IIJmioギガプラン+Wi-Fiルーターはあり?WiMAXとも比較!

IIJmioギガプラン アイキャッチ画像

2021年4月1日~、格安SIM業者(MVNO)大手の
IIJmio(アイアイジェイミオ)が新料金プラン「ギガプラン」をスタート。

ドコモ「ahamo」、au「povo」、ソフトバンク「LINEMO」の対抗プランとしてさらに低料金になっています。

そこでIIJmio「ギガプラン」の料金や使える容量、速度制限などサービス内容を徹底解説!

Wi-FiルーターをここのSIMプランで使うのはありなのか?についても、WiMAXと比較しつつ紹介していきます。

Wi-Fiルーター+IIJmioギガプランの契約はあり?

まずはIIJmioギガプランについて解説していきます。

 

IIJmioギガプランの料金・容量

※以下で記載している料金は税別です

ギガプラン
2GB
4GB
8GB
15GB
20GB
音声780円980円1380円1680円1880円
SMS750円950円1350円1650円1850円
データ
(ドコモ回線のみ)
680円880円1280円1580円1780円
eSIMデータ通信
(ドコモ回線のみ)
400円600円1000円1300円1500円

ドコモのWi-Fiルーター、SIMフリーのWi-Fiルーターなら下2つの安いプランが使えます。

中古のWiMAX端末で使うならau回線を使う音声・SMSプランのSIMを使いましょう。

ただし、WiMAXの新しいモデルは音声SIMでなければ使えないこともあるため、音声SIMが安心です。

ドコモ・au・ソフトバンクの新プランに対応しているため、3キャリアの20GBプラン(税別2480~2980円)よりかなり安く設定されています。

Wi-Fiルーターで運用するにはいいですね。

その他発生する料金(税別)

  • 初期費用・・・3000円
  • SIMカード発行手数料
    (ドコモ)タイプD・・・394円
    (au)タイプA・・・406円
    eSIM・・・200円
  • 音声通話機能解除調定金・・・0円
  • MNP転出手数料・・・0円
  • プラン変更・・・0円
  • ギガプラン専用追加データ量・・・1ギガ200円
  • ギガプラン会員専用アプリ・・・0円

縛り期間がないため、解約違約金は発生しません。

 

速度制限はある?

  • プラン容量オーバー時・・・最大300kbps
  • 高速データ通信オフ時・・・最大300kbps

そのほか、低速通信利用時の直近3日間で366MBオーバーすると速度規制されます。

こちらについては具体的な速度は記載されていませんでした。

 

ギガプランが使えるWi-Fiルーター

IIJmioギガプランOKのWi-Fiルーター

IIJmioの動作確認済み端末より抜粋しています↓

(ドコモ)タイプDプラン

  • E5785(microSIM)
  • E5577(標準SIM)
  • E5377(標準SIM)
  • MP02LN(nanoSIM)
  • MP01LN PW(nanoSIM)
  • HT100LN SW(nanoSIM)
  • MR05LN(nanoSIM)
  • MR04LN AB(microSIM)
  • MR04LN(microSIM)
  • MR03LN(microSIM)
  • MR02LN(microSIM)
  • MR01LN(標準SIM)
  • AirCard 785(microSIM)
  • GL06P(microSIM)
  • GL04P(標準SIM)
  • GL02(標準SIM)
  • GL01(標準SIM)
  • S31HW(標準SIM)
  • novas HOME+CA FREE(microSIM)
  • BM-MF30(標準SIM)
  • FS040W(nanoSIM)
  • FS030W(microSIM)
  • FS020W(標準SIM)
  • FS010W(標準SIM)

(au)タイプAプラン

  • FS040W(nanoSIM)
  • FS030W(microSIM)
  • MP02LN(nanoSIM)
  • MP01LN PW(nanoSIM)
  • HT100LN SW(nanoSIM)
  • MR05LN(nanoSIM)
  • MR04LN(microSIM)

