WiMAX L02をレビュー!実測値から性能を評価&ユーザーの評判まとめ

Speed Wi-Fi HOME L02レビューのトップ画像

2019年1月25日、ファーウェイ製の人気WiMAXホームルーターL01/L01sのニューモデル

Speed Wi-Fi HOME L02

が発売されました!

光回線並みのギガビット通信(1Gbps)を実現した注目機種です。

私も少し発売日からは遅れましたが、無事L02をゲットできました!

縛り期間中だけどL02本体だけほしいって人はメルカリに1万くらい出てましたよ。

 

そこで、L02のデザインや性能をレビュー!

L02の性能に関しては実際に速度を計測してレビューしていきます。

この機種にしようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

Speed Wi-Fi HOME L02をレビュー!

L02が届きました

Speed Wi-Fi HOME L02の梱包ダンボール

BIGLOBEにて機種変更で購入しました。

WiMAX端末は新品の単品販売はしてないので、本体価格は○○円と明記されてるわけじゃありませんが、機種変更で買うと20000円です。
(機種変するタイミングによる)

メルカリなどみてても中古端末はまだ見かけませんし、どうしても最新機種にしたい人は縛り期間が終わる前に機種変するのもおすすめ。
※2019/2、ヤフオクで出品され始めました。3万で落札されてる例もあり。

今の機種を1年くらいつかってるなら1万円ほどで機種変できるでしょう。

Speed Wi-Fi HOME L02の梱包オープン

ダンボールを開封すると真っ白なL02のパッケージがお目見え。

Speed Wi-Fi HOME L02のパッケージ画像

パッケージの箱は全面ホワイト。

箱を開けるとL02本体がこんな感じで入ってます↓

Speed Wi-Fi HOME L02のパッケージ開封時の画像

取り出しやすいようにビニールの帯みたいなのがセットされてるのは好印象。

これはL01のときから付いてますが、こういったちょっとしたおもてなしを中国企業がやってるってのに進化を感じます。

なんだか上から目線っぽくなってますが、日本企業も負けずに頑張ってもらいたいですね。

スペック面では日本メーカー「NECプラットフォームズ」さんのWiMAXルーターより上ですからね。

L02の付属品

Speed Wi-Fi HOME L02付属品一覧
  • L02本体
  • LANケーブル
  • アダプター
  • 保証書
  • Wi-Fi初期設定シール
  • はじめてガイド(簡易版 取扱説明書)
  • ご利用にあたっての注意事項
  • インターネット接続設定についてのご案内
  • お知らせ×2枚

今まで詳細版の取扱説明書は公式サイトからPDFファイルをダウンロードする形式だったんですが、L02では本体内にデータが保存されてるらしい。
(今までもそうだっけ?)

このサイトにもまれに詳細版取扱説明書を求める人のアクセスがありますし需要あるって気づいたんですかね。

ダウンロード数くらいファーウェイ側でもわかるでしょうし、付けておくことにしたんでしょう。

ちなみに本体内にある詳細版は、「http://speedwifi.home」をスマホかパソコンのブラウザで開きログイン、「ヘルプ」→「取扱説明書を表示」でみられます。

ただめんどくさいので下のURLからダウンロードしたほうがいいです。

詳細版はここでダウンロードできます
https://www.au.com/content/dam/au-com/guide/document/l02_torisetsu_shousai.pdf

ほか細かい用紙がたくさんついてます。

「お知らせ」2枚は、訂正に関するもの。

2枚もあるってことはあとからいろいろ発覚したんですね。

同日発売のモバイルルーター「W06」もファーウェイには珍しく不具合が出てるみたいだし、期限カツカツでなんとか発売しました感ある。

実際使ってて不具合はないので問題ないと思いますが、今後見つけたりネットで話題になってたら追記します。
※2019/3、同日発売のW06は不具合がでてるみたいですが、L02はみかけず

 

