E5577 HUAWEI Mobile WiFiルーターの価格やスペックは?

2017年4月7日、中国メーカー「ファーウェイ」がSIMフリーモバイルルーターを「HUAWEI Mobile WiFi E5577」を発売しました。

ファーウェイと言ったらWiMAXやワイモバイルにもたくさんの機種を提供しているメーカーさん。

ドコモやソフトバンクにも提供してますね。

日本のモバイルルーター市場でシェアトップなのは間違いないでしょう。

そんな信頼性バツグンのファーウェイ製端末なのでE5577も魅力が詰まっているはず。

そこで「HUAWEI Mobile WiFi E5577」がどんな端末なのか、価格やスペックなどについて調べてみました。

Mobile WiFi E5577ってどうなの?買い?

E5577最大の魅力は価格にあります。

 

E5577の端末価格は?

本体価格:9980円(税別)

安い!

これより前に発売された12800円のフリーテル「ARIA2」も安いと思ったんですが、これはさらに上回ってます。

新品で1万円以下はかなりインパクトがあるんじゃないかと。

スーパーなんかでよく見る、桁を1つ減らして安く見せる手法ですね。

キャベツ一玉100円→98円!みたいな感じ。

やっぱりファーウェイさんは他社よりなにかしら一歩先をいってくれます。

最初から低価格なだけに値引き販売されることはほとんどなかったりしますが、家電量販店では200円くらい値引きされてる例も見かけました。

そこで中古価格についても調査してみました。

中古価格は?

ヤフオクは状態のいい品は5000円台での落札が目立ちます。

フリマアプリ「メルカリ」では3000~8000円くらいで買われています。

3000円で出品されてたら速攻売れるので、こまめにチェックしてゲットしましょう。

amazonではほぼ新品と同じ価格。

というわけで、買うならメルカリがおすすめです。

でも1万円なので新品がいいのでは?と思います。

中古はバッテリーを消耗している可能性もありますからね。

あと気になるのはスペック。

いくら安くても貧相な性能なら安かろう悪かろうになってしまいます。

ではスペックを見ていきますが、その前にデザインもサクッと紹介しておきます。

 

E5577の本体デザイン

シンプルな見た目です。

ボタンは上部と正面の2つだけ。

そして本体カラーはホワイトのみの展開です。

カラーはこれ一色だけにしているのも低価格に貢献しているんしょう。

丸みを帯びたデザインは無難ですが万人受けするんじゃないかと思います。

つるつるした表面なので指紋が付きやすくはありますが、ホワイトならそれほど目立たないはず。

清潔感もキープできそうです。

ディスプレイの小ささが操作性にどう影響するか?は気になりますが、そもそも設定を操作する頻度はそれほどないため問題ないでしょう。

 

スペック・仕様について

本体カラーホワイト
サイズ高58×幅96.8×厚17.3mm
重さ約112g
バッテリー容量3000mAh
OSWindows Vista SP1 以降
Mac OS 10.7 以降
外部メモリ最大32GB
SIMサイズ標準SIM
ディスプレイ1.45インチ TFT
連続待受時間最大約600時間
連続通信時間 最大約12時間
同時接続台数Wi-Fi 10台
USB 1台
通信速度通信速度:
LTE: 150Mbps (※2)
Wi-Fi: 300Mbps (※2)
通信回線FDD LTE: B1, B3, B5, B7, B8, B19, B20
WCDMA: B1, B2, B5, B6, B8, B19
GSM: 850,900,1800,1900MHz
Wi-Fi規格IEEE802.11n(2.4/5GHz対応)
付属品本体充電用ACアダプター
充電用USBケーブル

対応バンドを見る限りドコモとソフトバンク回線向けですね。

au回線がいい人はWiMAXを契約したほうだいいです。

2017年からソフトバンク回線の格安SIMも出ていますし、ソフトバンクスマホを使っていて不自由してないならそちらでも良いでしょう。

でもドコモ回線対応の格安SIMにしたほうが選択肢は多いですしサービスも充実してます。

そちらから選ぶのが安心ですね。

ほかにもSDカードが使えたり、スマホなど他の端末向けのモバイルバッテリーとしても使えるようです(別売ケーブル必須)。

緊急時には助けになってくれるはず。

ほかにはコレと言って「スゴイ!」となるスペックも見当たらず。

さすがにこの価格ならこれくらいが限度かもしれません。

でも1万円以下なら十分満足できるレベルです。

格安SIM運用が前提なので、端末スペックがいくら高くても実測値ではよくて20Mbps程度しかでないため、これでも十分すぎるスペックと言えるでしょう。

抑えるところはきちんと押さえてある良いルーターだと思います。

 

E5577の端末セットがあるMVNO(格安SIM)

※すでに販売終了しています

楽天モバイルを始め販売中は多くのMVNOでセット販売査定ました。

いまは次期モデルが登場し価格は同じながらより高性能になっています。

参考記事
E5785登場!E5577との違いやスペック・価格・速度は?

ですが、格安SIMの回線速度はとくに変わっていませんし、旧型のE5577で十分です。

中古なら安く手に入るため、セットでなくても好きな格安SIMを契約し自分で中古購入したほうがコストを抑えられてメリットだと思いますよ。

ちなみにAmazonには並行輸入品もでてたので間違って買わないように。

技適取得してないので通常日本では使えません。

というか正確には使えますが、違法となります。

まぁ使っていたところでバレようがないんですが、わざわざ輸入モデルを買う理由もありません。

普通に日本発売バージョンをゲットしましょう。

 

※評判を調査してみました↓

E5577ユーザーの評判を調べてみました
E5577の評判・レビューってどうなの?

 

まとめ

日本のモバイルルーター市場でシェアトップの中国メーカー「ファーウェイ」が激安SIMフリールーター「E5577」について紹介しました。

この端末の魅力は何よりも価格にあります。

1万円を切る価格は他社にはなかなか真似できないはず。

また通信費を節約できる格安SIMとの相性が抜群に高いモバイルルーターです。

MVNOのセット端末では分割購入もできますが、これくらいは一括で買っちゃったほうがお得ですね。

スペックは無駄を排除してるものの実用的なレベルなので快適につかえるでしょう。

見た目もシンプルでスキなし。

ライバルメーカーさんがこれに勝てるモデルを投入できるのか、に期待したいものです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【5G対応最新モデル】Galaxy 5G(モバイルルーター型)
Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの料金比較

【5G対応最新モデル】5G L11(ホームルーター型)
Speed Wi-Fi HOME 5G L11の料金比較

【旧モデル4種はこちら】
WiMAXプロバイダ比較