WiMAX HOME01とL01sの違いを徹底比較!どっちを選ぶべき?

WiMAX HOME 01とL01s比較 トップ画像

WiMAXルーターの主なメーカーは

  • NECプラットフォームズ(日本)
  • ファーウェイ(中国)

の2社あります。

そしてファーウェイは2017年にWiMAXホームルーター「L01」シリーズを発売し大人気となりました。

それから遅れること約2年、NECプラットフォームズもついにホームルーター市場に参入!

「WiMAX HOME 01」を発売します。

 

そこで「HOME 01」とファーウェイのホームルーター現行モデル「L01s」の違いを徹底比較!

どっちがいいのか?について、デザインやスペック、搭載されている機能などの面から比べてみました。

WiMAX HOME 01 vs L01s どっちのホームルーターがいい?

まずは違和感なくインテリアに溶け込めるかデザインを比較していきます。

デザイン比較

HOME 01サイズ:幅70×高155×奥行100mm
L01sサイズ  :幅93×高180×奥行93mm

正面のデザイン比較

WiMAX HOME 01とL01sの前面デザイン

HOME 01のコンパクトさが目立ちます。

正面から見るとふた周りは小さいですね。

背面のデザイン比較

WiMAX HOME 01とL01sの背面デザイン

背面デザインもHOME 01がかなり小さめ。

端子はLANケーブル用が2つ、アダプター用が1つ、リセットボタンが1つ、USB端子が1つ。

HOME01はさらに2つ穴がありますが、現状不明なのでわかりしだい追記します。

側面のデザイン比較

WiMAX HOME 01とL01sの側面デザイン

側面サイズだけはHOME 01が少し大きめ。

ですが1cm大きいだけなので全体的にはHOME 01の方がコンパクトになっています。

上部のデザイン比較

WiMAX HOME 01とL01sの上部デザイン

奥行きが1cm大きいぶんHOME 01は細長くなり楕円形なのに対し、L01sは真円。

デザインのオシャレさではL01sのほうがいい感じ。

対してHOME 01はどことなく昔ながらのWi-Fiルーター感というか機器っぽさを感じます。

まぁでもホワイト一色なので、和洋アジアンなどどんなインテリアにも合いそうですね。

 

搭載されている機能を比較

HOME 01の注目機能

  • ビームフォーミング
  • WiMAXハイパワー
ビームフォーミング

Wi-Fi電波の受信速度が約50%改善されるとのこと。
(5GHz帯利用時)

同じメーカー製モバイルルーター「WX05」もクレードル利用で同様の機能が使えるんですが、こちらは約20%改善されるのみ。

さすがにコンセント直結のホームルーター型だけあってパワフルです。

スマホで動画観たりゲームやるときは、かなり快適になるでしょうね。

WiMAXハイパワー

WiMAX電波の通信速度が約70%も改善されるとのこと。

こちらも同様の機能を搭載する「WX05」が約20%改善なのに対し、3倍以上と圧倒的。

バッテリー駆動じゃない分、電力を思う存分使えるのでパワーが違います。

もちろん最大約7割改善ってだけなのでもっと少ないこともありますし、もともと電波が届かないところではどうにもなりません。

が、他のWiMAXルーターで仮に100Mbpsの速度だったなら、170Mbpsになる可能性はあるわけで。

かなり魅力的な機能と言えるでしょう。

ちょっと早いんですが、HOME 02でも当然搭載してくるでしょうし、どれくらいパワーアップしてくれるのか今から楽しみですね。

L01sの注目機能

L01から細かな部分でバージョンアップしたL01sですが、HOME 01のように特徴的な機能はなかったりします(汗)

それだけに、HOME 01の魅力が際立ちます。

ただ都会に住んでいるなどWiMAXが普通に使えるエリアならL01sで全然問題ありませんし、見た目で選ぶなら個人的にはL01sですね。

 

スペック比較

製品名称WiMAX HOME 01Speed Wi-Fi HOME L01s
メーカーNECプラットフォームズ
(日本)
ファーウェイ
(中国)
本体カラーホワイトグレー
サイズ幅 70mm
高 154mm
奥行 100mm
幅 93mm
高 180mm
奥行 93mm
重さ約338g約450g
電源ACアダプタACアダプタ
最大消費電力
SIMカードNanoSIMNanoSIM
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
最大速度
受信440Mbps
送信75Mbps
受信440Mbps
送信30Mbps
Wi-Fi規格IEEE802.11
a/b/g/n/ac
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
インターフェイス100BASE-LANポート
1000Base-T
10Base-T
100Base-TX
1000Base-T
同時接続台数最大22台
【内訳】
有線接続 2台
Wi-Fi(2.4GHz) 10台
Wi-Fi(5GHz) 10台
最大42台
【内訳】
有線接続 2台
Wi-Fi(2.4GHz) 20台
Wi-Fi(5GHz) 20台
対応OS
Windows
7/8.1/107/8.1/10
対応OS
Mac OS X
v10.5/v10.6/v10.7/v10.8/
v10.9/v10.10/v10.11/
v10.12/v10.13/v10.14
v10.6/v10.7/v10.8/
v10.9/v10.10/v10.11/
v10.12/v10.13
かんたん接続WPS/NFC/QRコードWPS/NFC/QRコード
同梱品ACアダプタ
つなぎかたガイド
(保証書付)
ACアダプタ
Ethernetケーブル(試供品)
取扱説明書
保証書

