゃんと手続きしないともらえません。

キャッシュバックをもらい損ねると、家電量販店などで契約したときと変わらない料金になってしまいます。

で、どこかで見かけたんですが、GMOとくとくBB含めWiMAXキャッシュバック特典をもらい損ねた人の割合が6割か8割って話がありました。

これだけいたらそりゃぁ不満の声もたくさんでるよねっていう(汗)

 

まぁでもキャッシュバックがもらえない詐欺やってるわけじゃないので、きちんと手続きさえ済ませれば業界でも最安級なのは間違いなし。

そこで、「キャッシュバック込み最安値がいい!」って人向けに、GMOとくとくBBのキャッシュバック額やキャンペーン情報、口コミ評判についてまとめてみました。

GMOとくとくBB WiMAX2+ってどうなの?

キャッシュバック額はどれくらい?

2019/9更新
機種名
タイプ契約期間キャッシュバック額
本体のみ
キャッシュバック額
クレードル付き
W05
(Huawei)
携帯3年-円32050円
W06携帯3年32050円
WX05
(NEC)
携帯3年32050円29000円
L02据置3年31550円
HOME01据置3年31550円
WX04
(NEC)
携帯3年販売終了
W04
(Huawei)
携帯2年/3年販売終了
WX03
(NEC)
携帯2年販売終了
L01s
(Huawei)
据置2年/3年受付終了
L01
(Huawei)
据置2年受付終了

GMOとくとくBBは他所のプロバイダと違ってて、WiMAX2+ルーター端末ごとにキャッシュバック額が決まっています。

ニューモデルでたし在庫減らしたいんだろうな~って端末は高額に、それ以外でもちょっと低めながら他所よりはかなり高額設定になってるのでご安心を。

ちなみにこのキャッシュバック額は指定リンク先のWEB申し込み限定で、普通のページだと安くなるのでご注意ください。

指定リンク先公式ページはここ
GMOとくとくBB WiMAX2+公式

 

さぁあとはキャッシュバックの受け取り方を予習しておきましょう。

ここをきっちり抑えておかないとGMOとくとくBBを選んだ意味がなくなるので。

キャッシュバックのもらい方を詳しく解説!

  1. 契約した月を含む11ヶ月目に案内メールあり
    ココに注意!
    契約時に基本メールとして登録したメルアド宛に「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内」というタイトルで送られてきます。基本メールにはたくさんメールが送られてきてるので埋もれがち。カレンダーに印しておくなどして絶対忘れないようにしましょう!
  2. 案内メール送信日の翌月末までに返信
    ココに注意!
    期限を超えるとどんなにゴネてもキャッシュバック受け取り権利は喪失します。
  3. 返信した翌月末の営業日に指定した口座へ振込み

1年後なんて覚えてる自信ない、忘れそうだな~って人は、キャッシュバック分が月額料金割引に当てられてる「とくとくBB 月額割引コース」が安全確実です。

こちらも申し込みは専用ページからになってます。

月額割引ページ
GMOとくとくBB WiMAX2+月額割引コース

キャッシュバックコースとは完全に別ページなので間違えないように!

 

キャッシュバック以外のキャンペーン特典は?

  • 端末受け取り月は月額料金0円
  • ギガ放題プランは1~2ヶ月目の月額料金が3609円(税別)に割引
  • 端末代0円
  • 端末代送料無料
  • GMOとくとくBB入会費0円
  • 20日以内ならキャンセルしても違約金なし
    (ピンポイントエリア判定が◯の人対象)

端末0円&送料無料は他所も当たり前にやっている特典ですが、タダになるのは助かります。

最初の1~2か月目の割引に関しても、他所も当たり前にやってますが、GMOとくとくBBのほうが数十円安いのはポイント高いでしょう。

GMOとくとくBBの入会費0円も特典ではありますが、会員登録でお金を徴収するところのほうが少ないと思うのでイマイチですね。

ただ最後の「20日以内なら違約金なしキャンセルOK」特典はGMOとくとくBBだけのもの。

対応エリアチェックで「〇」じゃないとだめですが、該当する人は安心して申し込めます。

通常は初期契約解除制度というものが使えるんですが、こちらは8日間が期限なんですよね。

倍以上もの余裕をもってWiMAXの通信状況をチェックできるのはここだけの強み。

そもそもGMOとくとくBBって解約違約金が他所より高額(通常19000円→24800円)なので、もしものことを考えると助かります。

 

GMOとくとくBBの月額料金

コース申込月1~2ヶ月目3~24ヶ月目25ヶ月目~
ギガ放題
キャッシュバック
0円3609円4263円4263円
通常プラン(月7GB)
キャッシュバック
0円3609円3609円3609円
ギガ放題
月額割引
0円2699円3353円4263円
通常プラン(月7GB)
月額割引
0円2699円2699円3609円

月額料金以外にかかる費用は?

  • 初期費用3000円
  • 毎月のユニバーサルサービス料2~3円

さすがにユニバーサルサービス料0円のプロバイダはありません。

このへんは仕方ない費用です。

が、たまに初期費用0円のプロバイダはあります。

でもGMOとくとくBBより高いのでお勧めするほどではありません。

 

料金面以外のおすすめポイントは?

