WiMAXで口座振替できるおすすめプロバイダはここ!

WiMAXを契約するときの主な支払い方法は

  • クレジットカード払い
  • 口座振替
  • コンビニ払い

があります。

そして、ほとんどのWiMAXサービス提供会社(プロバイダという)はクレジットカード払いを採用しています。クレジットカード払いが一番手間もかからず確実に支払ってもらえる&年齢確認も簡単で都合いいんですね。

でもクレジットカードを持っていない人もいるでしょうし、諸事情によりどうしても口座振替で契約したいって人もいるでしょう。

 

そこで、口座振替が選べるWiMAXプロバイダをピックアップ、その中でキャンペーン割引が一番お得なところを調べ、まとめました。

 

口座振替できるおすすめWiMAXプロバイダは?

まずは口座振替に対応しているWiMAXプロバイダをピックアップ。キャンペーン有無とクレカ契約時との端末納期の違いを比較しました。

口座振替可能なWiMAXプロバイダ
キャンペーン有無と端末の納期を比較

口座振替OKプロバイダ主なキャンペーン端末納期
BIGLOBE WiMAX現金キャッシュバック(15000~30000円)と月額割引だいたい10~20日ほどの遅れ
UQ WiMAXJCB商品券プレゼント(3000~15000円ほど)申込後に必要な本人確認書類手続き分だけ遅くなります
@nifty WiMAXなし口座振替手続き完了後に発送となります
BroadWiMAX初期費用18857円無料月額大幅割引通常通り

ほか、auショップ、家電量販店系のプロバイダでも口座振替に対応しています。が、キャンペーンがない、もしくは魅力がないレベルなので選ぶメリットはありません。

口座振替契約では本人確認が必要となるので、端末が送られてくるまでに多少時間がかかります。リストアップした中でもBIGLOBEは特に遅め。ですが他の3社はオンラインで口座振替手続きを済ませればすぐ終わるため、極端に納期が遅れることはないでしょう。

ここからは各WiMAXプロバイダで口座振替契約する流れと特徴を解説していきます。

口座振替契約の流れと各プロバイダの特徴

BIGLOBE WiMAX2+

BIGLOBE(ビッグローブ)はKDDIが親会社となっている大手プロバイダです。

プランは月額3696円で7GB分まで高速通信が可能な通常プランと、同じく月額4380円で帯域の制限が存在しないギガ放題の2種類になります。

口座振替での契約方法は原則的にインターネット上からの申し込みのみとなっていて、申し込み方法は次のとおりです。

まずBIGLOBEの公式サイトに入り、WiMANタグをクリックします。するとサービスの詳細画面が表示され、ページの下部に申し込みのボタンがでてくるのでクリックします。申し込みページでは料金プラン、端末選択とクレードルの有無、特典などを選択し、最後にBIGLOBE会員かどうかを選択します。次にオプションサービスの選択画面に移りますので申し込むサービスにチェックを入れ、ページ下部のお客様情報入力ボタンをクリックします。契約者の名前や生年月日、住所など必要項目に入力していくと支払方法についての記入欄が現れます。クレジットカードと口座振替があるので、ここで口座振替にチェックを入れます。最後に「個人情報の取り扱いについて」の内容に同意して確認ボタンをクリックし、最終確認画面で契約内容の確認を行うのが契約と口座振替に関する一連の流れです。

申し込みから1週間以内には口座振替の申込用紙「支払方法登録申込書」が送られてきますので、返送後内容を確認、審査しOKであれば支払い方法が口座振替で確定となります。これには返送後到着時点から7〜10日程度掛かるのが一般的です。

その後端末が発送されますので、端末納期は申し込みから約2週間と考えておくと良いでしょう。

料金支払いに関しては、BIGLOBEでは口座振替収納代行業者利用しているので、利用料金の他に振替手数料として月額200円が必要となりますので注意が必要です。

利用料金は毎月月末に締めて翌月に請求され、引き落とし日は26日となっていますが、金融機関が休業日の場合は翌営業日に引き落とされます。なお、1か月の利用料金が1000円未満の場合は、累計利用料金が1000円以上に達した利用月の翌月に一括して請求されます。