L02の実物写真

Speed Wi-Fi HOME L02本体前と後ろの画像

L02の正面と後ろ側です。

めっちゃシンプル。

正面側の黒い縦ラインはLEDライトで「アンテナ本数」「Mode Update」「Status」「Data Usage」状況を知らせてくれます。

つけっぱなしで寝るとかなり明るいんですが、就寝モードもあるので問題なし。

側面側はなにもないので省略で。

背面には「WPS」ボタン、リセットボタンのある小さい穴、LANケーブル用端子×2、アダプター用端子あり。

ちなみに一個前のL01sにはあったUSB端子はなくなりました。

L01/L01sは角ばっていたのに対し、このモデルは丸みを強調してきてます。

個人的にはカクカクしてるほうが好きだったりしますが、L02も優しい感じがしていいんじゃないかと。

Speed Wi-Fi HOME L02の本体上部と底面画像

上側と底面も。

上には「Mode」ボタンと「Update」ボタンあり。

底にはWi-Fi接続するときに必要なSSIDやパスワードが載ってます。

ライバル機「WiMAX HOME 01(下の画像参照)」が背面にSIMカード挿入口があるのに対し、L02では底面にあります。

そうそう入れ替えるものでもないので、底面のほうがデザイン的にもスッキリしてていいですね。

ライバル機「HOME01」とL02を並べてみた

Speed Wi-Fi HOME L02とWiMAX HOME 01の全面画像

正面から見ると、けっこうサイズが違います。

L02はかなり大きく見えますね。

机の上に置くとたいして気になりませんが、HOME01のほうが邪魔にはなりません。

Speed Wi-Fi HOME L02とWiMAX HOME 01の上部と底面画像比較

上からみたサイズ比は画像の縦サイズは若干HOME01が大きいものの、L02のほうがデカ目。

ホコリが溜まったときはL02のほうが掃除しやすいと思います。

 

サクッと実測値を調べてみた結果

※地方都市にて平日18:30頃に3回連続で計測

有線接続時(デスクトップパソコン)

計測サイト・・・ブロードバンドスピードテスト

【下り/上り/応答速度】の順
  1. 56.82Mbps/14.15Mbps/322ms
  2. 58.96Mbps/14.38Mbps/244ms
  3. 66.68Mbps/14.21Mbps/267ms

下り平均60Mbpsくらい、上りは14Mbpsほどですね。

下り(ダウンロード)速度

L02では最大速度がエリアによって違ってきます。

1000Mbps対応エリア・・・東京・埼玉の一部
958Mbps対応エリア・・・宮城・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡の一部

この中に該当する人はもっと速くなるはずですが、私のように地方都市ではこんなもんですね。
(地方都市の最大速度は440Mbps)

まぁこれでも十分速いので動画視聴などで困ったことはありません。

少し前に1つ古いモデル「L01s」と一緒に速度計測したらL02が2割ほど速かったので進化してるのは間違いありません。

応答速度(ping値)

応答速度は計測サイトのあるサーバーとのやりとりにかかった時間なので状況によって変わりますが、激遅なのは間違いなし(汗)

応答性が求められるオンラインゲームはやらないほうがいいでしょう。

Wi-Fi接続時(iPhone)

計測アプリ・・・RBB SPEED

【下り/上り/応答速度】の順
  1. 50.21Mbps/17.06Mbps/161ms
  2. 47.17Mbps/16.76Mbps/48ms
  3. 55.55Mbps/16.12Mbps/48ms

下りは有線接続よりは遅めでしたが、上りは速いですね。

下り(ダウンロード)速度

平均50Mbpsほどと有線接続より若干遅めでした。

パソコンで使うなら有線でつないだほうが速度面では上でしょう。

でも利便性は低くなるので、この程度の差ならWi-Fi接続のほうがいいですね。

アマゾンプライムやネットフリックスのような動画視聴サービスを見るとしても、これの半分あれば余裕です。

応答速度

応答速度はワイヤレス接続だけあって安定性が低いものの50ms前後が平均的なライン。

有線接続よりはめっちゃ速い結果に。

有線のほうがWi-Fiみたいに他の電波に干渉されず速そうになんですけどね・・・。

とはいえこれでもオンラインシューティングゲームはやらないほうがいいでしょう。

他のユーザーに迷惑がかかります。

 

L02利用者の口コミ・評判を調べてみた

ここが良い!