GMOとくとくBBは業界でも最安の値段を誇っているので料金を安くしたい人向けなのはここまで紹介してきたとおりですが、良いところはあります。

最新機種を数多く扱っている

それは最新ルーターを数多く扱っていること。

持ち運びするタイプから自宅で利用できる据え置き用のルーターまであるので便利です。

据え置きルーターは小規模のオフィスに導入することも可能なので会社でも使えます。

さらに最新機種が発表されると業界でも一番最初に予約受付を始めます。

発売日に確実にゲットしたい人にも最適です。

20日以内のキャンセル制度あり

実際にGMOとくとくBBを使って満足できなかった時は20日以内だとキャンセルをすることができる制度が用意されているのも強み。

初めてWiMAXを契約する人で不安のある方に適したサービスといえます。

基本的にキャンセル扱いになるので違約金が発生しません。

これが他社なら初期契約解除制度というものを利用するため商品発送日から8日以内でなければ無償解約できません。

12日間のゆとりある期間はかなりのメリットと言えます。

プラン選択をすることができるのもメリットです。

あまり通信をしない人のためのライトプランだと7GB制限で3609円です。

多く通信をする人に適したギガ放題プランは通信制限なしで使えるのでヘビーユーザー向け。

他にもLTEオプション無料プランも利用することができます。

WiMAXは地下鉄や地下街だとちょっと電波が通りにくいのですがこの弱点を改善したプランです。

LTEはauの携帯電話電波網を使うのでつながりやすくなっています。

 

対応エリアは?

GMOとくとくBBでWiMAXを利用する前にやっておくことは、住んでいるエリアが対応エリア内に入っているかどうかの確認です。

確認しておかないと、最悪解約時に違約金を取られるハメになるかも・・・。

対応エリアを確認するならGMOとくとくBBの「エリアマップ」を使えば簡単です。

また、GMOとくとくBBが提供するインターネット接続方式は、通常のWiMAXと、より進化したWiMAX2+とLTE/UQ mobileとなっています。

それぞれ接続することが出来るエリア範囲が違いますので間違えないようにしましょう。

ちなみに、エリアマップでは住所やフリーワードから検索すると速いです。

日本地図を見て、その中から自身が住んでいる都道府県を選択して、地図ウィンドウを動かして住んでいるエリアをチェックすると分かります。

また、ピンポイントエリア判定のコンテンツもありますので、そちらも活用することが出来ます。

ピンポイントエリア判定は○・△・×で表記されるんですが、○の場合で契約→実際使ってみたら全然使えない!となった場合、20日以内なら違約金なしでキャンセル可能のサービスも用意されていて安心です。

 

回線速度は?

GMOとくとくBBの回線速度は普通のWiMAXの速度と同じです。

WiMAXは本家以外にも様々なプロバイダが提供するものが存在し、GMOとくとくBBもその一つですが、どこのプロバイダで契約しようと通信の品質そのものには差はありません。

通信速度も同じですし利用可能エリアも同じですから、その点で比較しても意味はありません。

月額料金やキャッシュバック、様々な付加特典に関しては、各プロバイダによって大きく違ってきますから、WiMAXを利用する際はその点で比較するべきです。

すでに上で紹介しましたがGMOとくとくBBは高額キャッシュバックで有名な会社。

キャッシュバック額が3万円を超えることもありますし、端末代金も無料で提供しておりコストパフォーマンスは抜群です。

またGMOとくとくBBでWiMAX契約すると、GMOポイントが毎月貯まっていくというメリットもあり。

毎月100ポイントほど貯まっていき、同社が運営するショッピングサイトでお買い物に使えてお得です。

 

GMOとくとくBB WiMAX2+の口コミ評判

ポジティブな口コミ評判

  • タブレットセットがある
  • 意図的に通信速度規制を発動させてみたが特段遅いとは感じない
  • 普通に速度出てます
  • キャッシュバック特盛

ネガティブな口コミ評判

  • なにも考えずにとくとくBBでなにもせずに33000キャッシュバックがくるって思って契約する奴ほぼ確実にキャッシュバック受け取れない
  • 違約金が24800円
  • くそむかつくわ、、、だいたい圏外か接続中かでまともに使えん
  • GMO自体あまり印象良くない
  • 理不尽なプロバイダー

口コミ評判 総評

速度遅い、ネット繋がらない系の声はGMOとくとくBBに限らない話なのでスルーで。

UQWiMAX本家にある無料お試し「TryWiMAX」で事前確認しておきましょう。

あとキャッシュバック受け取れず激怒してる人がけっこういます(汗)。

ネガティブな声のほとんどがコレ関係。

ここが人気なのはやはり他社より圧倒的に高額なキャッシュバックにあります。

ほとんどの人がそこに惹かれて契約してるので、もらえなければ激怒するのは当然の流れ。

この件については忘れずもらうための準備して自己防衛するしかありません。

スマホや手帳、カレンダーなどにメモっておけばもらえないってことはないはず。

面倒なら「ギガ鬼安Max2+」コースがおすすめです。

 

評判よくないけどサポートレベルってどうなの?

GMOとくとくBB WiMAXのサポートは電話が繋がらない、メールへの返信がないという事も基本的にありません。

ただし、GMOとくとくBBはキャンペーン特典が業界でもトップクラスに魅力なのでその分契約者も多く、よくわからないままお得感だけで申し込む人も多いのでしょう。

そういった方たちが電話をかける頻度は他社に比べて多くなると思われます。

よってお昼休みや夕方以降の時間帯にはつながらない可能性も高くなります。

電話は営業時間内であれば時間帯によっては混雑している場合もありますが基本的には繋がるでしょう。

オペレーターからサポートを受けられないということはありません。

しかし電話対応ができるオペレーターの人数は限られているので時間帯や混み具合によっては電話が繋がらない場合もあります。

メールサポートはいつでもメールでサポートを受けることができますがリアルタイムではないので返信までには数時間掛かってしまいますが、他のプロバイダなどのサポートと比べても返信が遅いということはありません。

メールについては遅いと数時間程返信がない場合もありますが、リアルタイムでのやり取りではないため返信に時間が掛かることは仕方がない事だと言えます。

 

公式サイトはこちら
GMOとくとくBB WiMAX2+

[記事下]