auの固定代替契約ってどんなもの?

以前当ブログのコメント欄にて「固定代替契約」なるフレーズを知ったので、どんなものなのか?について調べてみました。

固定代替契約ってどんなもの?

とりあえずヤフーで検索しようとするとこんな候補がでてきます。

グーグルの検索結果はこう↓

なんとなくauとWiMAX関連の契約形態なんだろうなっっていう雰囲気ありまくり。

 

で、適用にわかりやすそうなサイトを開いてみると、auのこちらのページに誘導されました。

au公式
https://www.au.com/mobile/charge/charge-discount/smartvalue/area/

わかりやすく「固定代替契約とはこういうものです!」って書かれてないんですけど、こう記載されてます↓

固定通信サービスがエリア外でも、対象の固定通信サービスが開通するまでの間、Wi-Fiルーターのご契約でauスマートバリューが適用されます。

初めて見た人だとこの説明でも宇宙語に思えそうなので1つ1つ解説。

 

「固定通信サービス」って言ったら光回線とかADSL回線といったインターネット接続回線のことですね。

auのADSLサービスは終わってるっぽいのでここではauひかりのことでしょう。

 

「固定通信サービスが開通するまで」は、auひかりのケーブルが届いてないエリアに住んでる人が、そのエリアに光回線サービスが対応するまでってことでしょう。

将来対応するかどうかはわからんけども。

 

「Wi-Fiルーター」は現在この2つの端末が契約可能です(2017/3時点)。

すでに別端末持ってる人は、「W03」「W01」「HWD15」「HWD14」ならいいらしい。

この端末たちは、光ケーブルっていう有線の回線を利用する光回線と違い、大気中を飛び交ってる電波でインターネットに繋げるもの。

auのはWiMAXと呼ばれてます。

で、上の画像2モデルは最新のWiMAXルーターでWiMAX回線のほかau回線も使えるタイプです。

これらの他にWiMAX回線しか使えないものもありますが、auでは扱っていません。

 

「auスマートバリューが適用」はこれ↓

au提供のWiMAXルーターと別サービスを同時契約したときに割引サービスが受けられるもの。

 

ここまでを簡単にまとめると、

自分住んでるとこauひかり無理なんですけどね、かわりにWiMAX契約してくれたらお安くしときまっせ?でも将来対応したらauひかり契約するんやで?ええな?

ってことです。

となると「固定代替契約」するにはまずauひかりの対応エリア外じゃないとダメってことですね。

ウチの場合だとauひかりを契約できてるので「固定代替契約」自体できないようで。

 

固定代替契約は安いの?

さぁここで気になるのは「お安くしときまっせ?」の部分でしょう。

いくらくらい安いのか?はこんな感じです(2年契約時)↓

 W04/W03/W01など
モバイルルーター
L01
ホームルーター
WiMAX2+ フラット
for DATA EX
(使い放題プラン)
4380→4292円左に同じ
WiMAX2+ フラット
for DATA
(月7GBまで)
3696→4292円左に同じ
WiMAX 2+ フラット for HOME
(使い放題プラン)
4380→3792円

なんか7GBプラン高くなってるやん?なんでや?

どこか見間違えたかもしれませんけど、上で紹介したau公式のリンク先ページにはこの価格で載ってるんですよね。謎ですわ。

あと、WiMAXルーター分1回線含む割引対象となるスマホなどの端末は10回線分らしい。

もし5人家族で全員auスマホ持ってたら、5回線それぞれで割引されるってことです。

ちなみに割引額は契約してるプランによって違い、934~2000円割引/月となります。

 

他のキャリアにも固定代替契約はある?

ここまではauの固定代替契約について調べてきましたが、ドコモやソフトバンクはないの?ってことで検索。

すると、どっちもなさそうです。

ドコモもソフトバンクもWi-Fiルーターあるのにやってないっぽい。

特にソフトバンクなんてホームルーター「Airターミナル」があるんだしやってそうなものなんですけどね。

 

まとめ

auにある固定代替契約について調べてみました。

改めて「固定代替契約」って単語を見てみると、そのまんまの意味ですな(汗)。

知らない人には宇宙語みたいなもんですけど。

せめて固定”回線”代替契約って書いてくれればスッとわかるんですけどねー。

なんでそこを省略しちゃったのか・・・。

6文字のほうが収まりいいとは思うけども。

 

※追記

2017年12月15日にauから新機種発売されました。

ホームルーター型L01のニューバージョン「L01s」です。

固定代替契約する場合、auひかりの代替ならモバイルタイプよりL01sのほうがマッチしてるはず。

ってことでL01sについて詳しくここで解説すると異常に長くなるので、スペックなどなどをまあとめた記事をお読みいただければこれ幸い。

まとめた記事はこちら
L01s新登場!どんな機種?

といいつつ簡単に紹介すると、ぶっちゃけ前のモデル「L01」とそんなに変わってなかったりします(汗)

いまのところauではどっちも選べるようですし。
(2018年2月の話)

ですが、どうせなら少しでも新しいモデル選んでおいたほうがその分長く使えるってもの。

ソフトウェアバージョンアップとかも古い機種では実施されなくなっていきますからね。

ってなわけで、au固定代替契約するならL01sをおすすめしておきます。

 

まとめ

当ブログのコメント欄にて教えていただいたauの固定代替契約について調べてみました。

内容はなかなかニッチなユーザーに向けたサービスでした。

auひかりに対応してないエリアに住んでて、なおかつWiMAXなら繋がるエリアの場合に契約できるもの。

いったいどれだけ該当者がいるのやら・・・。

でもauひかり対応地区だけど引けないマンション・アパートに住んでる人ならいいのかも。

それならかなり潜在的ユーザーがいそうですね。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由

2 件のコメント

  • 表面上の解釈はそれで問題ないです。多くは語らないほうが良いと思うのであくまでも「建前上はそれでOK」です。たとえばチェーン店、ヤマダ電機などでも店によって扱いや値段が違う差がありますよね?固定代替契約は実はそういうことなんです。

    料金の話もそれで問題ないです。7GBプラン(for DATA)の方が高くなるのには理由があります。

    固定代替契約と通常契約の差はそれだけではありません。
    まず、固定代替契約には新規契約事務手数料がありません。さらに端末は一括0円のみです。その代わりau通常契約にある毎月割はありません。
    スマートバリューはスマートバリューmineではなく、スマートバリューになります。
    そのためauスマホとの登録では、mineが934円割引×1に対して、スマートバリューは上限2000円×5までとなります。
    ほかにも、HS+Aオプション料金(UQの言うLTEオプション)が料金に含まれています。
    モバイルルーター契約(W04)ではHS+Aモード月間容量制限が12GBになります。
    ホームルーター契約(L01)ではHS+Aモード月間容量制限が30GBになります。
    このため7GBプラン(for DATA)になると、HS+Aモードの月間容量制限よりも低くなるため前提としてfor DATA EXプランになるためにわざと高くしてる背景があります。
    au通常契約と同じ2年縛りになります。au通常契約と同じで2年以内の解約違約金はいつでも9500円(税抜)となります(UQ系は2年縛りで1年以内の違約金19000円(税抜)、1年以上2年以内は14000円(税抜き)ですよね)

    • いつもありがとうございます!

      謎だった部分の解説までありがとうございます。
      固定代替契約なりの特典がいろいろあるんですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。