UQWiMAX

WiMAXを運営しているUQコミュニケーションズ本体のプロバイダです。

プランは月額4380円と500円の長期割引サービスが付帯する高速通信用のUQFlatツープラスギガ放題(3年)と、月額4196円と同じく500円の長期割引サービスが付帯し、通信量を抑えながら価格も抑える事が出来るUQFlatツープラス(3年)の2つが存在します。

口座振替での契約方法はまず公式オンラインショップで商品と料金のプランを選択し、ユーザー情報を入力する必要があります。この際にクレジットカードか口座振替(及び法人のみ口座振込も可)のどちらかを選ぶ事ができ、口座振替を選択後、申し込みを完了する事で新規申し込み受付完了の案内メールが送られてくるので、本人確認書類をアップロードして加入審査に掛かります。振替手続き及び審査成立後、手続完了となり機器が送られてくるので設定を行い次第、使用可能の運びとなります。

@nifty WiMAX

@nifty(アットニフティ)はニフティが運営を行っている大手プロバイダです。

プランは月額4350円でハイスピードプラスモードが月10GBまで使用可能となるWiMAX2+Flat2年ギガ放題利用料プランと、月額3420円でハイスピードモードとハイスピードプラスモードの両方が月7GB分まで使用可能なWiMAX2+Flat2年auスマホ割の2つが存在します。

口座振替での契約方法はビッグローブと同じくインターネット上からの申し込みか、または電話からの申し込みも可能となっており、まず提供エリアの確認を行い、その後どちらかの手段で申し込みを行います。この際支払い方法に口座振替を行う事で成立の運びとなります。その後ニフティからWiMAX用通信機器が最短4日での発送となり、受け取り後設定を完了次第使用可能になります。

 

BroadWiMAX

インターネット系サービスを展開するリンクライフが運営するプロバイダです。

ここは月額料金が業界最安レベルの「月額最安」プランがおすすめ。他社と同じくギガ放題、ライトプランから選べます。

口座振替で契約する流れは、

公式サイトまたは電話で申し込み→後日、入会証と一緒に「口座振替申込書」と「ライフペイメント入会申込書」が届く→本人確認書類のコピーと一緒に返送→初期費用・契約事務手数料・決済手数料を代金引換かコンビニ(NP)後払いで支払う→確認後、選んだ機種発送→到着

 

となります。

 

WiMAXの口座振替契約で審査はある?

まず結論だけを言えば、WiMAXの口座振替契約を行う場合には、必ずプロバイダに拠る審査を通過する必要があります。より正確に言えば、WiMAXの契約においては必ず支払い原資や金融に関する個々人の信用力を審査で問われる事になります。

契約において口座振替を選択出来るプロバイダの場合、料金の支払い方法はクレジットカードとの2択になっている事が殆ど。クレジットカードについては発行時に発行元の審査を受けている為、其れによって信用が担保される形となって、新たにプロバイダから課される事はありません。口座振替の場合は当該する審査を通過していない為に、独自のものが入る形となる訳です。

ただしあくまでも料金支払いの為の利用に留まる事から、カードローンの借入等と比較すると比較的通過し易い審査内容になっているとされます。詳細は公表されるものでは無いので判断し難い部分もありますが、携帯電話等の他の通信端末で延滞が発生していない・カードローン等で大量の借入が無い・定収を示す事が出来るという条件が揃っていれば、概ね通過出来るものと考えられます。クレジットカードの発行審査は通過出来なかったのに、WiMAXの口座振替は承認されたといったケースも、口コミ情報等から見る事が出来ます。

口座振替を選択出来るプロバイダは複数ありますし、審査があると言っても過度な警戒や対策は必要としません。ただし、携帯端末に関する延滞といった明らかな瑕疵に見られる状況は、事前に解消してから申し込みましょう。

 

未成年でも口座振替で契約できる?その方法は?