  • 丸みをおびてインテリアっぽくなった
  • 速度や感度が20%ぐらいアップしている感じ
  • LED表示が大きく見やすくなった

ここはいまいち・・・

  • ケーブルが太い
  • YouTubeの最高画質だとたまに止まります
  • ping値は常時50以上なのでfpsなどは厳しいかも

あまり売れてない?ってことはないと思いますが、ユーザーさんの口コミ・評判は少なめでした。

見た目に関しては高評価。

速度面も目立つ不満の声はみられず。

価格.comではこれ書いてる時点で人気ランキング5位とまずまず。

今後レビューするユーザーが増えればもっと上がっていくんじゃないかと思います。

私も1週間ほどL02を使ってみましたが、不具合もなく快適そのもの。
(1日14時間くらいネット接続しています)

ギガビット通信対応エリアならさらに快適に使えそうです。

L02の新機能やスペック詳細はこちらの記事で解説してます
L02の魅力を徹底解説!

 

ギガビット通信(1Gbps)対応エリア

東京、埼玉の一部

ほぼギガビット通信(958Mbps)対応エリア

東京、埼玉、宮城、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の一部

※ギガビット通信はL02をLANケーブル接続&ハイスピードプラスエリアモード&ハイパフォーマンスモードで利用時のみ
※ハイスピードモードでは最大558Mbps

L02以前のモデルでは「東名阪の一部」しか対応してなかったんですが、このモデルからかなり広がりました。

大きめな都市のある都府県の中心部ならかなり快適に使えそうです。

「・・・の一部」って表記が気になるところですが(汗)

このあたりは公式サイトの対応エリアチェックページでも詳細がわからないんですよね・・・。

今後対応エリア拡大していくとのことなので、早めに進めてもらいたものです。

 

L02本体だけ欲しい人はSIMサイズに注意!

最初に触れてますが、メルカリに出品されているのを確認しました。

1万くらいであったので十分お手頃と思われます。

ただL02のSIMカードは「nanoSIM」サイズなので、いま別の端末をどこかのWiMAXプロバイダで契約している人はそこだけ注意しましょう。

WX03、W04、L01より古いモデルはmicroSIMなので互換性ありません。

 

まとめ

ファーウェイの最新WiMAXホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」をレビューしました。

中国ファーウェイブランドってところに引っかかる人もいるようですが、気にしないなら速度も速くて良い端末ですよ。

このサイトでもファーウェイ製品紹介しないほうがいいんじゃ?的な声を頂いておりますが、L02に不満はないので自信を持って紹介しております。

 

本編とは関係ないんですが、「L02」で検索すると、携帯の「URBANO(アルバーノ) L02」や電車がヒットするんですよね。

調べるとき地味に面倒でした(笑)

「L02」なんてありきたりな名称なので被るのは仕方ないんですが、せめて「HL02」「L02H」(HはファーウェイのH)くらいにはして欲しかったかな、と思います。

WiMAX新機種で3万得するプロバイダ

【1/25発売!】W06(携帯型)←New!
W06の料金&キャッシュバック比較

【11/8発売!】WX05(携帯型)
WX05の料金&キャッシュバック比較

【1/25発売!】L02(据え置き型)←New!
L02の料金&キャッシュバック比較

【12/7発売!】HOME 01(据え置き型)
HOME 01の料金&キャッシュバック比較

端末選びに迷ったなら
WiMAXルーター最新モデルを全機種レビュー&比較しました


管理人はここで契約しました
BroadWiMAXを選んだ3つの理由