(ドコモ)eSIMプラン

  • なし

メインはドコモ回線プランです。

少ないながらワイモバイル端末でも動作確認が取れています。

該当端末を持っている人は新たにWi-Fiルーターを買うことなく使える可能性大ですね。

なおWiMAXルーターの動作確認はしていないようなので、100%動作保証はできません。

ただ、auプランの格安SIMで動作チェックしているユーザーさんがネット上には多くみられます。

もし使っていないWiMAXルーターを持っている人は試してみてください。

 

2021/4/1~受付開始!
IIJmio公式サイト

 

IIJmioでセット契約できるWi-Fiルーター

IIJmioのセット端末
  • HUAWEI Mobile WiFi E5785
  • Aterm MR05LN

公式サイトで確認でいるのはこの2モデル。

MR05LNは在庫切れで契約できない状態でした。

この端末がいい人はアマゾンなどで別途購入しましょう。

セット契約時の料金(税込/24回払い)

※まだ公開されていないためIIJmioギガプラン以前のプラン料金です↓

タイプA(au回線)
  • 端末+SMS付きSIM(3GB)・・・1430円~
  • 端末+SMS付きSIM(5GB)・・・2112円~
  • 端末+SMS付きSIM(12GB)・・・3256円~
タイプD(ドコモ回線)
  • 端末+SMS付きSIM(3GB)・・・1430円~
  • 端末+SMS付きSIM(5GB)・・・2112円~
  • 端末+SMS付きSIM(12GB)・・・3256円~

タイプA・Dのどちらも同じ料金ですね。

データSIMプランの料金が3GB/990円、5GB/1672円、12GB/2816円なので端末代は440円×24か月=10560円。

4/1から始まるIIJmioギガプランも基本料金+端末代になるはずなので、端末代に変化がなければページ上で紹介した新プラン料金に加算した価格になることでしょう。

 

WiMAXと比較

料金面はIIJmioギガプランが有利

IIJmioギガプランは最大20GBで1880円(税別)。

WiMAXは使い放題プランが最安業者で約3500円ほど(税別)です。

使える容量がまったく違うため比較しようもありませんが、一か月で20GBあれば問題ない人はIIJmioギガプランがおすすめ。

容量の追加購入も1GB200円なので、1600円分(8GB)上乗せして28GB/3480円までならIIJmioがお得です。

ただし、WiMAXは月間100GB程度は快適に使えます。

3日10GBまでという速度制限こそありますが、1日あたり3.3GB程度ならずっと快適に使えるわけです。

また速度制限時間帯以外(2~18時頃まで)であれば、完全に無制限で使い放題となります。

自分がよく使う時間帯や容量によってはWiMAXが圧倒的に有利ですね。

通信環境はWiMAXが有利

運営会社の自社回線を使うWiMAXは帯域制限もなくフルで使えます。

また電波特性上、WiMAX電波の方が高速です。

さらに端末によってはau回線も使えます。
(最近のモデルはすべて対応)

対してIIJmioギガプランは、ドコモやau回線の一部をレンタルしているだけ。

フルで使えるわけではありません。

よってドコモやauで契約している端末より速度面では遅くなります。

とくにお昼や夕方~夜間の混雑する時間帯は快適性で劣る可能性大です。

どっちを選ぶべき?

まとめると

  • 月20GBで問題ない
  • 少しでも安く使いたい

この条件に合う人はIIJmioギガプランがおすすめです。

合わない人はWiMAXがおすすめです。

 

まとめ

大手MVNO「IIJmio」の新プラン「ギガプラン」をWi-Fiルーターで使うときの料金やお得度について紹介しました。

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの値下げに対抗したプランですが、最安で20GB/1500円~は十分安いと言えます。

IIJmioでWi-Fiルーターをセット契約するのもいいですが、リストアップしたWi-Fiルーターを中古で安く手に入れて使う方がコストは抑えられます。

ぜひWi-Fiルーター運用の参考にしてください。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダの選び方

【最新モデル】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【最新モデル】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました