L01sをレビュー!口コミ評判もまとめました

WiMAXホームルーター最新機種「Speed Wi-Fi HOME L01s(UQ版)」を購入しました。

au版は一足早く発売されメルカリなどを中心に中古端末がどんどんでてきていますが、UQ版はまだこれからってところ。

au版は上の写真の箱左上ロゴが「au」になっています。

L01s本体デザインは旧機種「L01」と一緒。

違いについてはこちらでスペックやらなんやら比較しているのでぜひ。
Speed Wi-Fi HOME L01sとL01の違いを調べてみた

 

ここではL01sのレビューを中心に、購入された方の口コミ評判情報もまとめてみました。

L01sを購入したのでレビュー!

L01s開封の儀

これがL01sの箱↓

L01と完全に一緒のデザインで、機種名に「s」がついただけ。

付属品はこんな感じ↓

  • Speed Wi-Fi HOME L01s本体×1
  • Speed Wi-Fi HOME用のACアダプタ×1
  • LANケーブル×1
  • ACアダプタの取扱説明書&保証書×1
  • ご利用に当たっての注意事項×1
  • Wi-Fi初期設定のID/パスワードが記載されたシール×1
  • 保証書×1
  • お知らせ×2
  • インターネット接続設定についてのご案内×1

 

つづいてL01sの速度についてレビューしていきます。

L01sの速度をレビュー

L01sにはBIGLOBE WiMAXのnanoSIM、L01はBroadWiMAXのmicroSIMを使用しています。

同時に旧機種L01の速度も計測し比較してみました。
※()内がL01の速度

デスクトップパソコン(有線接続)の速度レビュー

「ブロードバンドスピードテスト」サイトを利用して平日17:00頃に3回計測した平均値を算出しています。

【下り】
24.25/24.55/25.13・・・平均24.64Mbps
(24.44/26.38/15.34・・・平均22.05Mbps)

【上り】
9.69/9.49/4.26・・・平均7.81Mbps
(9.46/9.46/9.58・・・平均9.50Mbps)

【ping】
268/244/426・・・平均312
(215/242/377・・・平均278)

我が家ではWX04+クレードルセットが20Mbps台後半で最速ですが、それに次ぐ速さに満足。

が、ping値は異常に遅い(汗)。

まぁオンラインゲームやらないので問題なしってことで・・・。

スマホ(Wi-Fi接続)の速度レビュー

スマホアプリ「RBB SPEED」で平日17:20頃3回計測した平均値を算出しています。

■2.4GHzで接続時

【下り】
39.13/38.52/33.13・・・平均36.92Mbps
(19.51/41.18/35.51・・・平均32.06Mbps)

【上り】
9.82/11.83/9.28・・・平均10.31Mbps
(13.32/13.91/14.06・・・平均13.76Mbps)

【ping】
58/68/49・・・平均58
(47/53/41・・・平均47)

下りは多少L01sの方が速いんですが、L01の1回目データが失敗っぽいのでほぼ一緒と言えそう。

上りはL01の方が速い結果に。

ping値もL01の方がいいですね。ちと残念。

■5GHzで接続時

【下り】
36.24/40.33/42.84・・・平均39.80Mbps
(41.64/48.39/45.63・・・平均45.22Mbps)

【上り】
7.91/8.69/8.08・・・平均8.22Mbps
(11.74/11.84/12.55・・・平均12.04Mbps)

【ping】
55/49/50・・・平均51
(941/48/47・・・平均345)

なんだか妙にL01の調子がいい結果になってしまいました(汗)

WiMAXプロバイダによって回線速度に差はないはずなので、BroadWiMAXのSIMだからってことはないと思うんですが・・・。

ping値は異常値が1回でてるのでノーカンで。

まぁでもL01sも約40Mbpsでてるんでなんの問題もなく快適に使えます。

 

L01sのスペックレビュー

下り最大440Mbps、上り最大30Mbpsは十分な速度。

同時接続台数も最大42台と一般家庭には十分すぎるスペックです。

WiMAX最速機種は708Mbpsですが、対応エリアが都市部限定なので万人向けではありませんし、広いエリアで対応している440Mbpsで十分です。

どのみちそんなに最大速度なんて出るわけないので。

L01からこれといってスペックが進化したわけじゃないのでどちらを買ってもいいんですが、SIMカードサイズだけは注意しましょう。

というかWiMAXプロバイダでの取り扱いはL01sに切り替わっていくはずなので結局こちらを選ぶことになるはず。

 

UQ版とau版L01sの違いは?

