WiMAX HOME02は買い?HOME01と徹底比較!

HOME02とHOME01比較

コンパクトサイズで安定性の高いWiMAXホームルーター「WiMAX HOME 01」の次期モデル「WiMAX HOME 02」が登場!

サイズはさらに小さくなり、新機能も搭載されました。

そこで旧機種とHOME02を徹底比較!

見た目やスペック、搭載機能の違いなどをまとめています。

WiMAX HOME 02ってどうなの?旧機種HOME01と比較してみた

まずは見た目をチェック!

HOME01よりさらにコンパクトになったHOME02

WiMAX HOME 02デザイン

旧モデルもかなりコンパクトサイズになっていたんですが、HOME02ではさらにスリムになりました。

って文字だけじゃスリム感が伝わらないので、並べてみました↓

正面を比較

HOME02と01 正面サイズ比較

幅が30%ほど小さくなり、高さも25%ほど縮小。

こうやって並べてみるとそれ以上に小さく感じます。

背面を比較

HOME02と01 背面サイズ比較

小さくなった分、HOME02はLANケーブル用の端子が1つ減りました。

また「WPS」か「Mode」ボタンも減っていますが、1つは上部に移動しただけです。

側面を比較

HOME02と01 側面サイズ比較

奥行きは同じサイズですが、高さはかなり小さくなりました。

上部を比較

HOME02と01 上部サイズ比較

側面と同じく、奥行きサイズは同じですが、幅は小さくなっています。

これだけコンパクトになると性能面が心配になってきますが、スペックは下の項目で比較するとして、まずは注目の機能を紹介していきます。

 

HOME02はここがいい!旧機種から進化したポイント

  1. Wi-Fi対応エリアが約25%アップ
  2. スマートスピーカーAlexaと連携
  3. 「こども安心ネットタイマー」機能搭載

 

1.Wi-Fi対応エリアが約25%アップ

公式のHOME02紹介ページでは「電波の広がりを強化したWi-Fi性能」とアピールされている機能。

水平方向の電波のやりとりがHOME01より約25%改善されるとのこと。

水平方向って指定してるのが頑張ってる感ありますが、性能向上したのは間違いなし。

ホームルーターとしては光回線など固定回線の代わりに契約するつもりの人も多いはず。

自宅内での繋がりやすさは大事なポイントです。

1階と2階にわかれる戸建て物件は苦手かもしれませんが、ワンフロアの住まいなら♪の性能アップは威力を発揮してくれますね。

2.スマートスピーカーAlexaと連携

アマゾン発のスマートスピーカーとして人気の「アレクサ(Alexa)」とWi-Fi接続しておけば、声で通信量チェックやモード切替などができる機能に対応しました。

スマートスピーカーも徐々に浸透してるみたいですし、なかなか新しい方面に手を出してきたなって印象です。

アレクサだけと言わず、グーグルホームやLINEクローバ、Siriなどにも対応してくれるといいですね。

今後に期待しましょう!

3.「こども安心ネットタイマー」機能搭載

接続した端末情報の表示、不審な接続のブロックなど親御さんがこどものネット利用をチェックできる機能です。

ゲームの接続時間制限もできるってことなので、ネットの利用時間も制限できそうですね。

 

HOME02はスペック向上より、生活の中で利便性を向上させてくれる機能に力を入れている印象です。

現状のネット環境では最大速度アップを追及しても実測値は大きく変わらないと思いますし、使い心地の改善を優先させる方面に向かっているのはありだと思います。

ライバルメーカー「ファーウェイ」のホームルーターがスペック主義なのとは真逆なので、個性がはっきり分かれているのは選ぶ側としても選択肢が増えていいですね。

では、スペック面についても見ていきます。

 

HOME02のスペックをHOME01と比較

機種名WiMAX HOME 02WiMAX HOME 01
メーカーNECプラットフォームズ
株式会社
左と同じ
対応回線WiMAX2+
au 4G LTE
左と同じ
サイズ幅 50mm
高 118mm
奥行 100mm
幅 70mm
高 155mm
奥行 100mm
重さ約218g約338g
同梱物ACアダプタ
つなぎかたガイド(保証書)
Alexa音声操作利用ガイド
Wi-Fi設定シート(シール)
ACアダプタ
つなぎかたガイド(保証書付)
「らくらく QR スタート」用 QR コード(シール)
無線LAN規格IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
左と同じ
有線LAN規格1000BASE-T
100BASE-TX×1ポート
1000BASE-T
100BASE-LAN×2ポート
最大同時接続数20台
【内訳】
有線 1台
無線 20台
最大22台
【内訳】
有線 2台
2.4GHz 10台
5GHz 10台
消費電力約9W左と同じ
電源ACアダプタ左と同じ
最大速度
ハイスピード
下り440Mbps
上り30Mbps
左と同じ
最大速度
ハイスピードプラスエリア
下り440Mbps
上り75Mbps
左と同じ
本体色ホワイト左と同じ

サイズが小さくなったことで、多少スペック面での低下もみられます。

 

HOME02で残念に感じたポイント

  1. 同時接続台数の減少
  2. WiMAXハイパワー機能がない?!

