HOME01とW05ならどっちのWiMAXルーターがいい?

HOME01とW05を徹底比較

いまWiMAXを契約するときに選べる機種は業者によって違いますが、1~5種類程度あります。

その中でWiMAX端末の2大メーカーが製造販売する次のモデル、

  • NECプラットフォームズ「WiMAX HOME 01」
    (据え置きタイプのルーター)
  • ファーウェイ「Speed Wi-Fi NEXT W05」
    (携帯タイプのルーター)

をピックアップ。

この2機種ならどっちを選ぶといいのか?について、デザインや仕様、注目機能、安く契約できる業者とその料金を比較しました。

どちらか迷っている人は参考にしてください。

WiMAX HOME 01 vs W05を徹底比較!

まずは簡単にそれぞれの特徴を紹介していきます。

アピールポイントを比較

WiMAX HOME 01の特徴

  1. シンプルな見た目
  2. WiMAX最小サイズのホームルーター
  3. WiMAXハイパワー搭載
  4. ワイドレンジアンテナ搭載
  5. ビームフォーミング搭載
  6. au 4G LTE回線も利用可能
1.シンプルな見た目
WiMAX HOME 01 キャンペーン

あくまでわたくし個人の印象ですが、オシャレです!

白一色で和洋どんなインテリア・色の部屋にも合うシンプルデザインが素敵。

2.WiMAX最小サイズのホームルーター

ホームルータータイプの端末の中でも一番小さいボディなので可愛らしいのも○。

デスク上に置いておいても窮屈な感じはしません。

3.WiMAXハイパワー搭載

NECプラットフォームズ渾身の新機能がこれ。

このメーカー製品の2世代前モデルから電波の受信能力アップ機能を追加してきたんですが、今回は発信能力を向上させてきました。

同時期に発売された携帯型「WX05」にも同じ機能が搭載されてますが、HOME01のはパワーが違う!

WX05が約20%改善なのに対し、HOME01の通信速度改善率は約70%!
(公式サイト記載の値)

それだけ電波発信能力が上がってるってことは、今まで電波弱くて安定感なかった部屋でも改善される可能性ありですね。

4.ワイドレンジアンテナ搭載
WiMAX HOME 01搭載のワイドレンジアンテナ図解

本体の奥行きが長くなっている原因の1つがこのワイドレンジアンテナにあり。

上の画像の緑色の板みたいなのがそれで、矢印のようにいろんな縦・横・奥行の3方向で電波を拾います。

これにより受信能力が約50%アップ!

そしてアンテナサイズを小さくできる「μSRアンテナ」ってのも新たに搭載。
(読みはたぶんミューエスアールアンテナですが詳細はわかりません)

HOME01はこのおかげでコンパクトサイズを実現してるんですね。

5.ビームフォーミング搭載

送信はWiMAXハイパワーで、受信はワイドなアンテナで協力になったHOME01。

そしてさらにWi-Fi電波の発信を効率化させる「ビームフォーミング」機能も搭載。

たとえばHOME01が窓際に置いてあり、スマホを部屋の入口ドア付近で接続したなら、あなたのスマホに発信したWi-Fi電波を集中的に届くようコントロールしてくれる機能です。

とことん繋がりやすさに力を入れている機種ですね。

6.au 4G LTE回線も利用可能

WiMAX回線は「WiMAX2+」「au 4G LTE」の2回線使えるんですが、2世代前のNECプラットフォームズ端末は「WiMAX2+」回線だけでした。

それまでライバルメーカー「ファーウェイ」だけの機能だったんですが、今ではこちらもしっかり対応しています。

HOME01ならではの機能ではないものの、au 4G LTE回線はより安定感のある回線なのであると便利です。

Speed Wi-Fi NEXT W05の特徴

  1. スポーティーな見た目
  2. WiMAX最速モデル
  3. ハイスピードプラスエリアモード自動切り替え機能
1.スポーティーな見た目
WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W05

色はブラック×ライム/ホワイト×シルバーの2色あり。

細長い&角ばってて鋭利な印象を与えます。

個人的にはスピード感を感じるデザインですね。

台座(クレードル)のデザインもピッタリ合わせてあって、本体をセットすると気持ちいいくらいマッチしています。

ちょっとサイズは大きめですが、イメージ通りスピードを求める人にはおすすめ。

2.WiMAX最速モデル

WiMAX最高速度(理論上の値ですが)758Mbpsに対応しているモデルがこれ。

HOME01が通信の安定感重視なのに対し、W05は最高速重視ですね。

ただデメリットが1つ。

最高速度に対応するエリアが東京・大阪・名古屋の中でもさらに一部地域に限定されてしまいます。

人口が多い場所なので該当する人も多いと思いますが、私のような地方民に冷たいのが憎らしい・・・。

該当しない人は最高440Mbpsにとどまります。

3.ハイスピードプラスエリアモード自動切り替え機能

これも最高速度を堪能するための機能です。

バッテリー可動のW05では、外で使うときにバッテリーセーブできるモードも用意されています。

ただ家に帰ってきて専用クレードルにセットしてるときは、バッテリー消耗を気にせずフルパワーで使えます。

となるとセーブモードから切り替える手間がかかるんですが、W05ではクレードルにセットするだけで自動切り替えしてくれます。

本来なら

電源ボタン押してディスプレイ表示
→ロック解除
→設定画面開く
→ハイスピードモードを選択

という段階を踏まなければいけません。

でもW05ならそれがいらないので地味にありがたい機能ですね。

 

本体仕様を比較

機種名WiMAX HOME 01Speed Wi-Fi NEXT W05
メーカーNECプラットフォームズHUAWEI
(ファーウェイ)
本体カラーホワイトブラック×ライム
ホワイト×シルバー
サイズ幅 70mm
高 155mm
奥行 100mm
幅 135mm
高 55mm
厚 12.6mm
重さ338g131g
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
下り最大速度440Mbps758Mbps
上り最大速度75Mbps75Mbps
連続通信時間約540分
(WiMAX2+/
ノーマルモード)
連続待受時間約850時間
(WiMAX2+/
クイックアクセスモードOFF時)
Wi-Fi2.4GHz/5GHz対応
IEEE802 11a/b/g/n/ac
ビームフォーミング対応
2.4GHz/5GHz対応
IEEE802 11a/b/g/n/ac
ビームフォーミング対応
同時接続台数最大22台
(LANポート2台
Wi-Fi2.4GHz 10台
Wi-Fi5GHz 10台)
最大10台
SIMサイズnanoSIMnanoSIM
電源ACアダプタ 100V
AC ± 10% 50/60Hz
12V DC
バッテリー
(2750mAh)
インターフェースLANポート×2
(1000BASE-T/
100BASE-TX RJ45)
USB2.0
TypeC-A変換ケーブル
充電時間約120~130分
クレードル(別売)定価3553円
(プロバイダによる)

ホームルーターとモバイルルーターの特性上、電源供給方法が全然違います。

当然コンセント直結で電力が得られるHOME01のほうがパワフル。

バッテリー駆動のW05はそのへん制限あり。

W05を自宅で使うなら充電しっぱなしで使えるんですが、ずっと受電し続けているとバッテリー膨張しやすいのでやめましょう。
(私の場合は1年くらいで膨張し始めました)

 

使い方で比較

自宅で利用

自宅で使う時
WiMAX HOME 01の場合

ホームルータータイプなので、自宅だけで使うつもりならこちらが最適です。

バッテリー駆動じゃないため劣化を気にせず電源入れっぱなしで使えること、パワフルな出力によって電波の安定性や繋がり安さでは上です。

Speed Wi-Fi NEXT W05の場合

モバイルルータータイプなのでさすがにHOMEの01には劣りますが、極端な性能差は感じられませんでした。

HOME01のダウンロード速度が50Mbpsだとしたら、W05は40Mbpsとかそのくらい。

W05だから全然ダメとはなりません。

ただバッテリー駆動なので、充電しながらの利用はできるだけ避けたほうがいいです。

といってもクレードルにセットしたまま使うときは仕方ないんですけどね・・・。

どっちがいい?

自宅で使う専用のHOME01がベストです。

外で利用

外で使う時
WiMAX HOME 01の場合

ホームルーターなので外では使えません。

電源コードを持ち歩けばカフェなどで使えないことはありませんが、現実的ではないですね。

コンパクトサイズと言ってもHOME01を持ち歩くのは邪魔すぎます。

Speed Wi-Fi NEXT W05の場合

バッテリー駆動なので本来は外で使うためもモデル。

外出中に使うならW05を選びましょう。

どっちがいい?

モバイルルーター型のW05がベストです。

大人数で同時利用

大勢の人で使うとき
WiMAX HOME 01の場合

ホームルーターとしては少なめですが、HOME01ならWi-Fiで20台まで同時接続できます。

たくさんの友達が集まった時、ちょっとした小規模セミナーなどでネット接続するには十分でしょう。

Speed Wi-Fi NEXT W05の場合

Wi-Fiで10台まで同時接続できます。

仲間内で集まったときに使うくらいなら全く問題ありません。

ただ通信データのやりとりが多ければバッテリー消耗も早くなります。

あまり長時間使うのには向いていません。

どっちがいい?

人数とシチュエーションによりますが、10人以下ならどちらでも問題なし。

より快適さを求めるなら、繋がりやすさ・安定性が上のHOME01がおすすめです。

 

どっちを選ぶべき?

それぞれの用途どおり、自宅だけで使うならHOME01、外でも使うならW05となります。

W05も十分自宅で使えますが、光回線の代わりにしたいならHOME01がベストですね。

スマホのデータ通信量節約が目的ならW05を一緒に持ち歩くのが最適です。

ただW05なら家でも外でも使える分メリットは多いです。

どっちか迷うならW05がいいでしょう。

 

料金を比較

ここでは全体の9割が選ぶ(※)データ使い放題「ギガ放題プラン」をピックアップし、3年プランの合計金額で比較していきます。
※GMOとくとくBB情報から

初期費用、税金などは除き、月額基本料と特典だけで計算しています。

順位プロバイダ
2019/8更新
HOME01
3年総額/
月額平均
W05
3年総額/
月額平均
1位GMO
とくとくBB
120660
(3352)
117160
(3254)
2位BIGLOBE126310
(3509)
販売終了
3位Broad
WiMAX
128626
(3572)
販売終了
4位DTI WiMAX130430
(3623)
販売終了
5位@nifty132140
(3671)
販売終了
6位So-net145656
(4046)
販売終了
7位UQ
WiMAX
148312
(4120)
143312
(3981)

GMOとくとくBBが2位以下にかなりの差をつけてトップ。

ここは機種別に特典の金額が違っているため、W05のほうが安くなっています。

安さで選ぶならW05ですが、別売のクレードルを買うとほぼ一緒の金額になるため、自分の使い方しだいで選びましょう。

安さで選ぶならこちら
GMOとくとくBB公式

 

まとめ

固定設置タイプの「WiMAX HOME 01」と、携帯タイプの「Speed Wi-Fi NEXT W05」を比較しました。

利用用途が違いすぎるので比較するようなものでもありませんが、自分の目的・使い方に合わせて選びましょう。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

【安定重視】WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由