  1. 箱とL01s本体上の面にある ブランドロゴの違い
    au版・・・au
    UQ版・・・UQWiMAX↓
  2. 型番の違い
    au版・・・HWS32SWA
    UQ版・・・HWS32SWU

ほか、au版についてサポートセンターに聞いてみたら、SIMロックがかかっているようです。

UQ版は他社プロバイダのSIMでは動きました。

 

旧機種L01との違いは?

箱の違い

L01sの箱は側面のうち2面だけグレーになってます↓

機種本体の違い

裏側のケーブル接続端子部分が集まっているところがL01sはグレー、L01はホワイトです。

ほか、L01sは底面には剥がすと修理保証対象外になってしまう「WARRANTY SEAL」シールが貼ってあります↓

普通に使ってても剥がれる可能性ゼロなのでいいんですが、製造コストはほんの僅かでもかかってるはず。

なんでわざわざ付けたんでしょうね。

なにか業界のルール変更でもあったとか?

 

L01s中古白ロムの価格相場

ちなみに管理人が購入したのは中古白ロムのL01s。

すでにいろんなサイトで見かけます。

AmazonのL01s価格は?

記事書いてる段階ではAmazonにau板L01sが9000円でていました。けっこう安い。

が!商品写真↓があきらかに「L01」でした(汗)。大丈夫か?

ヤフオクのL01s価格は?

ヤフオクには4000円くらいから出品されてます。

入札どれもついてなかったけど意外と不人気だったり?

メルカリのL01s価格は?

メルカリにも何台か出品されてます。

価格は10000円前後。

こちらも数台売れてますが売れ行きはイマイチっぽい。

L01sの新品価格は?

WiMAX回線契約セットでの新品購入なら、ほとんどのプロバイダで0円です。

ただしUQWiMAXは2800円、一部プロバイダは1円となっています。

が回線同時契約以外で新品は手には入りません。

 

※2018/4に追記

数がダブついてきたのか、4000円前後で買えるようになってきました。

 

WiMAX他社プロバイダのSIMカードで動作チェック

ってすでに速度レビューの項でわかってますが、UQ購入のL01sにBIGLOBE WiMAXのnanoSIMを挿入し動作しています。

他社も大丈夫なんじゃないかと思われます。

 

格安SIMでも動作チェックしてみた

試した格安SIM・・・UQmobile(データ通信プラン)

UQmobileの格安SIMでチェックしたところ接続できず。

WX04のときも同じだったんですが、VoLTEに対応している格安SIMを使わないと無理かもしれませんね。

手持ちにないので、今後どなたかが検証結果をネットに上げてくれるのを待つのみ。

 

L01sユーザーの口コミ評判は?

ポジティブな口コミ評判

まだありませんでした。

ネガティブな口コミ評判

  • 何が良くなったのかわかりません

評判 総評

まだ全然レビュー情報が見つからず。

L01から変わったポイントがほぼないので、過去モデルを知ってる人から良い口コミ・評判はでてこなさそうですね。

とはいえ売れるのは間違いない機種。

今後レビューも増えていくと思うので、その都度更新していきます。

 

まとめ

UQ版のSpeed Wi-Fi HOME L01sをレビューしました。

L01と一緒なので不満もありませんが感動もなし(汗)

ただこれからWiMAXホームルーターを契約する人にとっては十分魅力的な機種です。

オンラインゲームなどでヘビーな使い方をしないなら固定回線より工事不要なL01sの方がお手軽なのは間違い無し。

新生活シーズンのお供におすすめです。

 

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

W05(携帯型)←New!
W05の料金&キャッシュバック比較

WX04(携帯型)
WX04を扱うプロバイダ料金比較

L01s(据え置き型)←New!
L01sのプラン別料金&キャッシュバック比較


端末選びに迷ったなら
WiMAX最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由