目に見えてわかるほど縮小化したHOME02。

容積が小さくなればいろんな部品もケース内に入らなくなりますし、捨てられた機能もでています。

1.同時接続台数の減少

HOME01の22台→HOME02では20台に減りました。

わずかな数字ではありますがスペック低下はあまりよい印象ではないですね。

タブレットでネット接続して学習していた塾の生徒が21名だったら、このモデルはアウトです。
(そんなピンポイントの状況はまずないと思いますが・・・)

2.WiMAXハイパワー機能がない?!

HOME01の時はしっかりアピールしていた「WiMAXハイパワー」機能。

電波出力をパワーアップしてくれるもので、WiMAX2+回線対応端末としては初めてモバイルタイプの機種「WX05」で導入され、その後HOME01でも搭載されたWiMAXハイパワー機能です。

ただ、HOME02の紹介ページでは一切触れられていません。

代わりになるような機能も書かれていないので、なくなったのか?

ってなわけでWiMAX運営元「UQ WiMAX」のお客様センター(0120-929-818)に問い合わせてみたら、ページ上の項目で進化ポイントとして紹介した「1.Wi-Fi対応エリアが約25%アップ」が該当するとのこと。

うーん・・・なんか納得いかない感じ。

WiMAXハイパワーってWiMAX基地局とのやりとりでも電波出力をパワーアップさせてくれる機能のはず。

で、もう少し調べてみたらHOME02のニュースリリースページには「WiMAXハイパワー」の文字が使われていました↓

HOME02ニューリリース文言

機能説明もWi-Fi性能だけに触れられていますね。

で、HOME01のWiMAXハイパワーに関するQ&A回答文にはこうあります↓

HOME01のWiMAXハイパワー説明文

「自宅内や建物内など電波が届きにくいエリアにおいて通信速度(パフォーマンス)が改善」とあり。

さらにはHOME01商品ページにはこうあり↓

HOME01 WiMAXハイパワー解説図

完全にWiMAX基地局とのやりとりで電波出力を上げる意味合いですね。

ってことは、HOME02のWiMAXハイパワーは別ものじゃないかと。

WiMAXではなく「Wi-Fiハイパワー」とでも言ったほうがいいかもしれない。

個人的に地方都市住まいで基地局との距離がぎりぎりってのもあり、WiMAXハイパワー機能に魅力を感じていた機種なんです。

なので、ここだけはほかのユーザーさんよりこだわりが強くなってしまうので、メーカーさん的にさぞ面倒な客だと思います(笑)

が、UQ問い合わせ窓口では「Wi-Fi機能だけのもの」「HOME01もWi-Fi機能だけのもの(これは違うと思いますが)」との回答だったので、HOME02のコンパクトさは魅力ですが通信環境的にはHOME01のほうがいいかもしれない、というのがいまの結論です。

また本体が手に入ったら実測値を調べて比較し、追記したいと思います。

 

契約するならどのプロバイダがいい?

発売日は1月30日(木)ですが、予約受付が始まっているプロバイダも一部あります。

現状扱いを発表しているのは

  • UQ WiMAX
  • 家電量販店系プロバイダ
  • GMOとくとくBB
  • BroadWiMAX

くらいですが、予約可能なのは「GMOとくとくBB」「BroadWiMAX」の2社ですね。

安さで選ぶならキャッシュバック額が業界トップの「GMOとくとくBB」で決まり。

新機種でもキャッシュバック額3万円オーバーは魅力的。

トータル料金の安さでここを上回るプロバイダはまずありません。

予約は公式サイトで
GMOとくとくBB公式はこちら

安さでは少し劣りますが、サポートもちゃんとしてて月額割引に力を入れているのが「BroadWiMAX」です。

私もいまここで契約していて、不満はまったくありません。

キャッシュバックは受け取りが面倒&振込は約1年後になるのが微妙なんですよね。

安さとサポート、お手軽さを好む人はこちらがおすすめです。

予約は公式サイトで
BroadWiMAX公式はこちら

 

まとめ

日本製WiMAXホームルーター「WiMAX HOME 02」を紹介しました。

ホームルーターとしてはおそらく業界最小サイズのモデルです。

スペック面ではWiMAXハイパワー機能に疑問はあるものの、それがないからって大きく低下したわけではありません。

自宅用のネット環境が欲しい人、固定回線まではいらない人などにおすすめできるWiMAXルーターです。

旧機種から機種変更してもいいかどうか?は実測値比較する予定なので乞うご期待!

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【予約受付中!】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【予約受付中!】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由