スマートフォンでの動画視聴やネット検索などが当たり前になりました。またスマホデビューの年齢がどんどん低年齢化し、いまでは中学生の時点で約半数はスマホを使っているとのデータもあり。

普通は未成年が自分で通信量を払っているわけもなく、親の財布からというパターン。となるとデータ通信を使いすぎて制限されてしまう子供たちも多いようです。そんな流れからデータ無制限で使えるWiMAXの需要も増えています。「スマートフォンを持つ必要は無いけど、インターネットができる環境が欲しい」と言うお子さんも今では少なくありません。これはインターネット環境があればLINEなどのSNS機能で通話が可能になっており、費用もスマートフォン回線ほど高くはないためです。

ただ未成年がWiMAXの利用契約を行うのは各プロバイダ(販売代理店)毎に制限が設けられています。これまでは未成年が利用するには保護者が契約して入手したWiMAX機を利用するというのが主な方法でした。

一方で最近はこの制限が幾分緩和されており、未成年でも「親権者同意書」や「本人確認書類」などの必要な書類を提出する事で直接契約することが可能なプロバイダも増えてきました。未成年でも本人のクレジットカードで登録することも可能になりましたし、クレジットカードが無くても口座振替による支払いにも対応しています。プロバイダによっては新規加入キャンペーンも行っているのでお得に開始することもできるでしょう。

 

口座振替できるプロバイダで一番安く使えるのは?

4社の特徴を解説していきます。

BIGLOBE WiMAX

口座振替は申込時に選択します。口座振替手数料が別途200円必要です。

現金キャッシュバックをやっているプロバイダで一番受取手続きが簡単、確実なところ。口座振替にすると端末発送までに時間がかかるのは弱点ですが、オリコン満足度ランキングでもトップの安心して使える会社です。キャッシュバック額は端末によって違いますが、月額料金も安く料金と信頼性のバランスが良いプロバイダです。なお、BIGLOBEの他のサービス会員なら月200円安くなります。

ここはこんな人におすすめ。

  • キャッシュバックを確実に受取りたい
  • みんなが満足しているところがいい
  • BIGLOBEの他のサービルを使っている

キャッシュバック額は変動します。公式サイトでご確認下さい。
BIGLOBE WiMAX2+

 

UQWiMAX

口座振替は申込時に選択します。口座振替手数料は0円です。

WiMAXを運営・管理しているUQコミュニケーションズがやっているプロバイダ。全国に実店舗も拡大中で信頼性は一番です。キャッシュバックが商品券なのはネック。また料金も他社より高めです。口座振替手数料0円は魅力ですが、BIGLOBEの料金に比べると割高です。

ここはこんな人におすすめ。

  • ブランドの信頼性重視
  • 実店舗で契約したい
  • サポート重視

公式サイト
UQwimax

 

@nifty WiMAX

キャッシュバックもなく料金も高め。口座振替は選べるものの、他の魅力はほとんどありません。@nifty会員なら月額料金が250円割引されますが、それでもBIGLOBEとは差が大きく選ぶメリットは感じられません。

niftyに弱みを握られている、恩義を感じているなど特殊な事情がないなら、BIGLOBEを選ぶのが無難です。

 

BroadWiMAX

ここでピックアップした口座振替対応プロバイダの中で「BroadWiMAX」はクレジットカード払いにしないとキャンペーンが適用されません。

よって安く使いたいなら残り3社から選ぶのをおすすめします。

 

まとめ

プロバイダは20社以上あり、おトクなキャンペーンをやっているのはほぼWEB受付のみとなっているんですが、それらのほとんどがクレジットカード払いでの申込みとなっています。

上でピックアップした「BroadWiMAX」のように、他の支払手段が選べてもクレジットカード払いじゃないとキャンペーンが適用されないところもあります。

WiMAX業界で一番キャッシュバック額が高い 「GMOとくとくBB」もこのパターン。ここは以前まで口座振替も選べたんですが、今はクレジットカード払いのみになってしまいました。

なので「口座振替じゃないと困る、でもキャンペーン特典も欲しい」ならBIGLOBEがベストです。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

WX04(携帯型)←New!
WX04を扱うプロバイダ料金比較

W04(携帯型)
W04キャンペーン比較

L01(据え置き型)
L01キャンペーン比較

端末選びに迷ったなら
ぴったり診断


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由