スペック表上の主な違い

  • 本体カラー
  • サイズ
  • 重さ
  • 最大接続台数
  • インターフェース
  • 同梱物

L01sに対し、HOME 01はふた周りほどサイズダウン&軽くなってます。

本体カラーはL01sがグレーなんですが、背面パーツの一部だけなので実質ホワイトみたいなものです。

L01sより劣っているのは、接続台数、インターフェース、同梱物の3つですね。

接続台数

L01sは42台まで同時接続OKと、HOME 01の倍近く繋げられます。

ただ一般個人宅で使う分には必要ないスペックです。

不特定多数が訪れるお店や集会などで使うくらいしか用途はないでしょう。

スマホやタブレットなど数十台持ってて同時接続する、といった特殊な使い方をするなら別ですが・・・。

そもそもHOMEデザイン 01の22台でも多すぎるレベルですからね。

インターフェース

HOME 01は「10Base-T」非対応です。

10Base-T(テンベースティー)とは、通信速度10Mbpsの規格のこと。
(同じように100Base-TXなら100Mbps、1000Base-Tなら1000Mbps(=1Gbps)ですね)

古い規格なので今さら使う人はほとんどいないはず。

これがどうしても必要ならL01sを選ぶことになりますが、対応してないからと言ってマイナスにはならないでしょう。

同梱物

HOME 01ではLANケーブルがついていません。

ホームルータータイプなので最初からケーブル接続用端子が付いてますが、デスクトップパソコンでもない限りWi-Fi接続することがほとんど。

またデスクトップパソコンをインターネットに繋げている人なら、すでにLANケーブルを使っているはずです。

なのでとくに問題ないでしょう。

 

このように、HOME 01では不必要なもの・機能は省かれているようです。

これによりサイズダウンしつつ新機能搭載のスペース確保に繋がっているんですね。

 

というわけで、ここまで2機種の機能やスペックを比較してきました。

そこでそれぞれの優れているところを一度まとめつつ、どっちがいいか?を見ていきます。

HOME 01の優れているところ

  • WiMAXハイパワーで通信性能アップ
  • ビームフォーミングでWi-Fi環境が快適に
  • サイズがコンパクト

安定性アップを中心に開発されているHOME 01。

L01sと最大速度が同じですが、新機能がある分こちらのほうがより快適に使えるでしょう。

L01sの優れているところ

  • デザイン性の高さ
  • 同時接続台数が多い

大ヒットした(している)モデルなのはデザイン性の高さも理由の1つ。

ネット上でもデザインに対するポジティブな声が多く見られます。

 

どっちがいい?

通信環境の大幅な改善が見込める「WiMAX HOME 01」が断然おすすめです。

部屋に置くアイテム1つ1つへのこだわりが強い人ならL01sだと思いますが、HOME 01も白ベースで通信機器っぽさはありません。

昔ながらのアンテナが外に出ている通信機器のイメージ↓

昔の通信機器イメージ画像

というわけで、HOME 01がいいですね。

それでもL01sがいい人はこちらで最安業者がわかります。

参考記事
L01sの最安業者比較

 

最後にHOME 01を安く契約できるWiMAXプロバイダを比較してみました。

一番安いWiMAXプロバイダはここ

今後さらに扱うプロバイダは増えていくと思いますが、現時点では次の業者で契約できます。

  1. UQ WiMAX
  2. GMOとくとくBB
  3. So-net
  4. BroadWiMAX
  5. @nifty
  6. DTI

増えしだい追加予定。

これらプロバイダで3年縛り期間の合計料金を比較、ランキングにしました。

HOME 01 料金比較ランキング

順位プロバイダ
2018/12更新
ギガ放題
(無制限)
3年総額
ライトプラン
(月7GBまで)
3年総額
特典
GMOとくとくBB
キャシュバック
11406091824キャッシュバック
38100
So-net121680100080月額割引
@nifty125240102120キャッシュバック
30000
BroadWiMAX128626105336月額割引
GMOとくとくBB
月額割引
129064106828月額割引
DTI130430122500月額割引
UQ WiMAX153312130056キャッシュバック
3000
料金で選ぶなら
GMOとくとくBB

文句なしにGMOとくとくBBが最安です。

対応エリアチェック・詳細はこちら
GMOとくとくBB公式

 

キャッシュバックが嫌いな人は
So-net か BroadWiMAX

ネットを見てるとキャッシュバック特典を嫌がっている人も見かけます。

そういう人は基本料金を割引するキャンペーンがある「So-net」か「BroadWiMAX」が最適。

この中で少しでも安い方を選ぶなら「So-net」で。

対応エリアチェック・詳細はこちら
So-netモバイルWiMAX2+

ですが、初期設定やトラブル発生時に不安のある人はサポートの良いBroadWiMAXで。

管理人はここで3年目になりますが不満なし。

またこちらは契約してから20ヶ月目以降に機種変更すると、25ヶ月目からずっと月額300円割引されるため、長期利用する人は一番です。

対応エリアチェック・詳細はこちら
BroadWiMAX公式

 

まとめ

国産WiMAXホームルーターにNECプラットフォームズも参入!

新機種「WiMAX HOME 01」がどんな機種なのか?についてライバルL01sと比較しつつ紹介しました。

無駄を省きつつ、不満の多かったWiMAX通信環境の改善を中心にパワーアップしたHOME 01。

L01sと比較してもかなり魅力的なモデルに仕上がっています。

これからWiMAXホームルーターを契約するなら、断然「WiMAX HOME 01」がいいですね。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【11/8発売!】WX05(携帯型)←New!
WX05の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)←New!
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

W05(携帯型)
W05の料金&キャッシュバック比較

L01s(据え置き型)
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由