Speed Wi-Fi HOME L01の速度を計測 実測値ってどうなの?

「Speed Wi-Fi HOME L01」をようやく買えました。中古白ロムを。

デザインめっちゃお気に入りですね、これ。すごくいい。

冬場にデスクワークしてて手がひんやりした時、L01を両手で包み込むとほんのり温かくて癒やされます。素敵。

で、早速、休日の朝から晩まで1時間ごとに速度計測してみました。

まぁアレだ・・・ヒマなので(汗)

ヒマがあるって素晴らしい。

ただ皆様に於かれましては、このような人生の貴重な一日の使い方はされませんように。

 

では、「Speed Wi-Fi HOME L01」の実測値をたんたんと公開していきます。

果たして速いのか?それとも遅いのか?結果はいかに?

WiMAXホームルーター「L01」の速度を計測した結果

まず、今回の計測条件や速度計測結果について確認しておきます。

L01の速度計測時の測定条件

  • L01本体をLANケーブルで接続
  • アンテナはおおむね3~4本たってます
  • ハイスピードモードで計測(WiMAX2+回線だけ使用)
  • 2017年3月12日 日曜日の9:00~21:00(1時間毎に計測)
  • デスクトップパソコン(ウィンドウズ8.1&Firefox)
  • WiMAX基地局から1kmほどの建物内で窓際の設置
  • WiMAX基地局から計測値の間に大きな障害物はほぼなし
  • 速度計測時の利用サイトは次の4サイト
    1.Broadband speedtest
    2.RBB SPEED TEST
    3.Radish
    4.Rapidnet

計測は一発取りですが、たまに激遅な数値になることもあるので、極端にならないよう4サイト平均値でならして算出。

また、ファーウェイ製端末の特徴でもあるau 4G LTE回線は使わず。

WiMAX2+回線だけのモードで計測してます。

au 4G LTE回線は近いうちに計測予定。

そういえば、「L01」にはバッテリーセーブ(最大110Mbps)/ノーマル(最大110~220Mbps)/ハイパフォーマンスモード(最大440Mbps)がないんですね。

ってバッテリー搭載してないから当然か(汗)

アダプタでコンセント接続してるんだから常に電力使うフルパワーで繋いでてても問題ないですもんね。

前日に同じファーウェイ端末で発売日も同じ「W04」も計測したんですが、我が家では最大220Mbpsのノーマルモードが安定するんですよね。

なので選べるなら用意してほしいと思うんですけど、ないってことは「L01」が自動でベストな受信環境をチョイスしてくれてるんでしょう。

関連記事
W04の実測値を計測!

 

では測定結果の発表です。

L01の実測値を公開

L01のダウンロード実測値(下り)

3/12
測定時間
1
Broad
Band
2
RBB
3
Radish
4
Rapid
4サイト
平均速度
09:0012.0210.85.296.18.55Mbps
10:0020.678.411.066.411.63Mbps
11:0031.533232.2318.828.64Mbps
12:0041.7318.528.4327.929.14Mbps
13:0013.4612.16.091611.91Mbps
14:0031.8323.816.1913.821.41Mbps
15:0015.1324.929.0514.720.95Mbps
16:0030.3728.433.3915.326.87Mbps
17:0016.2611.114.2914.614.06Mbps
18:0033.0620.325.6411.722.68Mbps
19:0033.5720.628.2321.626.00Mbps
20:0032.043123.6627.628.58Mbps
21:0033.4332.219.5324.627.44Mbps
平均26.5521.082116.8521.37Mbps

朝はなぜか速度が出ず。

日曜朝はみなさんインターネットしてらっしゃるんでしょうかね?

そして平日同様お昼の時間帯はけっこう遅くなってます。

夕方17時台も遅め。

休日も平日と似たような時間で遅くなるんですね。

とりあえず使っててストレスなく快適そのものでした。

ただ、モバイルルーター「W04」の21.59Mbpsよりちょい遅いのは残念。

ホームルーターなんで自宅で使うときは負けないで欲しかったですね。

アンテナサイズはこっちのほうが大きいはずですし、電波出力も強いはずなので。

まぁでも、ホームルーター型の強みは外から届くWiMAX電波の受信能力じゃなく、室内へのWi-Fi電波出力パワーの強さです。

私のように有線ケーブルでパソコンへ繋いで使う場合だとモバイルルーター型と大差ないみたいですが、1つの部屋以外でもネットに繋げたい時はL01の方が有利です。

 

L01のアップロード実測値(上り)

3/12
測定時間
1
Broad
Band
2
RBB
3
Radish
4
Rapid
4サイト
平均速度
09:004.013.13.041.22.84Mbps
10:007.617.45.860.95.44Mbps
11:007.957.34.962.55.68Mbps
12:007.995.27.391.65.55Mbps
13:007.986.68.731.36.15Mbps
14:009.933.89.4736.55Mbps
15:007.365.47.93.46.02Mbps
16:007.767.17.882.86.39Mbps
17:008.597.78.643.67.13Mbps
18:008.1610.58.922.97.62Mbps
19:009.4210.49.323.38.11Mbps
20:009.4711.97.783.18.06Mbps
21:007.810.94.6746.84Mbps
平均87.487.272.586.34Mbps

先日計測した「W04」が上り平均3.77Mbpsだったので「L01」のほうが速度出てます。

土曜と日曜で計測日が違うのでハッキリといい切れるわけじゃありませんけど、これだけ差があれば「L01」の方が上と言って良さそう。

 

続いて、WiMAXホームルーターのライバル機「novas Home+CA」も一部の時間帯だけですが同じ時間に計測してみました。
(SIMカード入れ替えにかかる数分の誤差はあり)

L01とnovas Home+CAの実測値比較(4サイト計測の平均値)

3/12
日曜日
L01下りnovas下りL01上りnovas上り
12:00頃29.14Mbps5.71Mbps5.55Mbps2.24Mbps
13:00頃11.91Mbps4.50Mbps6.15Mbps1.64Mbps
17:00頃14.06Mbps9.35Mbps7.13Mbps4.14Mbps
18:00頃22.68Mbps10.02Mbps7.62Mbps3.86Mbps

「L01」の完全勝利!

あいかわらず我が家の「novas」くんは激遅です(汗)。

以前計測したとき4つの測定サイトで計測した平均速度が4.43Mbpsでしたからね・・・。

そのときより下り速度速くなってますが、ひょっとしたら不良品かもしれないので参考値ってことで・・・。

他の機種でだいたい20Mbps前後でてるのに「novas」だけ遅いってことはないんじゃないかと、と一応フォローしておきます。

ま、でもおすすめは「L01」ですね。

いいホームルーターです。

※【2019年1月】L01の新しいモデル「Speed Wi-Fi HOME L02」登場!
速度やスペックなどをまとめました。
WiMAXホームルーターHOME L02ってどうなの?

次回の速度計測はau 4G LTE回線のハイスピードプラスエリアモードでもやってみようかと思います。

 

まとめ

大ヒットしたWiMAXのおしゃれなホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」をゲットしたので、実測値を調べてみました。

ものすごく速いワケではありませんが、動画視聴などする分にはなんら問題ありません。

見た目も過去最高にいいですし、スペックも十分。

ホームルーターなら光回線のように工事がいらないので、その日にインターネットが開通します。

いい端末だと思いますよ。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【予約受付中!】WX06(携帯型)
WX06の料金&キャッシュバック比較

【予約受付中!】WiMAX HOME 02(据え置き型)
HOME 02の料金&キャッシュバック比較

【最速モデル】W06(携帯型)
W06の料金&キャッシュバック比較

L02(据え置き型)
L02の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。